ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 64
カンタン、美味しい、本格的なホットサンドの具


K&K “CAN”Pの達人 ホットサンドの具

 キャンプで大人気の朝食メニューといえば、ホットサンド! 簡単に作れて美味しくて、それでいて秋冬の寒い朝にピッタリのホッカホカな朝ごはん。友人や家族とキャンプするときはきちんと朝ごはんを作るのだが、ひとりの場合は、いつもハムとチーズといった簡単な具で済ませていた。そんなソロキャンパーに救世主の登場。今回はひとりでもグレードアップした美味しさになる『“CAN”Pの達人』シリーズの偏愛っぷりについて語りたい。

誰もがプロ顔負けのホットサンドにできる。この美味しさはクセになる!

 私は、K&K “CAN”Pの達人のホットサンドの具シリーズを愛している。なぜこれほどまでに惚れ込んだのか?

 メーカーの国分グループ本社株式会社といえば、1712年に創業した老舗中の老舗。國分勘兵衛が江戸・日本橋本町に「大国屋」の屋号で店舗を構え創業。呉服と醤油の醸造業でスタートした日本のメーカー。食品「卸売業」として、日本全国に「食」を届け、K&Kをはじめとする国分ブランド商品の開発、販売を行っている。缶詰をはじめとする加工食品、お酒類などを扱う、いわば、食のプロフェッショナルだ。

“CAN”Pの達人シリーズは3種類ある

 その中でもこちらの“CAN”Pの達人シリーズは、“CAN”。そう、缶詰になっているのでアウトドアに持っていくのにちょうどいい。大人も子どももキャンプ料理が楽しくなる、あのホットサンドの具が缶に入っているのである。他にも、パエリアの素、アヒージョ、ハンバーガーにぴったりなソイパテなども美味しそうなものばかり。

 ホットサンドの具シリーズは、その中でもいちばん簡単に作れるので、グループで楽しむ方にも、ソロキャンプの方にもオススメ。食パンを買って、この缶を持っていくだけでいい。

缶を開けるとこのように具が入っている。

 一缶で、わりとたっぷり量が入っていて、2枚の食パンに具を入れて、ボリューミーなサンドイッチを楽しんでもいいが、だいたいふたつぐらいのホットサンドができる量が入っている。この画像はビーフシチュー味。原材料を見ると国産の牛肉、マッシュルーム、赤ワイン、デミグラスルウとかなり本格的だ。

今回はキャンプイベントの途中で作るのでシングルバーナーの上にて

 作り方はいたって簡単! 僕がここ最近ヘビーユースしているのは、ハイマウントのキューバサンドメーカー。キューバサンドのように斜めに焼き色が入るのでオシャレ。

 食パン2枚並べられるので2人でシェアするのもいい。こちらのホットサンドメーカーに食パンを2枚載せて、この“CAN”Pの達人のビーフシチュー味の具をスプーンで入れて伸ばす。

 あとは、シングルバーナー、もしくは、お家の場合はコンロの上で焼く。ホットサンドメーカーが焚き火OKのモノなら、焚き火の上でもいい。だいたい10分ほどで裏返す。

表を10分、裏は余熱があるので7分でちょうど焦げ目がついてばっちり!
クッカーに載せればこのとおり! コーヒーと共に朝食に。
この小ささなので、自転車やモーターサイクルのキャンプに持っていくのにもいい!

 なによりこの味の美味しさにおったまげる。しっかりと柔らかい牛肉が入っていて、デミグラスソースの香りもいい。ハムとチーズだけのホットサンドよりもはるかにいい。

 他には、チキンマヨネーズ味、ミートソース味もある。缶で持ち歩けるので、自転車やモーターサイクルで林道を走るのが大好きな僕にはもってこい。ハードな山道を走っても全く問題なし。価格も380円なので、お手軽に贅沢な味が楽しめる。

 ぜひ、お試しあれ!!


K&K “CAN”Pの達人 ホットサンドの具

価格380円
カテゴリ:缶詰・瓶詰
内容量:70g
賞味期限:36ヵ月
種類ビーフシチュー味、チキンマヨネーズ味、ミートソース味

問い合わせ:https://www.kokubu.co.jp/contact/
“CAN”Pの達人HP: https://www.kokubu.co.jp/brand/canpnotatsujin/

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 58
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 57
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 56
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 55
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 54

  • 本業はファッションモデル(タイクーンエージェンシー)。自転車、バイク、クルマで旅をしながら旅の素晴らしさや旅に最適なアイテムを紹介するトラベルライターとしても活動。地方自治体サイクルマップやWEBで連載ページを持つ。 趣味は、旅行、キャンプ、草野球、オフロードバイク、自転車全般(ロードバイク、MTB、ランドナー、小径車)、トライアスロン、トレイルランニング、登山、パックラフト、サーフィン、スニーカー収集、NEWERAキャップ収集、ウエイトトレーニング、読書、インドカレーの食べ歩き、MLB観戦など。  スポーツトレーナーの資格はNASM-PES、小型船舶一級免許、小型特殊船舶免許、大型自動二輪免許、JCTA認定自転車ツアーガイドなどを持つ資格マニアという一面も。かつて、海外30か国以上を自転車で旅したこともある放浪癖あり。好きなファブリックはキューベン、好きな金属はスカンジウム、好きな筋肉は三角筋。20代の頃は某アウトドアショップでバイトをしていた経験も。
  • http://akikazoo.net