ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 47
コストパフォーマンスの高い、グッドデザインな自転車用ヘルメット


昨今の自転車ブームで、東京の街はあらゆる乗り物でいっぱいだ。シェアサイクル、E-BIKE、ママチャリ、キックボード、それに前カゴ付きのコミューターバイクなど。これらを含めてパーソナルモビリティという呼び名でまとめることもある。新型コロナウィルス感染拡大によって、公共交通機関からシフトしてしているからだろう。そんな様々な乗り物が行き交うので、自転車マナーと共に安全面を考えてヘルメット着用も考えたい。そんな方に、オシャレで価格の安いKabutoのCANVASシリーズはオススメ。今回はこちらの偏愛っぷりを語りたい。

私は、Kabuto(オージーケーカブト)のCANVAS-SPORTS(キャンバススポーツ)を愛している。

なぜこれほどまでに惚れ込んだのか?

Kabutoは、日本の東大阪にある自転車、モーターサイクルなどで使用するヘルメットを中心に製造、販売しているブランドだ。1982年に設立され、今年で40周年記念だ。母体となったOGK技研株式会社は、1948年創設。自転車用のグリップ製造会社としてスタート。「大阪グリップ化工株式会社」の頭文字を取ってOGKになっているらしい。自転車用チャイルドシートの国内シェア6割を占め、Camilyというサイクルトレーラーや自転車用モバイルスタンドなどサイクル用品のラインナップも増えている。前述のとおり、1982年にヘルメット部門が独立。「オージーケーカブト」の社名のもと、Kabutoというブランド(兜だけに)を冠しているのだ。

夜はこのツヤがとても美しい

Kabutoのヘルメットは、海外レースでも使われるレースユースのものから、カジュアルにかぶれる物までライナップの幅は広い。今回のCANVAS(キャンバス)シリーズは、ビギナー向けで、スポーツライドだけでなく、通勤、通学、街乗りでも気軽に着用できる洋服にも合わせやすいモデルだ。1番驚くのは価格。この手のものは1万円越えは当たり前だが、およそ半分。とはいえ、造りはしっかりしていて、おでこや頭頂部にあるインナーパッドは取り外しでき、洗濯が可能。さらに、万が一、インナーパッドが汚れても別売で買うことができる。衛生的なため長く使える、否、愛し続けられる。

おでこのインナーパッドが取り外せるのは衛生的だ
後ろの部分にはシリコンタイプのリアライトが付けられるところがある。(ライトは別売)

夜間視認性をよくするためにヘルメットの後部にはリアライトを付けられる箇所が設けられていて、シリコンタイプのライトを付ければ、車から非常に見やすい。自転車の下部にあるライトはトラックやバスなど窓が高い車両からは見え辛いため、危険なのだ。

バックパックが赤く光っているのはヘルメットに装着しているリアライトが点滅しているから

このヘルメットを購入したきっかけは、新しいCannondaleのTopstoneというグラベルバイクをGETしたから。青い車両は以前から狙っていたが、新型コロナウィルスの感染拡大と共に自転車需要増。私に合うLサイズが無かったので、以前こちらの偏愛モノ図鑑でもご紹介したMサイズのパープルをメーカーからお借りしていた。昨年、ようやく日本に入ってきた。

自転車の名前はレイズ号と言う。好きなメジャーリーグ(野球)のチーム、タンパベイレイズから来ている。そこで、この自転車のフレームカラーに野球のヘルメットのようなツヤのあるこちらを合わせたかったのだ。CANVASシリーズには他にもマットカラーのURBANというタイプもある。こちらは、2022年、JIDA(日本インダストリアルデザイン)という団体のミュージアムにセレクトされ、掲載、展示されるモデルとのことで、注目の一品だ。

コートを着たビジネス&通勤スタイルにも馴染む丸いデザインが特徴的

キャンバスシリーズは、どちらのヘルメットもJCF(公財)日本自転車競技連盟推奨の規格になっているのでロードバイクやMTBなどのスポーツライディングにも十分使用できる強度がありつつも、丸いデザインと少ない通気孔により、カジュアルウェアやビジネスウェアにも似合うのがいい。そして、280gと軽量。日本人の頭型を考えられた設計のため、被り心地もいい。私は、たまに下にNEWERAのキャップを被るときもある。また、別売のインナーバイザーも付けられる。

ニューエラのマークはステッカー

街乗り、スポーツライド、通勤、通学、キャンプ、ツーリングと幅広い用途で使えるヘルメットで、ファッションにも合わせやすく、安価なので、自転車乗りやキックボード乗りなら今すぐ買っておこう!


Kabuto CANVAS-SPORTS

価格:5280円
重量:280g
サイズ:M/L(57cm〜59cm)
カラー展開:画像はネイビー。オフホワイト、マットブラック、グレー、オリーブ 、アッシュブルー、ワインレッド、フラッシュイエロー、フラッシュレッド、ターコイズ

ホームページ:https://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/index.html
製品ページ :https://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/canvas-sports/canvas-sports.html
お問い合わせ:株式会社オージーケーカブト 06-6747-8031

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 41
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 40
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 39
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 38
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 37

  • 本業はファッションモデル(タイクーンエージェンシー)。自転車、バイク、クルマで旅をしながら旅の素晴らしさや旅に最適なアイテムを紹介するトラベルライターとしても活動。地方自治体サイクルマップやWEBで連載ページを持つ。 趣味は、旅行、キャンプ、草野球、オフロードバイク、自転車全般(ロードバイク、MTB、ランドナー、小径車)、トライアスロン、トレイルランニング、登山、パックラフト、サーフィン、スニーカー収集、NEWERAキャップ収集、ウエイトトレーニング、読書、インドカレーの食べ歩き、MLB観戦など。  スポーツトレーナーの資格はNASM-PES、小型船舶一級免許、小型特殊船舶免許、大型自動二輪免許、JCTA認定自転車ツアーガイドなどを持つ資格マニアという一面も。かつて、海外30か国以上を自転車で旅したこともある放浪癖あり。好きなファブリックはキューベン、好きな金属はスカンジウム、好きな筋肉は三角筋。20代の頃は某アウトドアショップでバイトをしていた経験も。
  • http://akikazoo.net