編集長のイチオシ!
【特集:ウマい冷凍食品】
酒のつまみの特選冷食


家飲みの機会が増えていつもの摘みに飽きてきた……、なんていう人もきっと多くいるに違いない。そこで、酒のお供にぜひお勧めしたいのが、ここ紹介する冷食だ。居酒屋メニューから本格料理まで、冷凍庫に一品あるだけで、酒が進んで食も進む。毎日の一杯がより楽しく充実する。

文/モノ・マガジン編集部

■ウレシイお皿いらず

ニチレイ/今日は家飲み「ガーリックシュリンプ」「ピーマン肉詰め」「梅しそささみ焼き」/価格各オープン(実勢価格360円前後)

レンジでチンしてそのまま楽しめる「今日は家飲み」シリーズ。デパ地下でも人気の総菜「ガーリックシュリンプ」は、有頭殻付きエビをニンニク風味の特製ソースで絡めた食べ応えのある一品。「ピーマン肉詰め」は食べやすいサイズのピーマンに鶏ひき肉を詰め、丸大豆醤油ベースの特製だれを絡めてオーブンで焼き上げた。発売以来の人気商品「梅しそささみ焼き」は、梅としそをささみで巻いて香ばしく焼き上げている。どれもお酒が進むこと請け合い。

ニチレイフーズ お客様相談センター (電話)0120-69-2101


■新鮮さと食感をそのままに

鰺本舗/うまかあじたたき/価格3500円(6個入/送料込み)

新鮮な国産の天然真アジを-30℃以下に急速冷凍し、美味しさと食感を保ったまま長期保存ができる冷凍の刺身。魚に合うオリジナル醤油にすり胡麻をまぶして、クセになる味わいの「ゴマあじのたれ」にすり胡麻・いり胡麻、刻みのりも付き、本場九州の居酒屋の味が自宅で手軽に再現できる。合わせるお酒はもちろん芋焼酎一択!?

ジャパンシーフーズ (電話)0120-315-343


■シンプルでも味は絶品

味の素冷凍食品/若鶏の備長炭焼き/価格オープン(5個入り/実勢価格199円)

大豆やコーンなどを使ったエサで育った、柔らかくてジューシーな若鶏のもも肉を醤油で味付けし、備長炭でじっくりこんがりと焼いた若鶏の備長炭焼き。口に含むと肉汁が滴り、濃い焼き目と香ばしい醤油の風味が肉の味わいをいっそう引き立てる。ビール、ワイン、日本酒など、どんなお酒にも合わせやすい。

味の素冷凍食品 お客様相談室 (電話)0120-303-010


■ワインにピッタリ!

魚匠えびす/おまとめOsakana Cucina/価格3480円

厳選された新鮮な魚介を独自の製法で風味豊かに仕上げた、本格的なシーフード料理「おうちバル Osakana Cucina」の6品セット。左上から時計回りに「鰆のグリル ジェノヴェーゼソース」(100g)、「真鯛かぶとのアクアパッツア仕立て」(300g)、「サーモンのグリル マスタード風味」(110g)、「サーモンのカルパッチョ」(130g)、「真鯛のカルパッチョ」(140g)、「鯖のマリナーラソース」(95g)。

魚匠えびす (電話)0120-545-232


『ウマい冷凍食品』を含む最新号は絶賛発売中です!

2022年の大ヒット商品&2023年のネクストブレイクが大集合!
モノ・マガジン1.2-16合併号発売中!!

本企画を含むモノ・マガジン1.2-16合併号『流行図鑑』は、
書店、コンビニ、オンラインで絶賛発売中。
モノ・マガジン公式オンラインストア
https://m­onoshop.biz でもお求めいただけます。

  • モノ・マガジン&モノ・マガジンWEB編集長。 1970年生まれ。日本おもちゃ大賞審査員。バイク遍歴とかオーディオ遍歴とか書いてくと大変なことになるので割愛。昭和の団地好き。好きなバンドはイエローマジックオーケストラとグラスバレー。好きな映画は『1999年の夏休み』。WEB同様、モノ・マガジン編集部が日々更新しているFacebook記事も、シェア、いいね!をお願いします。@monomagazine1982 でみつけてね!