トレミー48「純銀のエンブレムを纏った芸術品のようなアイウェア」


sponsored

アポロン「ナイトの称号」。中世の王室騎士団制度に由来する栄誉ある称号を冠した、トレミー48のなかでも最高峰のモデルの第二弾が来年1月に発売される。

ベースは1950年代の米国ヴィンテージを彷彿とさせるウェリントン。フロントには10㎜厚の生地を用い厚みに強弱をつけて研ぎ磨くことで、重厚かつ表情豊かに仕上げている。要所の削り込みと、しなやかさを生む三連蝶番により、掛け心地はすこぶる良好だ。

さらに注目したいのは、贅を尽くした装飾だ。テンプルには、中空技術を用い騎士の紋章をかたどった純銀のエンブレムを装着。ヨロイやテンプルエンドにも純銀の装飾が施され、なかでもバランサーの役割も兼ねたテンプルエンドの装飾には天然のターコイズストーンも埋め込まれており、鮮やかで高級感のある彩りを添えている。

細部まで手間暇のかけられた抜かりのない作りに、日本の眼鏡職人の高度な技術が宿る今作。まさに「ナイトの称号」の名に相応しい珠玉の出来栄えだ。

今作は、全世界300本限定の受注生産。
シリアルナンバー入りで、ボックスとオリジナル本革ケースが付属する。
「AP-041 Col.BK」価格16万2800円(受注生産)

デザイナー 堀一彦

ブランドの創業者であり全コレクションのデザインを担当。世界最高水準の職人技術を駆使した眼鏡作りを信条とし、つねに新しいことに挑戦し続けている。

Photo:青木健格( WPP)Text:伊藤美玲 Illustration:市川諒真

問 トレミー48  0120-484-804
https://ptolemy48.jp/