ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 32


ハンモックのような座り心地の極楽キャンプ用チェア

CRAZY CREEK HEX2.0

 自転車やモーターサイクルでのキャンプではチェアを持っていくか否かで迷う時がある。あると嵩張るし、ないとキャンプ場でなんとなくリッチな時間を過ごせない。そもそもチェアに座って、バエるキャンプサイトを気取りたい。今回はそんなワガママなソロキャンパーに最適なCRAZY CREEKのHEX2.0の偏愛っぷりを語りたい。

背もたれが包み込むように身体を支えてくれるので、ハンモックのようにラグジュアリーな座り心地

 私は、CRAZY CREEKのHEX2.0を愛している。なぜこれほどまでに惚れ込んだのか?

 CRAZY CREEKは (クレイジークリーク) は、Rob Hartにより1987年にアメリカのモンタナ州ベアトゥースマウンテンの麓のレッドロッジからスタート。人口2000人ほどの小さい町だそうだが、有数のアウトドアタウンで、東部にはビッグホーン川というフライフィッシングで有名なエリアがあり、イエローストーン国立公園には広大なベアトゥース山脈が南北に走っている。万年雪を冠した標高3500m級のピークが20座もあり、ワイルドな地形とある。また、ベアトゥースハイウェイは全米ナンバー1のモーターサイクルロードに選出されているらしい。私もいつか行ってみたいツーリング先の一つだ。

 さて、今回のCRAZY CREEKはバックカントリーキャンプの時に、自然の中には倒木や切り株などの腰をかけられるものがあるが、テントの中でも快適に座れるチェアを作ろうと考えたのが原点。

 自転車キャンプ、モーターサイクルでのキャンプ、徒歩キャンプでは、上記のとおり、そこらへんに丸太や岩が落ちている場合は、それらをチェアやテーブル代わりにすれば良いが、あるかどうかはキャンプ場による。

 しかしながら、大きくて重たいチェアを持っていくのは移動を楽しむ際のデメリットにしかならない。ならば、軽くて嵩張らないチェアを持っていけばいい。そこで、Helinoxなどで代表されるアルミ製のテントポールを組み立てるような仕組みの折り畳み式のチェアに行き着く。ところが、そのチェアは某野フェスでは禁止になったこともあり、また持っている人が多過ぎることもあり、少々高価なこともある。とにかく人と違うチェアが良い、という人にも救世主になる。

黒い部分にカーボン製の芯が内蔵されており、左右各1本ずつある。

 まずは素材が素晴らしい。背面にはデニール数の高い厚地のリップストップナイロンを使用し、さらにチェア自体が接地するであろう2点の部分に補強が施されていて、そこから伸びた芯材は、硬めのカーボンという豪華な造り。そのため、お尻から背中までが、まるでハンモックに包み込まれているかのような座り心地を実現。

 前述の通りHelinoxのチェアは座ったり、立ったりが楽である反面、ダラダラしたくて、のんびりしたくて、とにかく横着したい人にとってはかえって忙しくなってしまう。

 キャンプ=アウトドアご飯、キャンプ=焚き火、キャンプ=呑みという、ひたすら何かしなくては落ち着かなくなり、キャンプなのに週末は疲れたなんて人も多いことだろう。

 自分はそんなのがイヤになったため、ただ昼寝をしに行くだけのデイキャンプでこの写真を撮ったほどだ。
 そう、私はチェアに座って木々を眺めながら、ただただボーッとしたい!

この座面のヘキサ型が座り心地の良さの秘密なり。それにしてもキレイなグリーン!

 強靭な背面生地とは裏腹に座面はソフトな薄手のリップストップナイロン素材。さらに内側には8mm厚の高密度EVAフォームを採用し、ヘキサ型に配備されているので、極上の座り心地を実現している。さらにバックルを外せば、真っ平らになるため、まさに敷布団のような快適な寝心地となる。これで昼寝をしようとすると、ちょい寝どころか本寝になってしまうから注意。あ〜極楽!

クルッと丸めてコンパクトに

 さらに、画像のように真ん中にあるバックルで留めると小さくコンパクトに、巻物のようにくるくる折り畳めるのも良し。まさに、自転車、モーターサイクル、徒歩など移動の際に嵩張るのを嫌うキャンパーにはもってこいなのだ。

ボトルと並べてもこのサイズ!小さいです。 

 hydeofraskの保温保冷の中サイズのボトルと並べてもこの通り。アルミ素材のポール等が一切ないので、真ん中に壊れやすいものを入れておけば、外側からの衝撃から守る緩衝材としても良い。

 そして、この90年代風のアウトドアカラーも素晴らしい。背面がブルーで、座面がエメラルドグリーン。ノスタルジーに浸るもよし。自分のように自由人を気取るもよし。おそらく、どんなキャンプスタイルでも旅人感が増す。
 あなたもこの極上のチェアを持って、ステキなキャンプライフを!

BIKE&SIESTA(昼寝)に最適なチェア、そしてベッドなのである。

商品スペック


CRAZY CREEK HEX2.0

カラーブラック×ロイヤルブルー
スペック重量/610g
サイズ38×83cm(使用時)、12×42cm(収納時)
マテリアル[座面]70Dリップストップナイロン
[背面]210Dリップストップナイロン
[フレーム]カーボンファイバー、EVAフォーム
価格8,580円

CRAZY CREEK クレイジークリーク
https://aandf.co.jp/brands/crazy_creek

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 26
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 25
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 24
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 23
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 22

山下晃和(akikazu yamashita)
  • 本業はファッションモデル(タイクーンエージェンシー)。自転車、バイク、クルマで旅をしながら旅の素晴らしさや旅に最適なアイテムを紹介するトラベルライターとしても活動。地方自治体サイクルマップやWEBで連載ページを持つ。 趣味は、旅行、キャンプ、草野球、オフロードバイク、自転車全般(ロードバイク、MTB、ランドナー、小径車)、トライアスロン、トレイルランニング、登山、パックラフト、サーフィン、スニーカー収集、NEWERAキャップ収集、ウエイトトレーニング、読書、インドカレーの食べ歩き、MLB観戦など。  スポーツトレーナーの資格はNASM-PES、小型船舶一級免許、小型特殊船舶免許、大型自動二輪免許、JCTA認定自転車ツアーガイドなどを持つ資格マニアという一面も。かつて、海外30か国以上を自転車で旅したこともある放浪癖あり。好きなファブリックはキューベン、好きな金属はスカンジウム、好きな筋肉は三角筋。20代の頃は某アウトドアショップでバイトをしていた経験も。
  • http://akikazoo.net