Re:STYLING MONO #4 米海軍の艦船内で使う実用的な椅子として開発された「エメコNAVY 1006」

#4 Emeco


アメリカのミリタリー・サープラスの店やフリーマーケットで時々見かけるアルミニウム製のシンプルな椅子。『emeco』と刻印されたその椅子には人智を尽くしたデザインの完成形が見える。著名なデザイナー、フィリップ・スタルクも着目したこの椅子の真実を解き明かしてみよう。

陸上とは異なり、常に振動にさらされる海上で人が機能的かつ快適に過ごすための椅子には、さまざまな工夫や機能が必要とされる。極論すれば船体に作りつけられたベンチならば、さまざまな問題を解決することが出来るだろう。だがそれでは船室内の自由度が極端に制限されてしまうし、スペースの有効活用という点では問題も多い。だが、こんな難問をクリアするきっかけは、いつの時代もレベルの高い要求から始まっている。エメコのアルミニウムチェア「1006」もまた、アメリカ海軍の潜水艦や艦船という厳しい条件のもとから誕生した。

軽くて、強くて、錆びずに、燃えないアルミニウムの椅子が軍からの依頼だった


「完璧な美しさとは、これ以上足すものがない状態ではなく、もう何も取り去るものがない状態である」というサン・テグジュペリの言葉を体現するかのようなシンプルな完成度を見せるエメコの椅子。
引き算のデザインが最大限に活かされた近代デザインの傑作といえるだろう。

1944年にアメリカ海軍から依頼されたのは空母と潜水艦の中で使う椅子の製造。それは、制限された空間、塩害という劣悪な環境、常に不安定な海の上での安定性、そして疲れた兵士を落ち着かせる座り心地を実現しなければならなかった。提示された素材は、錆びに強いアルミニウム。大規模な送電システムのインフラが整いようやく大量の生産が可能になった素材であった。
そのハードルはとてつもなく高かったが、エメコ社はすべてを削ぎ落とすデザインを徹底することでその要求に応えようとしたのである。まず、金属同士がぶつかっても火花の散る心配が無い素材としてのアルミニウムの更なる軽量化を図り、しかも、可燃性の装飾を一切持たない“ヌード”のまま造形を完成させ、デザインですべてのパーツをそぎ落とし、座面には人間工学的な膨らみとカーブを持たせ、頑丈さと軽量化の最適なバランスが追及された。
こうして完成したのがモデル『1006』なのである。怪我につながるような鋭角の凸面はすべて滑らかなカーブに削られ、グラム単位のシェイプアップが施され、工業技術の粋を集めたような造形を持つ椅子が出来上がったのである。理想的な形を手に入れたエメコは、アルミニウムの地板を型取りして溶接し、バフをかけて仕上げていく製造ラインを完成させ安定した生産と供給を続けていくことになった。
20世紀末の1998年には、エメコの造形に興味を持った世界的なデザイナーであるフィリップ・スタルクがリデザインを手がけることになる。このモダンな感性を持つフランス人デザイナーはエメコに新しいフォルムを与え、そのマーケットが世界中に拡大するきっかけとなった。

emecoという名称はElectric Machine and Equipment Companyの頭文字からとったもの。


米ペンシルバニア州ハノーバーにあるエメコ社。そのemecoという名称はElectric Machine and Equipment Companyの頭文字からとったもの。
有名な『ネイビーチェア』は素材メーカーのアルコア社、米海軍、そしてエメコの技術者たちによって完成された。

 エメコ『1006』は、その誕生の経緯から『ネイビーチェア』と呼ばれている。そもそもこの椅子の素材となっているアルミニウムは19世紀初頭に発見されていたが、現在のような大量の生産に至るまでには多くの年月が費やされた。なぜならば、原料となるボーキサイトからの生産には大量の電力が必要とされるからだ。鉄よりもはるかに軽くて3倍の強度があり、水に強く腐食しない。しかも熱伝導が低いので直射日光を浴びても熱くなりにくく、素材同士がぶつかっても火花が出ない。柔らかくて加工も簡単だし、リサイクル性にも長けた素材。19世紀~20世紀の科学者にとって、アルミニウムこそ次世代の素材と目されていたのである。

 大量生産が可能になったのは、安定した大量の電力供給のインフラが整った20世紀半ば近く。1940年代、ようやく人類が自由に使える素材となったアルミニウムを扱うペンシルバニア州のアルコア社と、米海軍の間で、この素材の特性を活かした椅子の製造が検討され始めた。そして白羽の矢が立ったのが、同州ハノーバーにあるエメコ社だったのである。アルコア社は世界の2大アルミ地金メーカーに数えられるほどの大企業だったが、エメコ社は小さな町の職人が働く工場でしかなかった。ただ、その金属加工技術の高さには自信を持っており、職人気質に富んだ土地柄が生んだモノ作りの機運が高い地域の会社だったのである。ハノーバーという町の名前からも推察されるように、この地は18世紀に移住してきたドイツ系の子孫たちが数多く住む地域であった。ペンシルベニア・ダッチと自らを称し、建築や家具作りなど独特な文化を守り続けている職人気質の人々が、エメコというブランドを支えているのだそうだ。

 こうしたemecoのモノ作りに魅せられた人や企業も少なくない。たとえば、著名なデザイナーであるフィリップ・スタルクは同社の椅子のリデザインを手がけ、世界的な評価を得ている。また世界的企業であるコカコーラ社から2010年にPETボトルを再利用したプラスチック製のNAVYチェアが発表された。一脚あたりに使用するPETボトルの本数が111本ということで、型番が「NAVY 111」になっている。ただ、スタルクにしてもコカコーラにしても、出来上がったデザインから受ける印象はエメコ以外の何ものでもなく、1006NAVYのデザイン的な完成度の高さをさらに認識したファンも少なくないだろう。



●シルバーの椅子:NAVY 1006
赤い椅子:111 NAVY
ロイヤルファニチャーコレクション
http://www.royal-furniture.co.jp/

冷戦終結で海軍からの注文が減っても、世界中のデザイナーたちが密かに注目


1940年代に誕生したネイビーチェアは職人主導でモノ作りがなされたために「デザイナー不詳」のグッドデザインとして紹介されている。
後の有名デザイナーたちによって美しいエメコが次々と誕生しているが、ネイビーのデザイン的完成度は引けをとらない。
実用一点張りのデザインでありながらセクシーさを感じる座面のカーブは「リタ・ヘイワースのヒップラインを型取りした」という都市伝説的な噂もあったほど。デザイナー不詳という謎めいた存在は人々の想像力をかき立てたのだろう。

 創業から1970年くらいまでの二十数年間で約100万脚を売ったネイビーチェアだったが、主な顧客であった軍関係の需要が減って経営が困難になり、1978年には新オーナーであるジェイ・バックバインダーに買収される。ただ、事業的には採算の取れない状況が続いた。エメコの椅子にとって幸運だったのは、この新オーナーの息子であるグレッグ・バックバインダー(現CEO)がデザインに興味を持っていたという点である。あるときペンシルバニアの社員が顧客と話しているのを耳にして、その相手がアルマーニの担当者だったことに驚き、顧客リストを調べてみたら、他にも有名建築家やデザイナーの名前を多数発見することになる。フィリップ・スタルクもその一人だった。細々ながらも売れていたネイビーチェアは、実はそういう人々のセレクトで世界的な有名建築や、最先端のカフェやレストランなどに納められていたのである。その事実に可能性を感じたグレッグは、閉鎖目前だった工場を引き継ぎ、ニューヨークのホテルでフィリップ・スタルクにデザインを依頼することになる。スタルクはその場で近くにあった雑誌の表紙にスケッチを描き、それがエメコを一躍世に知らしめた『ハドソン』のスケッチであった。
 世界中のデザイン系雑誌などで紹介されて注目を集めたハドソン・チェアは、同時に“ネイビーチェアの再評価”という副次的なトレンドも生み出した。人気になると、人件費の安い国からコピーが出回ることがあるが、ネイビーチェアもその例に漏れずいくつかのコピーが出回った。ただ、特殊な技術と製法で作られたこの椅子のコピーは不可能に近く、同じ手法を使っても本物より高い値段になってしまうらしい。アルミ溶接も高い技術を必要とするので、多くのコピー品は金属の留め具を使わざるを得なく、ひと目でコピーと判ってしまったそうだ。近年、その部分を溶接したコピーも現れたが、強度が足りずに数年で壊れてしまうということである。同社のモノ作りの確かさを伝えるエピソードといえるだろう。

1944年5月30日 
第二次世界大戦当時の米海軍護衛艦のハンガーデッキで行われたコンサート風景。
演奏家たちがネイビーチェアに座っている様子が確認できる。

米海軍の艦船内で使う実用的な椅子として開発された「エメコNAVY 1006」


フィリップ・スタルクによってデザインされた「ハドソン」チェアはエメコのブランド再生を実現した。ちなみにこの椅子はニューヨークのハドソン・ホテル用の椅子としてデザインされたもの。

 1944年の創業当時のエメコ社は、創業者でありエンジニアであったウィルトン・カーライル・ディンギス3世によって、主に作業用工具や鋳造金型を製造する工場として稼動していた。ドイツ系移民の子孫であるペンシルベニア・ダッチと呼ばれる地元の職人たちを用いて、堅実な事業を展開していた。

 一方、1920年代から進行していた米海軍とアルコア社による「海軍実用椅子の開発プロジェクト」は、20年もの歳月を経て最終試作段階を迎えており、海の上という厳しい環境に耐えうるように設計されたアルミニウム製の椅子を作り上げるには、特殊な製法技術が必要であることが確認されていた。その製造と量産という難題を解決するためにエメコ社が選ばれたのは、やはり同社が優れた職人技を持っていたからに他ならない。

米海軍の技術者、アルコア社の科学者、エメコの技術者という3者の力が終結され、試行錯誤の末に生まれた「モデル1006」はすべての装飾を廃し、むき出しの素材を削り上げた、デザイン意図を超越した“無意識のデザイン”を持つ椅子として世に姿を現す。おそらくこの無意識の美こそが、世界中のクリエイターやデザイナーたちを夢中にさせる要因なのであろう。ほぼハンドメイドという77の工程を経て完成されたこの椅子は、初期のモデルでさえ、いまも問題なく椅子としての機能を失っていないそうだ。「孫の代まで100年は使い続けられる」という同社の言葉には、どうやら嘘はないようである。


初出:ワールドフォトプレス発行『モノ・マガジン』2011年3月2日号


すべてのRe:STYLING MONOの記事一覧はこちらから


過去の記事のバックナンバー
#21〜#30まで

●#30 照明器具の存在感を愛でたいならば「アングルポイズ」を選ぶべき

●#29 70年代以降のビーチカルチャーをリードした「クイックシルバー」

●#28 世界の誰もが認めるピアノの最高峰「スタインウェイ」

●#27 スタンダードなデザインながら当時のディテールと現代のトレンドを持つ「ファイブブラザー」

●#26 足首を保護する斬新なデザインで歴史に残る傑作シューズとなった「コンバース」のキャンバス オールスター

●#25 イタリア家具の歴史を変えた 「アルフレックス」

●#24 最高級英国綿製品の文化は 「ジョン スメドレー」の歴史

●#23 「オールデン」が生み出した、美しく艶やかな名靴たち

●#22 250年を過ぎた今でも進化し続けるビール「ギネス」

●#21 圧倒的なクリエイティビティで憧れのスタイルを表現し続けている「トイズマッコイ」

#11〜#20まで

●#20 最も理想的なハイキング・ブーツと評され一躍注目を集めた名品「ダナー・ブーツ」

●#19 戦後の日本で「天童木工」が生み出した、美しく洗練された名作椅子

●#18 筆記具の世界的な名門ブランド「カランダッシュ」

●#17 アメカジ不朽の定番ウェア「チャンピオン」

●#16 “鉄馬”と呼ばれたバイク、ハーレーダビッドソン

●#15 ビクトリノックスが生み出した世界一コンパクトな道具箱

●#14 世界最高品質と評されるワークブーツ「ウェスコ」

●#13 歴史的な衣料品としての道を歩み始めたアロハシャツ

●#12 都会的で洗練された味覚のバーボンウィスキーI.W.ハーパー

●#11 ボルサリーノは単なる帽子ブランドではなく、イタリアの文化と認識せよ。

#0〜#10まで

● #10 オーディオのダイナミズムと洗練された次世代のデザインを融合させたオーラデザイン

●#9 サングラスの歴史そのものと言える稀有なブランド「レイバン」

●#8 世界最高の双眼鏡、スワロフスキー・オプティック

●#7 ギブソンのギターが“伝説”と称される、書ききれないほどの理由について

●#6 60年以上経ったいまでも、人々はなぜイームズ・チェアに美しさを感じるのか

●#5 大工道具の最高峰「千代鶴是秀」

●#4 米海軍の艦船内で使う実用的な椅子として開発された「エメコNAVY 1006」

●#3 チマヨベストの源流はオルテガ。ここからすべてが始まった。

●#2 100年を超えて途切れ目もなく続いてきたフィルソンの森の仕事着と男たち。

●#1 シューズボックスから始まる一日。名品POSTMANのスタイリングに迫る。

●#0 Re:STYLING MONO始動!


土居輝彦(teruhiko doi)
  • 1982年より㈱ワールドフォトプレス社の雑誌monoマガジン編集部へ。 1984年より同誌編集長。 2004年より同社編集局長。 2017年より同誌編集ディレクター。 その間、数々の雑誌を創刊。 FM cocolo「Today’s View 大人のトレンド情報」、執筆・講演活動、大学講師、各自治体のアドバイザー、デザインコンペティション審査委員などを現在兼任中。