これぞ洋食屋の味!
「東京デミグラス」でオムハヤシを実食

2022.02.12

「東京デミグラス」は郊外型の広々店舗。

とんかつの「かつや」などを運営するアークランドサービスホールディングスの系列会社で、からあげ定食専門店の「からやま」や“伝説のからあげ”で知られる「からあげ縁」を運営するエバーアクションが、昨年末、新たにハヤシライス専門店「東京デミグラス」をオープンさせました。

カウンターや照明などレトロな雰囲気が落ち着きます。

「東京デミグラス」ができたのは埼玉県三郷市。…って、東京じゃないんですね。それはともかく、広い駐車場とゆったりした店内。一人でふらっと訪れても、家族で行ってもいいようなアットーホームな空間。昔ながらの街の洋食店のようなレトロ感もあり、どこか懐かしい飾らない雰囲気です。

「ハヤシソースのボロネーゼ」(869円)

ここで食べられるのはハヤシライスと、デミグラスソースを使ったパスタ「ハヤシソースのボロネーゼ」に、オムライスにデミグラスソースをかけた「オムハヤシ」。トッピングやサラダなどはありますが、ハヤシライス専門店という名の通り、本当にデミグラスソースのお店。

看板メニューは「名物ハヤシライス」(649円)

看板メニューは「名物ハヤシライス」(649円)。手間暇をかけて10日間以上熟成された自家製デミグラスソースにトマトソースを合わせています。絶妙なほろ苦さとほのかな酸味、そしてコクのある本格的な味わい。

もっと甘くて脂で濃厚さを出したハヤシライスも多いですが、「東京デミグラス」のハヤシライスは嫌な甘さがなく、どこか懐かしさを感じます。こだわりのデミグラスソースは、野菜を煮出し、肉を焼き、ワインで煮込むという伝統的製法で作っているそう。甘いハヤシライスが苦手なので、この味はいいですね。ご飯がスルスルと食べられます。ある意味危険。

もう1つ特徴的なのが具材。炒めた牛肉と玉ねぎ、以上。この潔さがソースの持つ味わいを際立たせている気がします。

「ほろほろ肉ハヤシ」(869円)。

このハヤシライスで十分満足できますが、もっとお肉のボリュームをプラスしたいなら、「ほろほろ肉ハヤシ」(869円)がおすすめ。ビーフシチューのようなボリューム感で、ほろほろに煮込んだ牛肉で食べ応え十分。

「トマトハヤシ」(759円)。

さっぱり食べるなら、フレッシュトマトをトッピングした「トマトハヤシ」(759円)をチョイスして。こちらはトマトの酸味がアクセントになって、ハヤシソースのコクを引き立ててくれます。トマトは具材として食べても、箸休め的に食べてもOK。

オーダーを受けてから作るので常にできたてが食べられます。

「チキンライスのオムハヤシ」(869円)

もう1つ注目のメニューは「チキンライスのオムハヤシ」(869円)。とろとろ卵とハヤシソースの相性は言うまでもありません。そして、オムレツの中身がチキンライスというのがニクイ。大人のお子様ランチ的な組み合わせですよね。こちらも「ほろほろ肉オムハヤシ」(1,089円)と「トマトオムハヤシ」(979円)があるので、さらなるパワーアップも可能。このシンプルな組み合わせが「東京デミグラス」の強み。メニューを絞ることで、手間暇かかる本格的なデミグラスソースをリーズナブルかつ、素早く提供できるというわけ。

好きなトッピングをプラスしてアレンジできます。

そして、トッピングとして「チキンカツ」(99円)や「ビーフメンチカツ」(165円)など選べるおかず群が控えているので、好みのカスタマイズハヤシライスを完成させることができます。サラダやスープ、ドリンク、デザートなどをプラスするのもアリ。この“選べる”というのもワクワクしますね。

実際に食べてみて…

トッピングにエビフライ、サラダとスープを付けて豪華版に。

ということで、今回いただいたのは、「チキンライスのオムハヤシ」に「エビフライ」(132円)、サラダ(209円)と日替わりスープ(165円)のオリジナルセット。なかなかの豪華な内容です。まず、ハヤシソースだけ食べてみると、デミグラスソースにワインを使っているからか、煮詰めた時に感じるほのかな苦味のようなコク深さがあり、複雑な味わい。洋食店のような、甘すぎないのが美味しいですね。オムライスはチキンライスを包んでいるので、それだけ食べても十分美味しいのですが、ハヤシソースの味とのコントラストでパクパクと食べ進められます。味としてはかなり好みなのですが、個人的に若干ボリュームがありました。トッピングがなくてもおなかいっぱいになります。ただ、このハヤシソース、エビフライをディップしても美味しいんです。これはやってみてもいいと思います。

チキンライスと卵、ハヤシソースの組み合わせがいい。

本格的なデミグラスソースを使ったハヤシライスを気軽に、リーズナブルに、そして早く食べられるのが「東京デミグラス」。仕事の合間のサクッとランチでも、だれかと一緒にゆっくり食事をするのでも、いろいろな時間の過ごし方ができる専門店。テイクアウトもできるので、自宅で味わうのもいいですね。ぜひ一度、その味を体験してみてください。


東京デミグラス 三郷中央店
住所:埼玉県三郷市中央5-1-7
電話:048-951-2993
営業時間10:30~23:00(LO.22:30)※


  • 好奇心旺で、食べることが大好き。新商品や限定品にめっぽう弱く、ジャンルを問わず常に情報を集めてはトライ。地方の食材や調味料も発掘も楽しんでいます。また、北欧、特にフィンランドが大好きで、現地の蚤の市などではヴィンテージハントにハマっています。サウナも好きで週1~2回のサ活中で、フィンランドでは念願のサウナから湖へのダイブを体験。日々、美味しいものを求めながら、北欧雑貨とムーミンに囲まれて暮らしています。