Re:STYLING MONO #50 アイオワの小さな万年筆店だった「シェーファー」

#50 シェーファー


執務室でシェーファーの万年筆を使用するリチャード・ニクソン元合衆国大統領。1971年撮影

文字を書く動物は人間だけだ。文字によるコミュニケーションの発達は、同時に“筆記具”という道具の文化も発達させてきた。鉛筆が簡易な構造の筆記具の代表とするならば、万年筆はその対極にあるものだ。近年はパソコンの普及によって、文章を書く道具はキーボードが主流になっているが、それでもやはり大切な手紙のサインや宛名書きに、あえて万年筆を使うという風潮も残っている。毛細管現象を応用した万年筆の構造は19世紀後半に考案されている。羽ペンにインクという時代に、それを何とか持ち運びできる筆記具にしようという努力はヨーロッパ、特にイギリスで盛んに行われていた。20世紀は戦争と国際政治の時代。その国際政治のハイライトともいえる条約締結の際に行われる調印式で、万年筆によるサインが行われてきたのである。アメリカで誕生した『シェーファー』も、そんな時代の証言者となった万年筆ブランド。ヨーロッパ産の万年筆とは異なるスマートな佇まいに、魅力を感じる人も多いのではないか。

万年筆はブランドによってさまざまなデザイン・アイデンティティを持っている。パッと見ただけでそのブランドを認識できることは、使用者にとっても大切なアイコンといえるだろう。『シェーファー』のアイコンは“ホワイトドット”。クリップ上部に施された、ひと目でそれと判る白いドットマークのことだ。このマークは1924年に、創業者ウォルター・A・シェーファーが、品質合格の印として付け始めたもの。それはブランドへのプライド、品質への自信、信頼、責任感などが込められたマークであり、創業以来、大切に守られてきたデザインなのである。左ページの万年筆は1959年に開発された“インレイニブ”を採用したモデル「シェーファーVLR」。この象徴的なデザインは、当時の人気モデル「PFM/ペンフォーメン」で採用されたひし形のニブ(ペン先)が特徴的である。同社を代表するデザインだ。そしてキャップの上部にはホワイトドット。シェーファーらしい佇まいである。

インレイニブが優れているのは、首軸と一体化したペン先のデザインや構造。スマートでシャープなイメージが、デキるビジネスエリートを演出してくれるのである。
適度に弾力があり、微妙に上向きに反ったニブ(ペン先)が強い力や筆圧による圧力を吸収し、抵抗感のない滑らかな書き味を実現してくれる。筆圧の強い人も安心して使える。
シェーファーVLRには14金ペン先を採用したゴールドトリムと、シルバーのパラディウムトリムのモデルがある。こちらのゴールドトリム14金。共にボールペンもある。

アイオワの小さな万年筆店が世界に知られるメーカーに


 アイオワ州はアメリカのハートランド、と呼ばれる。中西部という位置関係から「ハートランド(中心地)」とされているが、多くの開拓者によって発展した歴史を作り上げた、アメリカらしい州であることもその呼称には含まれているようだ。20世紀初頭、アイオワ州のフォートマディソンで宝石商を経営していたシェーファー親子は、当時主流だった自動吸入式万年筆の使い辛さを嘆き、改良を決意した。そして1907年に革新的なレバー充填式万年筆を開発し、二度にわたって特許を取得した。息子のウォルター・A・シェーファーは家業を受け継いで1913年に「W.A.シェーファー・ペン・カンパニー」を設立。これが世界に冠たる万年筆ブランド『シェーファー』の創業である。

 以降、構造上の故障を永久保証した「ライフタイムペン」(1920年)の発売、同時期に胴軸に業界初のプラスチックの採用も行った。当時の万年筆メーカーはインクも同時に製造していたが、シェーファーもその例に漏れないブランドで、1922年に「スクリップインク」という滑らかなインクを開発。1924年頃から、現在も続くアイコン“ホワイトドット”が、製品に採用されるようになっている。大恐慌や2つの世界大戦という激動の時代でも積極的な製品開発を怠らず、数多くのヒットモデルや新しい万年筆の構造を次々と開発し、戦後となった1952年には「スノーケル吸入方式」を生み出した。1959年には名品「ペンフォーメン」を発売。ペン先と首軸が一体となったインレイニブは大きな反響を呼んだ。70年代に入るとベストセラーモデルの「タルガ」、90年代には「レガシー」や「プレリュード」など、次々とハイエンドな万年筆を発表した。近年ではフラッグシップモデル「VLR」(2006年)の発売が大きな話題に。アメリカのハートランドから生まれたブランドは“アメリカが歩んできた多くの歴史の記録係”にふさわしい位置付けである。

オーバルオフィスで書類に目を通す、ロナルド・レーガン元大統領。右手にシェーファーのペンがある。
アイオワ州フォートマディソンの小さな文房具店から始まったシェーファー創業当時。
創業者のウォルター・A・シェーファー

SHEAFFER「VLR」


シェーファーを代表するフラッグシップモデルのVLR。流れるような、Vをモチーフにした印象的なクリップのデザインとインレイニブ。ドイツのデザインとイタリアの職人技が生み出した、ラグジュアリーな一本である。
パラディウムトリム万年筆14K/ゴールドトリム万年筆14K


初出:ワールドフォトプレス発行『モノ・マガジン』 2012年10月16日号


すべてのRe:STYLING MONOの記事一覧はこちらから


過去の記事のバックナンバー
#21〜#30まで

●#30 照明器具の存在感を愛でたいならば「アングルポイズ」を選ぶべき

●#29 70年代以降のビーチカルチャーをリードした「クイックシルバー」

●#28 世界の誰もが認めるピアノの最高峰「スタインウェイ」

●#27 スタンダードなデザインながら当時のディテールと現代のトレンドを持つ「ファイブブラザー」

●#26 足首を保護する斬新なデザインで歴史に残る傑作シューズとなった「コンバース」のキャンバス オールスター

●#25 イタリア家具の歴史を変えた 「アルフレックス」

●#24 最高級英国綿製品の文化は 「ジョン スメドレー」の歴史

●#23 「オールデン」が生み出した、美しく艶やかな名靴たち

●#22 250年を過ぎた今でも進化し続けるビール「ギネス」

●#21 圧倒的なクリエイティビティで憧れのスタイルを表現し続けている「トイズマッコイ」

#11〜#20まで

●#20 最も理想的なハイキング・ブーツと評され一躍注目を集めた名品「ダナー・ブーツ」

●#19 戦後の日本で「天童木工」が生み出した、美しく洗練された名作椅子

●#18 筆記具の世界的な名門ブランド「カランダッシュ」

●#17 アメカジ不朽の定番ウェア「チャンピオン」

●#16 “鉄馬”と呼ばれたバイク、ハーレーダビッドソン

●#15 ビクトリノックスが生み出した世界一コンパクトな道具箱

●#14 世界最高品質と評されるワークブーツ「ウェスコ」

●#13 歴史的な衣料品としての道を歩み始めたアロハシャツ

●#12 都会的で洗練された味覚のバーボンウィスキーI.W.ハーパー

●#11 ボルサリーノは単なる帽子ブランドではなく、イタリアの文化と認識せよ。

#0〜#10まで

● #10 オーディオのダイナミズムと洗練された次世代のデザインを融合させたオーラデザイン

●#9 サングラスの歴史そのものと言える稀有なブランド「レイバン」

●#8 世界最高の双眼鏡、スワロフスキー・オプティック

●#7 ギブソンのギターが“伝説”と称される、書ききれないほどの理由について

●#6 60年以上経ったいまでも、人々はなぜイームズ・チェアに美しさを感じるのか

●#5 大工道具の最高峰「千代鶴是秀」

●#4 米海軍の艦船内で使う実用的な椅子として開発された「エメコNAVY 1006」

●#3 チマヨベストの源流はオルテガ。ここからすべてが始まった。

●#2 100年を超えて途切れ目もなく続いてきたフィルソンの森の仕事着と男たち。

●#1 シューズボックスから始まる一日。名品POSTMANのスタイリングに迫る。

●#0 Re:STYLING MONO始動!


  • 1982年より㈱ワールドフォトプレス社の雑誌monoマガジン編集部へ。 1984年より同誌編集長。 2004年より同社編集局長。 2017年より同誌編集ディレクター。 その間、数々の雑誌を創刊。 FM cocolo「Today’s View 大人のトレンド情報」、執筆・講演活動、大学講師、各自治体のアドバイザー、デザインコンペティション審査委員などを現在兼任中。