となりの気になるモビリティ[eXs1・eXs2]


乗り物の世界も時代とともに変わり、最近、街中で電動アシスト自転車以外の電動モビリティの姿も見かけるようになった。欧米では認知度が高く、公共交通機関に乗るまでもないが、歩くには少し遠く感じる、いわゆるワンマイルと呼ばれる距離の移動をスムーズかつ快適にしてくれる電動マイクロモビリティ。今後、交通インフラや道路交通法の整備が進めば、日本でも普及する可能性を秘めた乗り物。ということで今回は、その中でもポピュラー&お手軽なキックボードタイプのモデル、株式会社カスタムジャパンの「eXs1・eXs2」を実際に街で試乗してみた。

メインとなる活用シーンでのモデル選びがポイントに!


 クルマやバイク等のモーターパーツの販売事業をメインとしている会社、株式会社カスタムジャパンが新たに次世代モビリティ事業として立ち上げたのがこの電動キックボードのブランド「eXs(エクス)」シリーズ。目指すところは、ラストワンマイルの快適な移動や駐輪場問題の解決、そしてマイクロツーリズムでの活用。展開するモデルは、軽量で扱いやすく、シティユースをメインにしたスタンダードなeXs1と街乗りだけでなく、休日のアクティビティとしても活用可能な未舗装路の走行も可能としたeXs2の2種類で、いずれもバイクパーツの開発で得たノウハウがフィードバックされている。もちろん、今回はその2種類のモデルを実際に街等で試乗、その違いを体感してみた。

 スタリングはどちらもボードに足を前後にして載せ、ハンドルと体重移動で曲がるキックボードタイプ。違いは多々あるも、大きな違いはそのサイズと装備、そしてモーター&バッテリー。eXs1はスリムでコンパクト、車重も13.5kgと一般的なママチャリよりも軽く、女性でも普通に持ち上げることが可能。一方、eXs2はeXs1よりもひと回り大柄で、重量も23.5kgとなり、感覚で言うと電動ママチャリより若干軽い感じで、持ち上げる際には少々力がいる。

 主な装備としては、eXs1は、スマートなメーターに8.5インチのロードタイヤ、リヤサスペンションにリヤディスクブレーキ、そしてLEDの灯火類。一方、eXs2は、小型の液晶メーターに10インチのブロックタイヤ、前後のサスペンション&ディスクブレーキ、そしてLEDの灯火類&サイドランプとなっている。操作はシンプルで、軽く地面を蹴って勢いをつけ、ハンドルに装備されるアクセルレバーを押し下げると加速。メーターに備える走行モード(eXs1は2段階、eXs2は3段階)ボタンの切り替えることで、モーターのパワーや最高速度が変わってくる。

 その走りや乗り心地はいかほどか、実際に街で使ってみた。参考までに私の体格は身長172cmで体重は65kg。まずはeXs1から。乗ってみるとeXs1はハンドル高は固定となるが、窮屈感はない。自宅から駅までの往復を試乗した。走り出しはマイルドで加速は割とゆっくり、フラットな道を時速約20kmで走行してみる。数値的には遅く思えるが、立ち乗りによる視点の高さもあって数値よりも体感速度は速く感じる。その走りは爽快というよりはスムーズ。ブレーキもよく効き、速度域も相まって、安心感は高い。ただ、ハンドリングがクイックなので曲がる際は気をつけなければならず、また公道を走る際、低速走行&急な加速も不可なため、他の車両との間隔も十分にとったほうが良いと感じた。

 次いでeXs2に試乗。こちらはハンドル高を変えることができ、身長や好みのポジションが取れるのが嬉しい。スタートはモードによって大きく異なるも全体的にeXs1よりも力強い。近所の畦道やちょっとしたトレイルで乗ってみたが、最強モードで時速30kmまでスムーズに加速する力強い走りは爽快で、一般的な坂道もストレスなく、グイグイと上ってくれる。重量感は車重はあるが、それが走りの安定感に繋がっているのも感じられた。さらにブロックタイヤの装着で、トレイルライドも気軽に楽しめるのも良かった。乗って改めて分かったが、確かにeXs1はちょっとした街乗りの移動やフラットな道をのんびり楽しみたい人向けで、eXs2は電動キックボードを幅広くかつアクティブに使いたい人向け。まだ世間の認知度は低いが、どちらもお手軽で省スペース、そしてエコな新たな時代の移動手段として、上手く活用してみる価値のあるモビリティ。興味のある人は是非一度試してみることをおすすめしたい。

スペック


[eXs1]

全長×
全幅(ハンドル幅)×
全高(ミラー含む)
 1080×430×1310(mm)
折り畳み時サイズ全長×
全幅(ハンドル幅)×
全高(ミラー含む)
 1080×430×480(mm)
乗車定員 1名(最大荷重120kg)
車両重量 13.5kg
電池 リチウムイオンバッテリー
 36V 7.5AH
充電時間 3-5時間
定格出力 350w
走行距離 満充電で18〜25km
価格 43,890円
*4月末出荷モデルよりウインカー付に変更される

[eXs2]

全長×
全幅(ハンドル幅)×
全高(ミラー含む)
 1200×600×1160(mm)
折り畳み時サイズ全長×
全幅(ハンドル幅)×
全高(ミラー含む)
 1200×600×390(mm)
乗車定員 1名(最大荷重120kg)
車両重量 23.5kg
電池 リチウムイオンバッテリー
 48V 12.5AH
充電時間 5-7時間
定格出力 500w
走行距離 満充電で35〜40km
価格 76,890円
*公道を走る際はナンバーの取得とヘルメットの着用が必須

問:株式会社カスタムジャパン
TEL.06-6634-1739 
https://www.customjapan.net/shop/default.aspx


安室淳一(junichi yasumuro)
  • クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。以降、乗物を中心として、雑誌、Web、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。車両だけでなく、それらに関連するギアやファッションの紹介や遊び方&使い方等の提案も行う。