[#091]ショパールが“アルパイン イーグル”の発表会を小田原文化財団 江之浦測候所で開催

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

3枚

大谷石の自然剥離肌の壁面を背景にアルプスの写真とともに「夏至光遥拝100メートルギャラリー」に展示されたアルパイン イーグル コレクション。時計のプレゼンテーションの後、ショパールと一般社団法人バードライフ・インターナショナル東京とのコラボレーションの調印がバードライフ・インターナショナル名誉総裁の高円宮妃久子殿下(右)のお立ち合いの下、同団体の東京代表理事の鈴江恵子氏とショパールジャパン代表取締役のトーマス・ドベリ氏によって執り行われた。

3枚

“清水の舞台”で知られる清水寺本堂などと同じく、釘を一本も使わずに柱と貫で土台を作る檜の懸け造りの上に光学ガラスを敷き詰めた「光学硝子舞台」では鷹匠のパフォーマンスが行われた。

3枚

1980年代から2000年代初めにかけて製造された“サンモリッツ”は数多くのバリエーションを揃え、当時のショパールのアイコニックなコレクションでもあった。サンモリッツはウィンター・スポーツで発展したスイス有数のリゾート地であり、高級スポーツ・ウォッチの名称にふさわしかった。


2月26日にショパールは新作の“アルパイン イーグル”コレクションの日本でのお披露目を小田原で開催した。会場となった小田原文化財団 江之浦測候所は東海道線根府川駅の山の上に位置し、相模湾を望む類稀な景観は古来から受け継がれてきた自然の遺産を感じさせる。ここは写真家であり現代美術家の杉本博司氏が主宰する総合施設で、日本の歴史的な建築様式で建てられたアート・ギャラリーや茶室、庭園、野外舞台、門などで構成され、庭園には近隣で採石された根府川石や小松石などが使われる。杉本氏はこの施設を通して、人と自然の調和で築かれてきた日本文化の精髄の発信を目指すという。

さてアルパイン イーグルは2019年10月に世界的に発表されたショパールのまったく新しいブレスレット・ウォッチのコレクションで、直径42㎜(ラージ)と直径36㎜(スモール)の2サイズがあり、それぞれショパール製自動巻きムーブメントを搭載する。ケースはショパールが独占的に使用するステンレス・スチールの“ショパール ルーセント スティール A223”とエシカルな18Kローズゴールド、そしてスチールと18KRGのコンビネーションが揃う。

ベゼルに見られる8つのスクリュウが特徴だが、このデザインはショパールが1980年代に発表したスポーツ・タイプの“サンモリッツ”に遡ることが出来る。サンモリッツは今日のショパール共同社長のカール-フリードリッヒ・ショイフレ氏が22歳のときに企画した、同ブランド初のスポーツ・タイプの時計であり、ステンレス・スチールを採用した初の時計でもあった。

それから30年以上を経て誕生した“アルパイン イーグル”は、カール-フリードリッヒ・ショイフレ氏の長男で20代のカール-フリッツ・ショイフレ氏がサンモリッツに着想を得て、現代的な解釈を加えたものだった。

“アルパイン イーグル”はショパールの環境への取り組みを反映し、アルプスの美しい景観とその環境に生きる動植物にインスパイアされたコレクションでもある。細部のデザインにその特徴を見ることができる。

ショパールは同コレクションの発表と同時に、“イーグル ウィングス ファウンデーション”を創設し、鷲の視点を通して見たアルプスの美しく、壮大な景観を保護する環境プロジェクトに着手した。2月26日に行われた発表会では、鳥類の生息環境の保護を目的とする国際環境NGOのバードライフ・インターナショナルの日本法人である「バードライフ・インターナショナル東京」とショパールとのコラボレーションの調印式も行われた。今後、ショパールは2019年に新設された基金“BirdLife International Japan Fund for Science”を中心に支援活動を行っていくという。

商品についてのお問い合わせ●ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922


「アルパイン イーグル ラージ」。10気圧防水性能をもつ直径41.0㎜×厚さ9.7㎜のケースに自社製自動巻きのCal.Chopard 01.01-C(31石、毎時2万8800振動、パワーリザーブ約60時間。COSC認定クロノメーター)を搭載。サファイアクリスタル・バック。上はショパール ルーセント スティールA223製。価格161万7000円。下は18Kエシカルローズゴールドとショパール ルーセント スティール A223のコンビネーション。価格247万5000円。

「アルパイン イーグル スモール」。10気圧防性能をもつ直径36.0㎜×厚さ8.4㎜のケースに自社製自動巻きのCal.Chopard 09.01-C(27石、毎時2万5200振動、パワーリザーブ約42時間。COSC認定クロノメーター)を搭載。サファイアクリスタル・バック。上は18Kエシカルローズゴールド製。価格377万3000円。下はベゼルにダイアモンドをセットしたショパール ルーセント スティールA223製。価格180万4000円。