ヘルシーな料理が出来る「ノンフライオーブントースター」で、思う存分調理してみた!!


慕晟(ぼせ)、AKEEYO(アキーヨ)ブランド「ノンフライオーブントースター」。製品の設計から、組み立て・パッケージングに至るまで、すべて自社工場で行い、一貫した管理だからこそ出来た「1台4役」。Makuakeで注目を集める「ノンフライオーブントースター」で調理してみた。果たして実力はいかに?!

2in1ならぬ4in1!

何と贅沢なキッチン家電なのか。通常は調理目的別に買いそろえる物が「4in1」で合体している。ノンフライオーブントースターのサイズは「幅31×奥行29×高さ31.7cm」、「容量9L」とコンパクト。本体がホワイトなのでキッチンのインテリアも損なわない、また、コンパクトなので設置場所を選ばないのが嬉しい。ステンレス製の直方体に近いシルエットは、どこか愛くるしい……。簡単かつ時短調理ができる、機能満載充実したノンフライオーブントースターだ。

調理のやる気を喚起する「ダイヤル式スイッチ」

ほったらかし調理家電が流行りの中、マイコン制御ではなく完全アナログだ。食材と対峙しながら一番おいしい旨味を引き出す。調理タイマーのダイヤルを回せば、どこか懐かしいチクタクの音色。チンとなるまでの期待感が高まる!どんな料理に仕上げてくれるのか……魔法の扉を開いてみる!

(※ダイヤル左から 温度・ヒーター切替・タイマー)

梱包を開ければすぐに調理ができる!!

梱包を開ければすぐに美味しい料理が楽しめる。本体、他、付属品はバスケット・トレー・焼き網・ハンドル。後は食べたい食材を用意するだけ。本体の開閉扉は、大きめのガラス製で出来ている。調理中の食材を一目で扉越しに確認できる安心設計。時間とともに顔つきが変わる食材を視覚でも楽しめるのはGOOD!

セッティングしてみた!

付属のトレーは3段でセットする。調理・食材によってセッティングポイントが変わる。

上4本・下2本、合計6本の高出力ヒーターと上部に付いている強力なファンによって、庫内の約200℃の熱を効率よく循環させるので、食材の隅々にまで熱がいきわたる。遠赤外線効果もあり、「旨味」はそのままにヘルシーで美味しい料理が出来上がる。調理中は庫内ランプが常時点灯、大きく中が見える扉窓があるので、料理の進行状況もよくわかる親切設計。

調理だけではない!掃除も簡単に出来る親切設計

本体の底が約45度開くので手軽に掃除もできる設計だ。どんな料理を作っても調理器具本体が汚れていたら期待度半減。これだけ口が開けば清潔感が保たれるのは間違いない。

次のページ:「ノンフライオーブントースター」果たして実力はいかに?!

1 2
  • 昭和‐平成‐令和とグルメからファッション、ペット(猫専門)まで幅広いジャンルの情報誌を手掛ける。現在は、執筆の傍ら全国地域活性化事業の一環で、観光・地方に眠るお宝(ギアもの)ご当地グルメを全国旅取材する日々。趣味は街ネタ散歩とご当地食べ歩き。自宅は猫様の快適部屋を目指し、日々こつこつ猫部屋を造作中!!