ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 51
ファン垂涎モノのイチロー選手グッズと本


偏愛モノ図鑑も連載スタートしてから51記事目。ということで、モノマガジン本誌(4月16日号)でも野球特集していたこともあり、元MLBプレーヤー、球界きっての野球探求者であるイチロー選手について書きたいと思う。となると、ヒトが対象だと思いがちだが、ファングッズを掘り下げると、偏愛モノに通ずる。遡ること2016年のマイアミで購入したお土産Tシャツまで、イチロー選手ファンアパレルと本についてつらつらと書きたい。

私は、イチロー選手のグッズを愛している。

なぜこれほどまでに惚れ込んだのか?

イチロー選手を愛しているという書き出しだと、弓子夫人に申し訳ないので、グッズを愛しているとした。そのほうがモノマガジンらしいとも言えるかもしれない。まずはトップバッター、否、トップ画像でも着ているマジェスティック社のパーカーだ。

当時あったマジェスティックジャパンのネットショップサイトから購入。NEWERAキャップはイチロー選手も尊敬しているケン・グリフィー・ジュニアモデルのモノ。パンツはチャコールトーキョーのSouth2 West8。シューズはAltraのローンピーク5。コートはALL YOURSのディフェンダーロングコート。

マジェスティックは、2005年から2019年までMLB(メジャーリーグベースボール)のゲーム用ユニフォームのオフィシャルサプライヤーだったブランドだ。ちなみに、1992年から2004年までは、僕より上の世代ならよくご存知だろうアメリカンスポーツウエア、ラッセル社のものだった。2020年から現在を経て、10年間はもともとアンダーアーマーになる予定だったが、業績不振からナイキが契約を勝ち取った。2022年の今年もMLB30球団すべての試合用ユニフォームにはナイキのスウッシュマークが入っているのが分かるだろう。なお、これは2029年までの契約の予定。前述のマジェスティックはアメリカのペンシルベニア州発だが、2009年にはマジェスティックジャパンができ、大手ファッションECサイトではファッションアイテムも展開されている。NPB(日本プロ野球)でも、楽天イーグルスを皮切りに、2016年からヤクルトスワローズ、福岡ソフトバンクホークス、西武ライオンズへユニフォームを供給、2017年から2019年までは千葉ロッテマリーンズにもユニフォームを出していた。(現在はミズノ製。)

写真で着ているモデルは、2019年のイチロー選手が引退のときに発売されたパーカー。日本凱旋の東京ドームでのオープニングゲーム(開幕戦)を迎えたアスレチック戦。(MLBは何年かに一度、日本開催をしている)運良く、チケットを手に入れ、この試合を観戦していた。試合の開始までイチロー選手が引退することは知らされておらず、2016年のアメリカ自転車旅のときに寄ったマイアミ以来の生のイチロー選手の一挙手一投足に興奮していた。

2016年の6月26日はマイアミマーリンズに所属していたので、マーリンズスタジアムで観た試合。

ところが、試合の途中に球場全体がざわつきはじめ、スマホのネットニュースを見ると「イチロー選手引退」の2文字が!久しぶりにライトに立つ(マイアミのときはセンターだった)マリナーズのユニフォーム姿が最後になってしまうとは。全身が熱くなるのを感じ、いつか来るであろう日が今日になってしまったことを寂しく思いながらも、目の奥の奥にこの映像を残しておこうと必死になってまぶたを開こうとした。一生忘れないように。

私が手に入れたパーカーはまさにそのときに作られた予期せぬ引退記念パーカーだ。おそらく、マジェスティックジャパンが企画したものだったろうと思うが、写真のように美しいフォロースウィングのプリントはいつ見てもいい!春夏でも着られる薄めの素材のため、これからの季節でも大活躍だ。当時のメールの注文履歴を見返してみると6900円だった。飾る用にもう一つ買っておけば良かった。

2019年3月の最後の試合。イチロー選手が見せるこのルーティンに、
会場のドームは破れんばかりの歓声で沸く

自分は11歳の小学校5年生の時から少年野球チームに入って野球人生をスタートさせた。中学校はそこそこ強いチームだったので、レギュラーを取るのも苦労したが、区ではベスト3までいった。周りのメンバーに恵まれただけで、私はそれほど野球が上手かったわけではなかったので、高校は野球が強くない都立高校を志望。きちんと受験勉強をして、希望通りのところに合格。

たしかその当時、中学校の校長先生が受験のための面接の練習を受けてくださった。そのときに「尊敬する人はイチロー選手です」と話したことを、今でも覚えている。

背中にはICHIROの文字が付いている。そして背番号は51だ。

話はそれたが、もう一つ宝物になっているのが、こちらのマジェスティック製のユニフォームだ。クラシックに見えるが比較的新しく、限定デザインのもの。生成りボディに青いフォントのマーク。本来のシアトル・マリナーズのユニフォームのカラーリングとは異なる珍しいタイプ。選手着用モデルはアメリカ製である場合が多いが、こちらはホンデュラス製。つまり、レプリカユニフォームだ。文字はプリントではなく、チドリ縫い。ここ最近、日本のレプリカユニフォームはプリントになっているものが多いが、昔ながらの、ちゃんと縫い付けてあるほうが立体的に見えて個人的には好みだ。

パンツはMAGIC NUMBERのモノ。ソックスはインフィールダーソックス。サンダルはKEENのUNEEK。キャップはSALOMONのトレイルランニング用。ベースボールシャツは子供っぽくなるので、前を開けて羽織るようにして、ロンTと合わせればOK。ロングスリーブTシャツは以前偏愛モノでご紹介したAT BATのモノ。
こちらはお土産用のTシャツ

さらにもう一つ。こちらは、マイアミマーリンズ時代のTシャツ。こちらもマジェスティック製。マーリンズスタジアムの中にあるマーリンズショップで購入。カタカナでマイアミと書いてあり、背中にもまた「イチロー」のカタカナの文字。日本では当たり前のカタカナも海の向こうで突然現れるとビックリする。アメリカ人にとってカタカナはCOOLに見えるらしい。現地でも何人か着ている人を見かけた。

背中にもイチローのカタカナと背番号51
イチロー選手のバットを持っている姿が表紙にドーンとある小西さんの著書

こちらは昨年2021年の10月に発売された「イチロー実録」という本。ちょうど11月頃に、草野球の試合中に仲間と交錯してしまい、顎の骨を骨折し、意識を失って救急搬送。気付いたらお医者さんの前に居て、口を開けると血が溢れ出ていた。そのまま2日後に手術。そして、まさかの1ヶ月の入院。その時にモデル友達のRENくん(インディゴ所属)がこちらをお見舞いに持ってきてくれたのだ。「さすが僕が欲しい本をわかってくれている!」と感動したものだ。

この場を持って御礼を言いたい。本当にありがとう!

内容はイチロー選手が2001年にアメリカに渡ってから、2019年の3月21日の引退までの話。プロローグにはこうある。「自分で決めたことを継続する。常識を疑う。成功体験をぶっ壊してまで、自らの感性を大切にする。信念を貫く。」

コロナ禍の大変な世の中だからこそ、イチロー選手の考え方は、仕事にも生き方にも活かせるヒントがいっぱい詰まっていると思う。

他のアパレルは新品では買えないので、この本はぜひ買ってもらいたい。


商品名 イチロー実録2001-2019 小西慶三著(文芸春秋)
価格1540円(税込)
ホームページ:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163914480


ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 45
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 44
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 43
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 42
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 41

  • 本業はファッションモデル(タイクーンエージェンシー)。自転車、バイク、クルマで旅をしながら旅の素晴らしさや旅に最適なアイテムを紹介するトラベルライターとしても活動。地方自治体サイクルマップやWEBで連載ページを持つ。 趣味は、旅行、キャンプ、草野球、オフロードバイク、自転車全般(ロードバイク、MTB、ランドナー、小径車)、トライアスロン、トレイルランニング、登山、パックラフト、サーフィン、スニーカー収集、NEWERAキャップ収集、ウエイトトレーニング、読書、インドカレーの食べ歩き、MLB観戦など。  スポーツトレーナーの資格はNASM-PES、小型船舶一級免許、小型特殊船舶免許、大型自動二輪免許、JCTA認定自転車ツアーガイドなどを持つ資格マニアという一面も。かつて、海外30か国以上を自転車で旅したこともある放浪癖あり。好きなファブリックはキューベン、好きな金属はスカンジウム、好きな筋肉は三角筋。20代の頃は某アウトドアショップでバイトをしていた経験も。
  • http://akikazoo.net