マスクの内側にピッタリくっつく!「くっつくインナー」で感染症&花粉対策

この時期、気を付けなければいけないのは、新型コロナウイルスやインフルエンザだけではありません。そう……花粉です。花粉症の私からすると、さまざまなマスクの中で、一番細菌や花粉を通しにくいとされている不織布マスクをしていても、鼻がムズムズ、喉がかゆい……となってしまうこともしばしば。


「なにかもっと、私を守ってくれるものはないか!?」--そう思っていた矢先、合成繊維などを製造・販売するメーカーの小松マテーレ株式会社から、いいものが新発売されているのを発見! その名も、「くっつくインナー」。割とそのまんまなネーミングですが、これがすごく優秀だったんです……!

「くっつくインナー」(5枚入り・ノーズワイヤー5本付き) 1,100円(税込)

「くっつくインナー」は、マスクの内側にピタリとくっつく機能を持たせたフィルター。生地に接触した特定のウイルスの数を99.9%減少させる光触媒型の抗ウイルス加工素材「エアロテクノ」を搭載していて、私のように「マスクだけじゃ不十分」と感じる方にオススメです。もちろん、ウイルスだけではなく、花粉アレル物質に対しても効果があるとのことで、この時期にはまさに、うってつけの商品なんです。

それだけではないんです。なんと、嫌な口臭を消臭する効果もあり、さらには鼻の形にあわせて調節可能な「ノーズワイヤー」付き。これ、一石二鳥どころじゃありませんよね……! また、1度きりの使い捨てではなく、手洗いで10回までは抗ウイルス機能が続く耐久性があるため、洗って繰り返し使用できちゃうのも、お財布に優しくてうれしいです。

マスクにくっつく秘密は、インナーの片側全面に微細な“引っ掛かり”をつくる特殊加工。これにより、マスクの裏面に重ねて軽く抑えるだけで、マスク生地の表面の繊維にマスクインナーの表面が引っ掛かり、ズレなくなります。不織布マスクのほか、布マスクやウレタンマスクなど、ほとんどのマスクに対応可能。フィルターを入れる内ポケットがないマスクでも、くっつくインナーがあれば、より飛沫カットできますね。


小松マテーレ株式会社
常務取締役 技術開発本部長

小川 直人さん

「くっつくインナー」の前にも、「洗って使えるマスクインナー」という商品を販売しており、こちらも大変好評だったのですが、「快適だが、話しているとずれることがあり、テープで留めるのは面倒。装着するだけでズレないインナーがあればすぐに使いたい。」という医療従事者の生の声をお聞きし、直ちに商品化に取り組みました。試行錯誤の結果、当社にもともとあった繊維表面の加工技術を生かし、表面に「くっつき玉」を備えた「くっつくインナー」の開発に成功。世界初の技術(当社調べ)であり、特許出願中です。

不織布マスクでも一概に飛沫をカットするとは言い切れず、「くっつくインナー」を合わせて使っていただくことで、快適なマスク内環境と抗ウイルスによる安心感をお届けできると期待しております。すべてのマスク着用者に、ぜひこのインナーを使っていただき、安全・快適・安心をご提供できれば幸いです。


ウイルスにも花粉にも効果的な「くっつくインナー」。マスク内に内ポケットがある製品しか使えなかった方は、マスクを選ぶ幅もぐんと広がります。ぜひ試してみてくださいね。

画像提供:小松マテーレ
小松マテーレ公式オンラインストア「ユニリンク」にて販売
「ユニリンク」TOP:https://www.uniform-link.com
「くっつくインナー」販売ページ:https://www.uniform-link.com/item/2397

ヨコシマリンコ
  • フリーランスウェブライター・編集・リサーチャー・インタビュアーなどウェブ周りで生きる女。美容系、レポ系を中心に執筆しているが、趣味はもっぱらマンガやスマホゲーム、グルメや旅行。そのほか、TV放送作家に片足を突っ込んだり、ゲーム配信をしたり、とりあえずやってみる精神で動いている。TV・ラジオ出演経験あり。名古屋出身、東京都在住。
  • https://twitter.com/yokoshimarinko