【モノ・コンビニ】チャレンジ精神旺盛!「もちもちチーズまる」開発秘話・後編

チャレンジ精神旺盛!「もちもちチーズまる」開発秘話・後編

大ブレークの予感漂うローソンの新カウンターフーズ「もちもちチーズまる」の開発秘話・後編。ここではローソンならではのモノづくりと、今後のライフスタイへの提案を商品開発担当のローソン商品コンセプト開発部・内田恵美さんにうかがいます。

前回の「もちもちチーズまる」中ダネの秘密はコチラ

mono:お客さんの想定外の食べ方や使い方はありましたか?

内田:キャンプで網で炙って食べている方がいらしたりとか。さすがにアウトドアまでは想定していませんでしたが、それも常温で販売する「もちもちチーズまる」の良さでもありますね。あとはおかずという使い方。おつまみの延長線上としておかずとなるわけですが、「もちもちチーズまる」を食卓の場にも並べていただけるのは意外でしたね。たしかに、時間が経ってももう一度温めて好きなタイミングで美味しく食べることができますから。そのままでも食べられますが、食べる前に軽くレンジアップして温めるとよりもちもちとしてきますので、オススメです。

mono:商品名からするとよりチーズ感を強調した味があっても良いように感じますが……。

内田:もちろん、開発の過程でよりチーズ感を楽しめる味も検討しましたが、ブルーチーズを入れるかというとそうではないと思います。ただ、今回の商品についてはそれくらいクセのあるチーズを入れないとチーズ感を強調することができませんでした。クワトロチーズなども考えましたが、やはり総合的に今回の2品を超えるものはできなかったということ。チーズ感にこだわりすぎず、明太やベーコンのように、食べていく時に味のアクセントになるものがあることで、美味しさが表現できているのではないかと思います。

mono:今後、味のラインアップは増えますか?

内田:まだ発売したばかりなので、まずは今回の2品でしばらく展開し今後、数量限定とかスポット的な新フレーバーの投入を考えています。まずは「もちもちチーズまる」を定番化できるよう育てていきたいですね。

チャレンジ精神旺盛!「もちもちチーズまる」開発秘話・後編
チャレンジ精神旺盛!「もちもちチーズまる」開発秘話・後編

mono:いずれは「からあげクン」超えですか!?

内田:そうですね、「からあげクン」のライバルになれたらいいですね。今回は「からあげクン」サイズで4個入りとしていますが、1口サイズでパッケージや手をよごさずに食べられるという「からあげクン」の良さはそのまま活用しました。

mono:ただ、「からあげクン」は同じ値段で5個入りですよね!?

内田:そこはお客さまの反応を見て、必要があれば改良はしていきますが、4個でも結構食べ応えがあるのです。あまりボリュームがありすぎて飽きてしまうのも本末転倒なので、その辺りを踏まえた適量であると考えます。

チャレンジ精神旺盛!「もちもちチーズまる」開発秘話・後編

mono:内田さんが所属する商品コンセプト開発部とはどのような部署なのでしょうか?

内田:商品のコンセプトも実際の商品の開発も行う、1年前に発足した新しい部署で、デザート、あるいはベーカリーなど、ローソンが注力しているカテゴリーについて、今後の核となる商品の開発を目指していくチームです。

mono:最後にローソンのモノづくりの特長を教えてください。

内田:いろいろありますが、一言でいえばチャレンジ精神でしょうか。あまり、これはダメとか、こうでなければならないというのが、前々からなかったような気がします。何かをやろうと提案して頭から否定されることはまずないですね。もちろん、調査をして誰も見向きもしないようなモノではダメですが……。社内でこの商品は売れそうだね、というモノに関しては比較的時間がかかっても長い目で見てくれる傾向にあります。これはカウンターフーズに限りませんが、発売して瞬間的に売れたとしても、その後長く愛される商品に育てるのは非常にむずかしいものです。ローソン全体で見ても年間に何百アイテムの新商品を出しても、それが定番商品として定着するのはほんの1%程度。ですが、「もちもちチーズまる」はパッケージにも新しいキャラクターもつけましたし、個人的には定番化を見据えてこれからもどんどん力を入れていきたいと考えています。

チャレンジ精神旺盛!「もちもちチーズまる」開発秘話・後編
チャレンジ精神旺盛!「もちもちチーズまる」開発秘話・後編

ローソン・商品コンセプト開発部
内田恵美さん
これまでにFF、サラダ、サンドイッチ、ワンハンドスナック、日用品、化粧品と幅広いカテゴリで商品開発を担当してきた、ローソンのモノづくりを知り尽くす大ベテラン。

もちもちチーズまる
価格216円(4個入り)、明太マヨ/燻製ベーコンの2種類
https://www.lawson.co.jp/lab/tsuushin/art/1423126_4659.html

  • 80’sをこよなく愛するグラサン男。モノづくりやライフスタイルに強いこだわりを持つ人々の熱血応援サポーター。みなさんの熱いハートと想いを写真と文でほどよくゆるくお届けします!