スノーボードウエアのノウハウを活かした野外活動解決服

TWO FOR ONE/トゥーフォーワン


Sponsored byゴールドウイン

暑い、道具が多い、虫に刺される……夏のアウトドアには問題があれこれ。
そんな夏ならではの課題を、気持ちよく解決してくれるのが「241」のワークウェアだ。タフでクールでそしてヒューマンタッチなプロダクトをご紹介!

実用性・多用途性に富んだかっこいいワークウエア

優れた実用性と高いデザイン性を兼ねたアウトドアウエアブランド「241」を君は知っているだろうか。
 これは90年代初頭からプロスノーボーダーとして本格的に活動を続けるマイク・バシッチ氏が1991年に立ち上げたブランド。国内外を問わず、本物志向のスノーボーダーから圧倒的な支持を得続ける、信頼の厚いウエアブランドなのだ。
 スノーボードの歴史と共に30年の長きにわたって歩み続け、国内外のトップアスリートのオフィシャルサプライヤーとしてウエアを供給し続けてきた「241」。厳しい雪山で培われたそのノウハウを活かし、スノーボードウエアを中心に、いよいよワークウエアの世界に参戦したのが「241」というわけ。
 目的や用途に合わせて、何通りにも活用できる“多用途性”が、プロダクトの大きな特長。ワークウエアに必須であるタフさと機能性はもとより、デイリーウェアに求められるデザイン性も重視しており「着てかっこいい」というのが大きなポイントだ。ただでさえ暑い夏の季節に、ダサいウエアを身につけていい仕事ができようはずもない。
 働く場面はもとより、キャンプなどアウトドアのシーンにおいても「241」は頼れる相棒となることだろう。


炎天下の野外活動の強い味方がコレ!

アウトドアシーンにおいて、暑さは大敵。その解決策が、このベストだ。左右の脇腹付近に2つのファンがついており、気化熱により涼しさを感じられる仕組み。さらに特殊なスぺ―サーも内蔵し、バックパックを背負った状態でも効果が得られる。
肩と腰の部分に見える格子柄は、背中との間に空間を作るためのスペーサー。適度な硬さを持ち、服の中の熱を持った空気をファンがかき回してくれる構造だ。
襟元に取り付けられた調整用の紐で、ベストの内部の気流が好みとなるようコントロール。
肩口に設けられたストラップが、ベスト内外のすき間を調整。気流を閉じ込めたり逃がしたり。
メインファスナーを閉めると、追随して締まるウエストインナーカフを内蔵。気流を閉じ込める。
大きめに作られた右胸ポケットには、大サイズのスマホも楽々入る。ファスナー付きで落下も防止。
左胸には、ペンやサングラス、ドリル用のビットなど長い構造のモノをさしておけるテープが。
ファンを動かすバッテリーのポケットは、邪魔にならないよう衣服の内側に配置されている。

AREA241
AIR CONDITIONING

VEST MB9291

価格4万1800円

トドアシーンにおいて、暑さは大敵。その解決策が、このベストだ。左右の脇腹付近に2つのファンがついており、気化熱により涼しさを感じられる仕組み。さらに特殊なスぺ―サーも内蔵し、バックパックを背負った状態でも効果が得られる。


まるでベストのようなツールバッグ!

8個の機能的なポケットを有し、電気工事士の作業用ベルトを全身にまとったようなイメージ。さまざまな小物はもちろん、インパクトドライバなど重く大きいものまでがっちりホールドしてくれる。長時間使用しても肩に食い込まない広めのストラップ、取り外し可能なボトルホルダーなど、実用性抜群!
右側に設けられた丈夫なストラップは、インパクトドライバの逃げ場として使える。抜き差しも楽チン。
大型ポケット内部にはドリルビットなどを収納できるテープを配置。底の部分には水抜き用の小さな穴が。

AREA241
TOOL BAG MB9292

価格2万2000円

8個の機能的なポケットを有し、電気工事士の作業用ベルトを全身にまとったようなイメージ。さまざまな小物はもちろん、インパクトドライバなど重く大きいものまでがっちりホールドしてくれる。長時間使用しても肩に食い込まない広めのストラップ、取り外し可能なボトルホルダーなど、実用性抜群!


コレぞまさしく着るツールボックス!

大型の内側ポケットにはタブレットや図面など、平たくて大きなものを収納することができる。
右手でスッと開けやすいカーブしたファスナーは、実用的かつデザイン的にもかっこいい!

AREA241
VEST MB1154

価格1万9800円

針やルアーなど小物だらけの釣りに欠かせない、フィッシングベストを思わせるワークベスト。内外に大小計12個もの収納箇所が設けられ、ペンやサングラス、タブレットまで身に付けることができる。ハンマーをかけられるループもついて、キャンプにも最適。


「BIYAJIMA BEE FARM」とのコラボで誕生!

メッシュ越しに刺されることを防止するため肌に密着する部分には生地が当てられている。
口元にはファスナーが配置され、水分補給もスムース。内側からの視界も良好だ。

AREA241
BUG SCREEN
JACKET
MB9294

価格1万3200円

長野県でハチミツを製造・販売する「BIYAJIMA BEE FARM」の代表にして養蜂家の美谷島豪氏とのコラボによって生まれたジャケット。見ての通り、顔面への虫を完全にシャットアウト。蚊やハチなど虫が苦手な人でも、これなら安心してアウトドアを楽しめる。



241とは?

創始者であるマイク・バシッチの創造性!

カリフォルニア州に所有する広大な土地に住み、スノーボード三昧の日々を送るマイク・バシッチ。電気も水道も通っていないこの場所を彼は「エリア241」と名付け、石を積み上げて建てた自宅や移動型モバイルハウス、自家用チェアリフトにソーラー発電システムなど、次々にDIY。「失敗や成功の体験を通じて多くを学べるものづくりのプロセスは、自分が何者かを知る行為に他ならない」と語るマイクの、クリエイティブな哲学を継承したのが「241」なのだ。そこには、アウトドアの全てを知る彼の“イズム”が込められている。

マイク・バシッチ氏 カリフォルニア生まれ。90年代からプロスノーボーダーとして活動を続け、30年以上のキャリアを誇る。


文/小林良介

https://www.goldwin.co.jp/twoforone/
ゴールドウイン カスタマーセンター 0120-307-560