ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 35
全天候型GORE-TEXのバイク用ブーツ

コロナ禍で空前のバイクブーム!1人、もしくは2人乗りで、自由に移動ができ、観光、キャンプ、食巡りなど趣味と組み合わせて楽しみが倍増するだけでなく、車の運転と違って、人馬一体となってマシンをコントロールしなくてはならないため、運動神経や動体視力が養えるので、スポーツにもなり、若返り効果もあるとか。今回は、ツーリングが好きなライダーに、全天候型GORE-TEX製のGAERNE(ガエルネ) G-MIDLAND(Gミッドランド)ブーツをオススメするページ。

足が曲げやすいので岩に腰掛けても違和感がない。

私は、GAERNEのGミッドランドを愛している。

なぜこれほどまでに惚れ込んだのか?

GAERNE(ガエルネ)は、1962年にイタリアの靴職人エルネスト・ガゾーラが創始した。産声を上げたモンテベルーナという地域は、古くから靴職人たちを育んできた。地元の農業・林業従事者向けのワーキングブーツの生産からスタートし、1900年代半ば以降、娯楽としての登山、スキー靴をはじめ、目的に特化したスポーツブーツの生産へと変化していく。Made in Italyを貫いていて、職人の情熱によって、機能性が高く、履き心地も良く、それでいてデザインも美しい製品作りが継承されいている。

日本の代理店でもあるジャペックスは、1979年からパートナーシップを結んでいる。すなわち、約42年以上の付き合いがあることになる。ホームページにも、メーカーとディストリビューターという関係値を超えて、率直な意見をぶつけ合う密接な繋がりで互いへの尊重と信頼を積み重ねてきたと書いてあるが、私のイメージだと、ゴールドウィンとノースフェイスのような関係のように思えた。日本の持つ美学やファッションへの探究は、世界的にも珍しく、アジア人ならではの木型等もアドバイスし、改良を重ねている。そのため、ジャペックスは、アジアを含めた世界的なマーケットへのハブになっているのは間違いない。

G-MIDLANDはオンオフどちらも履けるタイプ。オフロード専用ではない

じつは、私はGAERNEのED-PRO(イーディープロ)というエンデューロや林道向けのブーツを大学生の頃から履いていて、その当時オフロードバイク専門雑誌だったGARRRR(ガルル)を毎月愛読。時間ができる度に、林道ツーリングやキャンプツーリングに出かけていた。大学を卒業してからは、林道ツーリングだけでなく、エンデューロの草レースや草モトクロスにもチャレンジし、ED-PROも2代目、3代目と買い替えていたほどファンなのだ。

今回のGミッドランドはオフロードだけでなく、オンロードのツーリングにも向いているので、モデル撮影で愛車以外の車種にまたがる機会でも重宝しそうだ。一足あたりの重量が1100gとED-PROよりも300g以上軽量。アッパーが動かしやすいので、数字以上の軽さを感じた。

シフトチェンジペダルガードは両足に付いているので左右対称で美しい
アウトソールが内側がフラット、外側とカカトはブロックのハイブリットパターンだ

それだけでなく、つま先にはカップ型のガードが入っていて安心感があり、左右対称のシフトチェンジペダルガードが付いているので耐久性も高い。また、アウトソールのパターンが独特。母子球のある内側はアスファルトなどの街歩きに最適になっていて、外側とカカトがオフロードでも安心なブロックパターンに。そうすることによってソールの減りを抑えることができる。

車体に触れる内側はスエード地。

高級感のあるフルグインレザー製で、内側にはグリップが効いたスエード地。さらに、耐熱素材になっているのでエキパイが熱くなるバイクとの相性もバッチリ。(ちなみにセローはエキパイガードが付いているので熱くならない。)内足部にはプラスチック、金属パーツが無いので車体の方へのダメージも少ない。よって、思いっきりニーグリップしてほしい。

厳しい防水透湿テストを重ねないともらえないGORE-TEX製
ふくらはぎはベルクロ、足先はバックル2つで脱ぎ履きしやすい

なにより防水透湿性の高いGORE-TEX製だということ。これはED-PROには無かった機能だ。雨の日のライディングでも中が濡れなくてムレにくいのは、長距離ツーリングのときは安心材料だ。バックルも外しやすく、スネの部分には樹脂製のプロテクターが入っているので、怪我の予防になる。

じつのところ、このブーツの撮影をするために、一眼レフカメラに12秒タイマーをかけて、何度か往復していたら、シートバッグの重さに耐えられずに切り返しの時に転倒してしまった。その際に、左足が完全にバイクと地面の間に足を挟まれてしまったが、無傷で無痛に感動した。バイクはブーツがしっかりしていると怪我を防止できるという良い教訓を得た。

ぜひ、今秋のツーリングの相棒にグッドルッキンなGミッドランドを連れて行ってもらいたい!

転げた後にバイクを起こそうとしているときに、むなしくも12秒がパシャっと。

GAERNE Gミッドランド

価格41250円
外装:本革(フルグレインレザー)
内装:GORE-TEX®
ソール:ガエルネフラットソール(修理交換可)
重量:1,100g(片足)
足入れ全高:29.5cm
MADE IN ITALY

ホームページ: https://japexstore.net/
お問い合わせ:ジャペックス
お問い合わせページ:https://japexstore.net/pages/contact

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 30
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 29
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 28
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 27
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 26

  • 本業はファッションモデル(タイクーンエージェンシー)。自転車、バイク、クルマで旅をしながら旅の素晴らしさや旅に最適なアイテムを紹介するトラベルライターとしても活動。地方自治体サイクルマップやWEBで連載ページを持つ。 趣味は、旅行、キャンプ、草野球、オフロードバイク、自転車全般(ロードバイク、MTB、ランドナー、小径車)、トライアスロン、トレイルランニング、登山、パックラフト、サーフィン、スニーカー収集、NEWERAキャップ収集、ウエイトトレーニング、読書、インドカレーの食べ歩き、MLB観戦など。  スポーツトレーナーの資格はNASM-PES、小型船舶一級免許、小型特殊船舶免許、大型自動二輪免許、JCTA認定自転車ツアーガイドなどを持つ資格マニアという一面も。かつて、海外30か国以上を自転車で旅したこともある放浪癖あり。好きなファブリックはキューベン、好きな金属はスカンジウム、好きな筋肉は三角筋。20代の頃は某アウトドアショップでバイトをしていた経験も。
  • http://akikazoo.net