編集長のイチオシ!
【特集:壱万円番付】本物志向の8球勝負

モノマガ最新号からトピック記事をピックアップ!


意外と知らないボールのお値段、1万円で何が買える?

スポーツ好きならカテゴリー問わず観戦しちゃういろいろな球技。でも、そこで使われるボールのお値段なんて考えたこともない……ってことで、ここでは1万円前後で買える8球を紹介。これって高い? それとも安い?

その気にさせてくれるNBAのロゴマーク

ウイルソン
NBAバスケットボール オーセンティック・インドア7号球
価格8448円

ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)の2021-2022シーズンから38年ぶりに公式球として採用されることになったウイルソン。NBAオフィシャルゲームボールのレプリカモデルである人工皮革製のインドア7号球は内部にマイクロファイバー素材を使用することで、より柔らかなフィーリングを実現。

(問)アメア スポーツ ジャパン ☎03-6831-2711


アラビア語で旅を意味するアル・リフラ

アディダス
アル・リフラ
コンペティション
価格8800円

11月20日に開幕するFIFAワールドカップ?・カタール大会。その公式試合球である“アル・リフラ”はカタールの国旗・文化・建築物から着想を得たデザインとアディダス独自の5角6角合計32パネル×サーマルボンディング製法、熱接合技術による縫い目のない表皮構造が特長。全29種類に及ぶラインナップのうち、1万円にもっとも近いモデルがこちらのコンペティション5号球となる。

(問)アディダス お客様窓口 ☎0570-033-033


国際バレーボール連盟が公認する唯一の公式試合球

ミカサ
V200W 国際公認球 検定球5号
価格1万1000円

創業100年を超える長い歴史と確かな信頼を誇るミカサのV200Wはオリンピックなどの国際試合に使われる国際公認球。空力特性の向上によって飛行曲線を安定化させ、ディンプルシボと微細なシボ2種類のマルチパターン構造を採用した表皮もトップレベルのボールコントロールを実現。手が汗で濡れていても滑りにくい特殊なナノテク加工も施される。

(問)ミカサ ☎082-810-3910


全日本軟式野球連盟公認の次世代ボール

ナガセケンコー
ケンコーボールM号(M)1ダース
価格8844円

軟式野球やソフトテニスの公認球の製造・販売を行うナガセケンコーは、80年以上の歴史を誇る国内シェアトップクラスのメーカー。現在4社のボールが全日本軟式野球連盟の公認を受けているが、ケンコーボールM号(M)はそのうちのひとつで2016年に発表されたA号(一般向け)とB号(中学生)を統合した新規格に合わせ、2017年に発売を開始した次世代ボールだ。

(問)ナガセケンコー ☎03-3614-3501


毎夏の熱戦を影で支えるミズノの高校試合球

ミズノ
硬式用/ビクトリー高校試合球(1ダース)
価格1万3992円

写真の高校用をはじめ、大学・社会人・プロ野球の硬式球を発売するミズノ。1913年に野球ボールの製造を開始、1916年に独自のテストでバウンド基準を統一。その規格とは4m12㎝(当時のミズノ店舗の2階)の高さから自然落下させ、1m40~45㎝(ミズノ創業者 水野利八の目の高さ)までバウンドするものというユニークなものだった。

(問)ミズノ お客様相談センター 0120-320-799


国際ハンドボール連盟唯一の公式試合球!

モルテン/ヌエバX5000
価格9240円

競技用ボールとスポーツエキップメントを手がけるモルテンが販売する国際ハンドボール連盟の公式試合球。ボールコントロールに最適な手触りの人工皮革を採用してつかみやすさを徹底追求した同社製ハンドボールの最上位モデルとして、国内外の大会で使用されている。

(問)モルテン   sptoiawase@molten.co.jp


マイボールを持つならこのボールから!

ABS/LA VIE(ラヴィ)
価格1万2100円

手頃な価格で購入できるポリエステル素材を使ったボウリング用ボール。そのため、全国各地のボウリング場での取り扱いも多く、ビギナー用として人気を集めている。価格4~5万円のハイパフォーマンスボールと比べて表面硬度が80度前後と硬く、マイボウラーの間ではスペアボールとしても重宝されている。重量はカラーによって異なるが、6~16ポンドが設定されている。

(問)アメリカン ボウリング サービス ☎03-5718-7111


球技用のボールじゃないけれど…
10㎏のメディシンボールで超ハードな刺激を手に入れろ!

BODYMAKER
メディシンボール
10㎏
価格1万780円

トレーニング用品・格闘用品・トレーニングウエアなどの製造と販売を行う日本発のスポーツブランドであり、格闘技界で絶大な人気を誇る皇治選手が愛用するメーカーとしても知られるBODYMAKER(ボディメーカー)。ここで紹介するメディシンボールは、10㎏のウエイトがハードな刺激を与えるプロ仕様の重量モデル。使い込むほど馴染んでくる合成皮革に、ブランド名を示すイエローの“Bロゴ”がワンポイントアクセントとなっている。
トレーニング用品・格闘用品・トレーニングウエアなどの製造と販売を行う日本発のスポーツブランドであり、格闘技界で絶大な人気を誇る皇治選手が愛用するメーカーとしても知られるBODYMAKER(ボディメーカー)。ここで紹介するメディシンボールは、10㎏のウエイトがハードな刺激を与えるプロ仕様の重量モデル。使い込むほど馴染んでくる合成皮革に、ブランド名を示すイエローの“Bロゴ”がワンポイントアクセントとなっている。

(問) BODYMAKER https://www.bodymaker.jp/

写真/熊谷義久 文/モノ・マガジン編集部

『壱万円番付』を含む最新号は絶賛発売中です!

本企画を含むモノ・マガジン 10-2号 壱万円番付 は、書店、コンビニ、オンラインで絶賛発売中。モノ・マガジン公式オンラインストア https://m­onoshop.biz でもお求めいただけます。オススメ!

  • モノ・マガジン&モノ・マガジンWEB編集長。 1970年生まれ。日本おもちゃ大賞審査員。バイク遍歴とかオーディオ遍歴とか書いてくと大変なことになるので割愛。昭和の団地好き。好きなバンドはイエローマジックオーケストラとグラスバレー。好きな映画は『1999年の夏休み』。WEB同様、モノ・マガジン編集部が日々更新しているFacebook記事も、シェア、いいね!をお願いします。@monomagazine1982 でみつけてね!