Apple新製品発表会開催、iPhone 13ほか多数の新製品が登場


 9月15日、Apple新製品発表会が開催され、新型のiPhone 13ほか、多数製品が発表されたので、速報で紹介していこう。

A13 Bionic搭載の10.2型iPad

 最も手軽に購入できるiPadとなる新型の10.2型iPad。iPhone 11で初搭載されたA13 Bionicを搭載し処理能力が向上。12MPの超広角フロントカメラは、人物を常にフレームの中心から外れないように調整する新機能「センターフレーム」に対応する。Wi-Fi版のほか、セルラーモデル(LTE)も用意される。色はシルバーとスペースグレイの2色。9月24日発売。


iPad Wi-Fiモデル 64GB:3万9800円 256GB:5万7800円
iPad セルラーモデル 64GB:5万6800円 256GB:7万4800円

A15 Bionic搭載、iPad Air/Proと
同じデザインになった8.3型iPad mini

 iPad ProやiPad Airと同じオールスクリーンデザインとなった新型iPad mini。オールスクリーンデザインとなったことで画面サイズが8.3型へと大きくなった。iPhone 13と同じA15 Bionicを搭載し、5Gに対応するほか、Apple Pencil(第2世代)対応など大きく進化した。色はスペースグレイ、ピンク、パープル、スターライトの4色。

 フロントカメラは12MPの超広角フロントカメラ(センターフレーム対応)、背面にも12MPの広角カメラを搭載。TrueToneフラッシュを搭載するので、暗い場所でも写真を明るく撮影可能だ。さらに特筆すべきなのが、Lightningコネクタが廃止され、USB-Cが新たに採用されたこと。充電ケーブルがMacBookなどと共通化できるほか、iPad Proなどと同じくUSB対応アクセサリを使用できるようになったのは嬉しい改良だ。9月24日発売。

iPad mini Wi-Fiモデル 64GB:5万9800円 256GB:7万7800円
iPad miniセルラーモデル 64GB:7万7800円 256GB:9万5800円

前モデルから20%ディスプレイが拡大した
Apple Watch Series 7

 Apple Watchは前モデルからディスプレイが20%拡大した。これにあわせてシステム全体でボタンのデザインを一新、よりタップしやすくなった。ガラスも最も頑丈になり、Apple Watch史上最も割れにくくなっている。防水性能のほか、新たに防塵性能も追加。なお、画面は大きくなったが、旧モデルの全バンドが使用可能なので安心してほしい。

 バッテリーライフは前モデルと同じく18時間だが、充電システムを新設計。高速充電対応のUSB-Cケーブルにより、45分で0→80%まで充電が可能。8分の充電で8時間の睡眠を記録できる。入浴中の充電で寝ている間分のバッテリーが確保できるというのは健康志向のユーザーにとって非常にありがたい。発売は今秋を予定している。

機械式手振れセンサーを搭載する
iPhone 13/13 mini

 デザインはキープコンセプトだが、中身はかなり進化したiPhone 13/13 mini。iPhone 13 は6.1型、iPhone 13 miniは5.4型ディスプレイを搭載する。チップセットはA15 Bionicへと進化し、あらゆるスマホの中で最速の処理性能を獲得。前モデルとの比較はなかったが、他社製品と比べて50%と高速なCPU、30%高速なGPUとAppleはアピールする。

 カメラも進化しており、iPhone 12 Pro MAXで搭載されたセンサーシフト式の手振れ補正機能が広角カメラに搭載されるほか、画素ピッチが1.7μmと大きくなった新センサーを採用し、前モデルより47%も多くの光を拾えるようになった。これによりノイズが減り、ナイトモード撮影の性能も向上した。超広角カメラの性能も上がっている。

 動画撮影の機能も進化しており、人物の目線に合わせてフォーカスの位置が自動で切り替わる機能を搭載。これは性能が向上したA15 Bionicのおかげだとする。バッテリーライフも向上し、13は12より2.5時間、13 miniは12 miniよち1.5時間長くなった。色はピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、プロダクトレッドの5色。9月24日発売。

iPhone 13 mini 128GB:8万6800円 256GB:9万8800円 512GB:12万2800円
iPhone 13 128GB:9万8800円 256GB:11万0800円 512GB:13万4800円

iPhone史上最高のカメラを搭載する
iPhone 13 Pro/13 Pro MAX

 iPhone 13 Pro/13 Pro MAXも順当に進化した。13 Proは6.1型、13 Pro MAXは6.7型の有機ELディスプレイを搭載する。これは新型Super Retina XDRディスプレイと呼ばれ、10~120Hzの可変リフレッシュレートとなる。明るさも25%アップし、最大1200ニトとなった。

 A15 Bionicを搭載して処理能力が高くなったのはもちろん、カメラも進化。77mm、3倍ズームの望遠カメラ、画素ピッチ1.9μmの大型センサーを搭載し最小2cmのマクロ撮影にも対応する広角カメラ、より明るいレンズになった超広角カメラを搭載する(すべて12MP)。望遠を含めてすべてのカメラにナイトモードが搭載された。

動画撮影能力も進化。撮影後に被写界深度を編集できる機能のほか、色の忠実性が高い、最大30フレーム/秒の「ProRes」規格での撮影にも対応している。

 色はシエラブルー、シルバー、ゴールド、グラファイトの4色。新たに1TBモデルも追加された。9月24日発売。

iPhone 13 Pro 128GB:12万2800円 256GB:13万4800円 512GB:15万8800円 1TB:18万2800円
iPhone 13 Pro MAX 128GB:13万4800円 256GB:14万6800円 512GB:17万0800円 1TB:19万4800円
コヤマタカヒロ
  • デジタルガジェット&家電ライター。大学在学中に男性ファッション誌でライターデビューした後、PCやデジタルガジェット、白物家電を専門分野として執筆活動を展開。家電のテストと撮影のための空間、家電スタジオ「コヤマキッチン」を用意。米・食味鑑定士の資格を所有。モノ系以外にビジネス記事やインタビューなども手掛ける。執筆以外に企業のコンサルティングやアドバイザーなども。
  • https://community.camp-fire.jp/projects/view/208602