クルマで運ぶから寿司が崩れない!『スシロー』×『PickGo』受取りサービス【前編】

長い巣篭もり生活で日頃からお世話になっている人も多いだろう、フードデリバリーサービス。今後もますます広がりそうなニーズに応えるべく新サービスが続々登場しているが、ぜひ一度利用してほしいのが「スシロー」の寿司をクルマで配達してもらえる「PickGo(ピックゴー)」の受取りサービスだ。自転車やバイクではなく4輪のクルマでデリバリーしてもらえるため、数人前の大皿寿司もカタチが崩れることなく手元に届くのがミソ。ときにはデリバリーで頼んだフードがいざ、袋を開けてみたら商品がグチャグチャだった……なんてこともあるようだが、クルマ移送の「PickGo」なら心配なし。「スシロー」の寿司を1皿からでも注文できる気軽さもウリだ。

「PickGo」は荷主と配送パートナーや実運送会社をダイレクトに繋ぐことで、不要な中間コストや手間を徹底的に削減した、配送のマッチングプラットフォーム。「送りたい」と「届けたい」をロスなく合理的に繋げているが、昨年4月の1度目の緊急事態宣言下では一般生活者向けにプロの配達ドライバーによる買い物代行サービスをスタート。”ステイホーム”に対応するサービスとして好評を得て、今年に入ってから荷主が注文した商品の受け取りサービスを展開している。スシローと連携した『スシロー』×『PickGo』受取りサービスもその1つだ。専用の「PickGo」アプリを使って情報登録しておくと、スシローの商品注文から「PickGo」への配送依頼まで簡単な3ステップでスマート注文できるのも便利。思いついたら、いつでもどこでもスシローの寿司をデリバリーしてもらえる。

『スシロー』×『PickGo』受取りサービスの対象店舗は東京・14店舗、大阪・18店舗、神奈川・11店舗の計43店舗。気になる利用料金は、店内飲食と同額の商品代に配送料金+サービス手数料5%。配送料金は5月31日までなら550円/2km〜で、店舗から届け先までの半径11km圏内のデリバリーに対応している。配送は距離計算が基本なので、同距離でクルマに積載できる量であれば、1度に大量に寿司を頼んでも配送料金は同じ。一度に量を頼めば頼むほどお得というわけだ。

今後、スシローの連携店舗も拡大していく予定。「PickGo」を運営するCBcloudの担当者は「引き続き、外出による感染リスクを減らすことが必要な中、当社ができる新しい取り組みとして受取りサービスを開始しました。今後も法人から個人までの全ての方の”届けてほしい”というニーズにお応えできるよう、よりサービスの拡充を図っていきたいと思います」と話している。

というわけで、実際に『スシロー』×『PickGo』受取りサービスを利用してみることにする。詳細は後編にて。


『スシロー』×『PickGo』受取りサービス
PickGo(ピックゴー)
https://pickgo.town/pickup/


下川冬樹(fuyuki shimokawa)
  • 80’sをこよなく愛するグラサン男。モノづくりやライフスタイルに強いこだわりを持つ人々の熱血応援サポーター。みなさんの熱いハートと想いを写真と文でほどよくゆるくお届けします!