ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 10

耐久性の高いシリコンバンドの可愛いヘッドランプ

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 10

Knog BILBY(ビルビー)

 キャンプの時にはテント、マット、スリーピングバッグがあれば宿泊できるが、それにプラスして必要不可欠なのがヘッドランプ。山奥のキャンプ場では明かりが少ないところもあり、夜間の調理、食事、トイレのときに手作業のしやすさが段違い。今回は珍しいシリコンバンド製のアーティステックなヘッドランプ、Knog(ノグ)のBILBY(ビルビー)の偏愛っぷりを語りたい。

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 10
最大400ルーメンの光。天空の城ラピュタに登場するロボット兵のような可愛い顔。

 私はKnogのBIBLYを愛している。なぜこれほどまで惚れ込んだのか?

 Knog(ノグ)は自転車用のシリコン製ライトなどを手掛けているオーストラリアのブランド。2000年代に一世を風靡し、自転車のライトがアートフルになったのは革命だった。
SAFTY IN STYLE(スタイルの中の安全性)をテーマに掲げ、全てのアイテムがデザイン性と機能性を両立させたラインナップだ。日本の自転車環境は、前後のライト、自転車用ベルは法規上必ず付けなくてはならないが、デザイン性がスポイルされているものも多い。そこにスタイリッシュなライトやベルがあれば付ける人も増え、結果的に安全な社会になるという素晴らしい考え方。

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 10
上の二つのボタンで6パターンの光がある。

 自転車は、毎日の通勤や通学、お買い物、遠出、キャンプツーリングと1台でと意外と色々な用途があり、全天候型の移動手段。機能性を追求していくと防水性の高いゴツいライトになりかねない。ところがKnogはスタイリッシュ。つねにデザイン性を損なうことなく自転車用のライトを作ってきた。そのノウハウが活かされた次世代アウトドア用のヘッドランプがBILBYだ。
 キャンプの時には両手を使わないとテントの設営やキャンプ料理などができないので、これがあると作業が非常にラクになる。テントの天井に吊るせばLEDランタンの代わりにも。目に優しいリーディングライトモードがあるので、寝る前に本を読むときにもオススメ。
キャンプ場のトイレはたいてい暗めなので(周りの環境に馴染むように)、夜中のトイレは心細いが、これがあれば安心安全。
 既存で販売されているヘッドランプは、だいたい200ルーメンから300ルーメン。(ルーメンは光束の単位で明るさの基準となるもの)
こちらのBIBLYは400ルーメンで格段に明るい!

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 10
シリコンバンドから取り出すとこのように小さいライトが入っている。

 特徴はシリコンバンドだということ。従来のゴムバンドだとライト本体が防水をうたっていても、ゴムの部分は水や汗を吸ってしまい、雨の日は重くなり、長年使ってくると汚れが目立ってくる。シリコンバンドは水もポロリ、汚れもさっと拭くだけ。メンテナンスが非常にラクだ。また、ライトのプラスチック部分が剥き出しでないので、クッカーやバッグにそのまま入れても割れにくいという点もいい。防水性能はIP67という高基準。大雨でも使ってもなんら問題ない。

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 10
USBタイプAの挿し口が付いていて、あらゆるチャージャーで充電ができる。

 もう一つの特徴が、USBで充電ができるということ。すなわち、ランニングコストがかからない。従来の電池を入れ替えるものだと「キャンプの度に、あっ電池が無い!コンビニに行かなくては。」というのがよくあるパターン。
 PCなどのUSBジャックで約4時間の充電をすると最大105時間の点灯が可能(ローモードの場合)。
 一晩どころか数日間の旅もいけてしまう。Knogの自転車用ライトはスマホのチャージャー機能を持つタイプのものもあり、セットで使えば様々な拡張性があるのもいい。

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 10
頭に付けても重さをほとんど感じないし、とにかくデザインがいい 

 このBIBLYは自転車に乗る時にヘルメットの下に装着しても、シリコンバンドのため相性がいい。ビヨーンと伸ばせばヘルメットの上に付けることも簡単。
 私はキャンプの時はたいていキャップやニット帽を被っているので、その上からでも違和感なく装着できるデザインなのもいい。サイズ調整も後ろのクリップを引っ張るのみ。シリコン素材は伸び縮みするので付け心地も極上だ。
  
 キャンプ時だけでなく、夜間のランニング、トレイルラン、カヤック、フィッシング、夜中に自転車やバイクをメンテナンスする人に最適。
指紋が付きにくいので泥棒にもオススメだ。いや、他人のモノを盗んではいけません。
どうかこの記事が炎上しませんように!

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 10
キャンプの時は両手が使えて便利だ

Knog BIBLY
価格 7986円
4色展開:他にブルー、ベージュ、オレンジがあり
サイズ:高さ 250mm / 幅 150mm(ライト部分)
重量: 90g
最大光量: 400ルーメン
充電時間: 4時間
防水規格: IP67
光のパターン: 14種類の照射モード

問:お問い合わせ ダイアテック 
お問い合わせフォーム  https://form.diatechproducts.com/contact
ホームページ:https://diatechproducts.com/knog/

ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 04
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 03
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 02
ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 01

山下晃和(akikazu yamashita)
  • 本業はファッションモデル(タイクーンエージェンシー)。自転車、バイク、クルマで旅をしながら旅の素晴らしさや旅に最適なアイテムを紹介するトラベルライターとしても活動。地方自治体サイクルマップやWEBで連載ページを持つ。 趣味は、旅行、キャンプ、草野球、オフロードバイク、自転車全般(ロードバイク、MTB、ランドナー、小径車)、トライアスロン、トレイルランニング、登山、パックラフト、サーフィン、スニーカー収集、NEWERAキャップ収集、ウエイトトレーニング、読書、インドカレーの食べ歩き、MLB観戦など。  スポーツトレーナーの資格はNASM-PES、小型船舶一級免許、小型特殊船舶免許、大型自動二輪免許、JCTA認定自転車ツアーガイドなどを持つ資格マニアという一面も。かつて、海外30か国以上を自転車で旅したこともある放浪癖あり。好きなファブリックはキューベン、好きな金属はスカンジウム、好きな筋肉は三角筋。20代の頃は某アウトドアショップでバイトをしていた経験も。
  • http://akikazoo.net