Cuisinart(クイジナート)の「エアフライ オーブントースター」の最新作をチェックしてきた!


エアフライ オーブントースターTOA-38J

Cuisinart(クイジナート)

Cuisine (料理) + art(芸術) =「Cuisinart」

1973年niアメリカで生まれたクイジナート。1985年国内向けに家庭用キッチン家電の販売を開始。発売以来、世界中の厨房、家庭のキッチンで支持されている。海外(英語圏)でクイジナートといえば「フードプロセッサー」の代名詞にもなっている。

クイジナートの調理家電製品。どの製品もシンプルで飽きの来ないデザイン!
今夏発売のプロセッサー、コンパクトジューサー&ブレンダーCBJ-450Jでウェルカムドリンク!!

エアフライオーブントースターTOA-38J

新型エアフライオーブントースター

コンセプトは「強力熱風で感動のおいしさを実現!!」

ノンフライオーブントースターTOA-29SJからエアフライ オーブントースターTOA-38にリニューアル。シリーズ上位モデルだ(国内企画)!石英管ヒーターを、天面に3本・底面に2本、計5本を庫内に配置、1450Wの高出力の熱を大型ファンで庫内を循環させる。「WARM」「GRILL」「BAKE」「AIR FRY」「TOAST+FAN 」「TOAST」、1台6役を備えもつ万能コンベクションオーブントースターだ!海外製らしく、飽きのこないシンプルなデザイン、ステンレス製の材質がいい。サイズは375×355×310㎜。食パンが4枚並べられる広さを確保している。

左TOA-38WJ 右TOA-38SJ

広々とした使い勝手のよいキッチン。調理を待つクイジナートの製品が目白押しだ。全面にエアフライも待つ!左のホワイト仕様は、Web通販のみで販売される!

スペック

高出力1450Wのパワー

調理の初めに準備する予熱を設定する必要がない、瞬間で強力な熱を発生させる、石英管ヒーターを庫内に5本配置。上下から効率よく熱を発生させる!MAX温度は230℃。更に強力なモーターと大型ファンで熱風を庫内に循環させる。

大型ファン

庫内天部に納まる大型ファン
これがTOA-38の心臓部の大型ファンだ!!

かんたん操作で使いやすい4ダイヤルとグリルコンテンナ

大きめのダイヤルは誰にでも使いやすい
多彩な料理が楽しめる!!

付属品のグリルコンテナ・トップ・ボックス、メッシュバスケット、トレーをレシピに合わせてセットすれば、後はエアフライオーブントースターに入れるだけだ!FUNCTIONから調理モードを選択。後は出来上がりを待つだけ。

グリルコンテナとボックスは、出来たてをそのままに、テーブルウェアとしても使えるお洒落で便利な設計になっている!

エアフライモードは、油で揚げた時と比べてカロリーと脂質をカット。カロリー27%・脂質43%(100gあたり)まで減少させる※ 油で揚げるのではなく、空気で揚げるのがエアフライだ!!

※自社調べ/試験機関(一財)日本食品分析センターが実施した成分分析結果をもとに算出した減少率

1 2
  • 昭和‐平成‐令和とグルメからファッション、ペット(猫専門)まで幅広いジャンルの情報誌を手掛ける。現在は、執筆の傍ら全国地域活性化事業の一環で、観光・地方に眠るお宝(ギアもの)ご当地グルメを全国旅取材する日々。趣味は街ネタ散歩とご当地食べ歩き。自宅は猫様の快適部屋を目指し、日々こつこつ猫部屋を造作中!!