もはや、くら寿司では定番!
“陸上寿司”の雄、「肉寿司」の新作登場

2022.02.19

現在、口の中でとろけるネタを集めた「とろづくし」フェアを開催している「くら寿司」。とろカジキや白子、穴子など、様々なとろける美味しさが楽しめます。あわせて4種類の期間限定「肉寿司」も登場。実は「くら寿司」には、これらの肉寿司を支える存在が。期間限定「肉寿司」とともに紹介します。

お寿司といえば海鮮というのはひと昔前のこと(?)。最近では、海鮮以外のネタを“陸上寿司”と呼び、着実にファンを増やしています。とりわけ幅広い年齢層や、動物系の食材を食べない人も気軽に訪れる回転寿司では、陸上寿司も飛躍的に発展し、種類を増やしています。

「黒毛和牛てんこ盛り」(220円)

今回、期間限定で「くら寿司」に登場した肉寿司は4種類。「黒毛和牛てんこ盛り」(220円)は高級食材の黒毛和牛をふんだんに使った、モリモリの肉寿司。すき焼き風の甘辛味と、黒毛和牛の脂の甘みや旨みが相まって、ボリューム、満足度ともに申し分ない一品です。

「特製たれ使用 大盛りローストビーフ」(220円)

同じく盛りだくさんな“ネタ”が見た目にもインパクトがあるのは「特製たれ使用 大盛りローストビーフ」(220円)。ローストビーフは赤身と脂身のバランスがよく、肉の旨みをしっかり感じられます。甘辛い特製たれとの相性が抜群でシャリともマッチします。

ローストビーフにはわさびを付けても美味しい。

この2種は寿司ネタというより、シャリの上の“肉山”。ネタを半分おつまみにもできそうなボリュームです。

「あぶりペッパーチーズベーコン」(110円)

洋風アレンジの肉寿司では、「あぶりペッパーチーズベーコン」(110円)という、名前だけ聞くと寿司とは思えないものも。ベーコンに特製チーズソースをかけ、表面を炙った香ばしい寿司で、チーズは、チェダー、ゴーダ、カマンベール、マスカルポーネの4種類をブレンドしています。胡椒がアクセントになっていて、シャリとのバランスのよさに驚きます。

「牛すじ軍艦」(110円)

そして、肉寿司の中でもひと際珍しいと思ったのが「牛すじ軍艦」(110円)。牛すじが寿司ネタになるとは。こちらの牛すじは魚介の出汁が隠し味に使われているのがポイント。牛すじも柔らかく煮込まれていて、食べやすくなっています。アクセントに七味をかけるのがおすすめなのだそう。

「くら寿司」の肉専門バイヤー打越幸将さん

肉寿司だけでも、なかなか面白いラインナップですが、この充実のメニューはどうして生まれたのか探ったところ、なんと、「くら寿司」には肉専門バイヤーがいるとのこと。お寿司店なのに、肉専門?ということで、その知られざる存在に話を聞いてみました。

「くら寿司」の肉専門バイヤー打越幸将さんは、大手食肉メーカーに20年以上勤務した経験の持ち主。「くら寿司では、元々、ハンバーグなどの商品を提供していましたが、2005年にイベリコ豚を業界で初めて販売。それから少しずつブランド肉に力を入れるようになりました」(打越さん)。

打越さんのそれまでの人脈やノウハウを生かし、くら寿司ではブランド肉をリーズナブルな価格で提供できるようになったそう。とはいえ、寿司ネタとしての肉の使い方は肉料理とは異なります。「焼きたての温度やジューシーさが美味しさにつながる肉料理と違い、寿司はシャリと一緒に食べるのが大前提です。なので、肉の厚みも重要。厚過ぎず、薄過ぎずを心がけています。シャリとの味のバランスにも気を付けていて、酢の酸味に合うように甘めにしっかりと味付けをしています」(打越さん)

味付けも打越さんが設計。納得するまで何度も試作をして改良していくのだそう。さらに、「ネタは、シャリの大きさよりも必ず大きくなるようにしています。見た目のインパクトでお客様に驚きや感動を抱いていただけるように工夫しています」と打越さん。

これまでいくつもの肉寿司の誕生に関わってきましたが、最も人気なのは「旨だれ牛カルビ」だといいます。そもそも、ファミリー層の利用が多いくら寿司では、肉寿司はどれも人気なのだそう。ちなみに打越さんのお気に入りを伺うと、「どれも自信作ですが、今回のフェアでは『黒毛和牛てんこ盛り』がお気に入りです。みなさんにも高級な黒毛和牛を存分に味わっていただきたいですね」とのこと。

「くら寿司」は全国で500店舗あり、ブランド肉などを大量に調達するのは大変そうです。「産地や部位が特殊なものや、供給量が少ない肉類を調達するのは毎回苦労します。今回でいえば、黒毛和牛や牛すじは特に大変でした。肉好きのみなさんにはぜひ食べ比べていただきたいですね」と打越さん。

開催中の「とろづくし」フェアもぜひ。

肉を愛し、肉とともに歩んできた肉専門バイヤーの打越さんが自信を持って提供する今回の肉寿司は肉好きはもちろん、寿司は海鮮だと思ってこれまで食べたことがなかった人もトライしてみる価値あり。もちろん、開催中の「とろづくし」フェアもあるので、肉と魚の両方の美味しさを味わってみてはいかがでしょうか。

※商品によって、提供期間が異なります。一部商品はなくなり次第終了。

公式サイト: https://www.kurasushi.co.jp/

  • 好奇心旺で、食べることが大好き。新商品や限定品にめっぽう弱く、ジャンルを問わず常に情報を集めてはトライ。地方の食材や調味料も発掘も楽しんでいます。また、北欧、特にフィンランドが大好きで、現地の蚤の市などではヴィンテージハントにハマっています。サウナも好きで週1~2回のサ活中で、フィンランドでは念願のサウナから湖へのダイブを体験。日々、美味しいものを求めながら、北欧雑貨とムーミンに囲まれて暮らしています。