質実剛健をこよなく愛する人に

 今までそのジャンルとは無縁だったブランドも参戦するなど世界的なSUVブーム。昨今熱い戦場となっているのがコンパクトカテゴリーだ。最近ではトヨタのヤリスクロスや日産キックス、キャデラックのXT4、ホンダのヴェゼルのモデルチェンジなど話題は尽きない。
 そんな熱いカテゴリーで全世界真面目クルマ大賞や質実剛健をこよなく愛する会などにノミーネート、あるいは推薦したいクルマがここで紹介するVWのコンパクト SUV、Tクロスだ。

Tクロス TSI 1st
Tクロス TSI 1st

Tクロスのデビューは2019年。プラットフォームはVWのMQB。早い話が新世代のFF用、FFベースの4WD用の骨格を使ったモデルでベースは同ブランドのコンパクトカー、ポロになる。ボディサイズは比較されがちなヤリスクロスよりも短い4115mm。全幅こそ1700mmを超えてしまうので3ナンバー扱いになるが、現代の新型車水準で考えるならば十分コンパクトな分類になるはず。カローラセダンでさえ3ナンバーのご時世なのだ。

Tクロス TSI 1st

 ドアノブに手をかけた瞬間から、あぁドイツ車だ、と思わせてくれるドアの開閉音はプライスレスな魅力。この重厚感はドライバーが感じるボディの剛性感につながるし、固いボディすなわち安全面での優位性も感じさせてくれるモノ。
 室内も本革盛り沢山でウィールナットやカーボンをふんだんに使ってます的な華美さはない。むしろシンプル。そこがまたいい。シートはファブリックだし室内のプラスチックパーツは高品質感はあるが安っぽく見えなくもない。70年代、80年代のフォルクスワーゲンを知っている方しか伝わりにくいかもしれないがどこか懐かしい、そんな室内の雰囲気だ。とはいってもそこは最新のクルマ、常時オンライン化を実現したディスカバーメディアと新モバイルオンラインサービスのWe Connect(ウィーコネクト)を搭載。専用のアプリでナビの更新や目的地をクルマと共有、車両情報の確認からドアロックの開閉などいろいろできてしまうのだ。

Tクロス TSI 1st

さて、いよいよ走り出すと想像以上の力強さを披露してくれる。それはあらかじめエンジンが999ccの直3ターボ、116PSと知っていてもいなくても、だ。SUVの重そうなイデタチから受けるドンくさい印象はもはや皆無。

Tクロス TSI 1st

組み合わされる7速DSGも相性抜群。CVT並なスムーズな加速を披露してくれる。その気になってもMTモードがあり、こちらも楽しい。乗り味はやはりドイツ車。硬めの乗り味をベースにロールやピッチングをうまく処理する。乗り手は固い乗り心地だけれどしっかり感を楽しめる。真面目なクルマなのだ。室内の静粛性と広さも充分以上。
 販売好調な国産コンパクトSUVでも300万円超えのプライスを掲げるクルマは多いが、こんな真面目なクルマも面白いはず。

Tクロス TSI 1st
価格301万9000円
●全長×全幅×全高:4115×1760×1580(mm)●エンジン:直列3気筒DOHCターボ●最高出力116PS:5000~5500/rpm●最大トルク:200N・m/2000~3500rpm●燃費WLTCモード燃費:16.9km/L

VW https://www.volkswagen.co.jp/ja.html
問フォルクスワーゲンカスタマーセンター 0120-993-199

海野大介(daisuke unno)
  • 自動車ライター。専門誌を経て明日をも知れぬフリーランスに転身。華麗な転身のはずが気がつけば加齢な転身で絶えず背水の陣な日々を送る。国内A級ライセンスや1級小型船舶操縦士と遊び以外にほぼ使わない資格保持者。