ペヤング専用ホットプレート「焼きペヤングメーカー」で超大盛焼いてみた!!


「LIFE+MARATHON」社名のライソンは造語だ。生活の中で、より快適に、より長く使える製品作りに思いを込めた社名だ。「ライソン発の、世界初をつくる」「100人に1人突き刺さればいい」という“一点突破”な商品を続々作り、日本中を(100人に1人ぐらい)笑顔にする!

 そんなLITHONがカップ焼きそばを、本気で焼いてしまう専用のホットプレートを作ってしまったぞ!!

 本体はいたってシンプルだ。ペヤング超大盛とほぼ同じ大きさの約30.5×21×7.5cm。超大盛麺二つがすっぽり入る大きさだ!もちろん大盛ではなく通常の並盛も調理可。本体から伸びるコードも約1.4m。この長さがちょうどいい。

まずは湯を沸かす!!

 通常820ml(メーカー推薦量)のお湯で調理するペヤング超大盛も、このホットプレートなら300mlで調理ができる。しかも、お湯を入れるのではなく、水からお湯を沸騰させ、そのまま麺を焼くので、ワンオペレーションで焼きそばが食べられるのである。調理時間は10分以内。通常で作るより2~3分(830mlのお湯を沸かす時間含む)早く食べられる時短が嬉しい。

 本体付属の計量キットをプレートに引っかけ、超大盛の300mlラインまで水を入れればOK。スイッチを入れ、ホットプレートから空気の泡がぶくぶくと踊り始めたら、沸騰100℃のサインだ。300mlの水は約3分で調理適温に到達。このプレートはアルミで出来ている。しかもWフッ素樹脂加工だから、熱伝導率と焦げ難さが備わっているのだ。

開封して麺を投入

 100℃に沸騰したお湯のホットプレートに、超大盛麺ふたつを並べ同梱のかやくを投入すること1分。裏面がじわっとふやけてきたら一気に手際よくひっくり返す。

 裏返して1分。かやくのキャベツのいい匂いが漂い出したら、麺をホットプレートいっぱいにほぐし広げる。水分の蒸発を見ながら手早く炒める。パチパチと香ばしい音が鳴り始めたら、ソースを投入するタイミングだ。

ソースをかけて焼きだ!!

 麺全体にソースが絡み合い、ジュージューとソースの焼けるあの音と匂いがカップ麺の領域を超える。まるで鉄板で焼いているような錯覚に陥る。ここまでの調理時間は約6分。青のりを振りかければ完成だ。

 鉄板焼き屋さんの舌も納得させる、完成度の高い焼きペンヤング。五感を使ってカップ麺を焼くという発想。「ライソン発の、世界初をつくる」「100人に1人突き刺さればいい」。LITHONしか作れないホットプレートだ!!

取材協力:旗の台釣り堀店

銭湯をリノベーションした釣り堀店。

※コロナ禍の為営業日要確認。

LITHON焼きペヤングメーカー

製品コード:KDEG-001W
定格電圧:AC100V
定格周波数:50/60Hz
消費電力:750W
温度ヒューズ:240℃
本体サイズ:(外寸)約30.5×21×7.5cm
(プレート内側)約24×16×2.5cm
本体重量:約800g
電源コード:約1.4m
付属品:計量キット
本体プレート:アルミニウム(表面:ダブルフッ素樹脂加工)
実勢価格:2,480円(税込)

LITHON
https://www.lithon.co.jp/

  • 昭和‐平成‐令和とグルメからファッション、ペット(猫専門)まで幅広いジャンルの情報誌を手掛ける。現在は、執筆の傍ら全国地域活性化事業の一環で、観光・地方に眠るお宝(ギアもの)ご当地グルメを全国旅取材する日々。趣味は街ネタ散歩とご当地食べ歩き。自宅は猫様の快適部屋を目指し、日々こつこつ猫部屋を造作中!!