【モノ・マガジンTV】
ツーCAR・TALK!
第1回:話題の電気自動車、日産SAKURAを試乗する 前編


元F1メカニックの津川哲夫さんとモノ・マガジン編集部の加藤文晶さん。この津川(ツー)と加藤(カー)が、ツーカーの間合いでするクルマ談義です。今回は話題の電気自動車、日産SAKURAを試乗します。内容は「ヨーロッパでも流行っている小型車、これは日本のメーカーの得意中の得意」「SAKURAは軽自動車ベースで作られたEVカー」「これぞ日産としか言いようがない斬新なマスク」「ラジエーターがないので、マスクは作りたいようにデザインできる」「全体のイメージに合った水引をイメージしたホイールデザイン」「ホイールは15インチで扁平タイヤを使用しているので、見た目のバランスが良く、軽自動車を感じさせない」「軽自動車のクラスから高級感のある方向へ一歩踏み出しているのでは」「カクカクしていない、スムーズなラジアスが多用され、軽自動車の範疇でありながらゆったりと作られているように見えるデザインがされている」「バンパー付けず、リアゲートのディスタンスを短くすることで、荷物の出し入れが楽に」「バンパーが無くとも、十分にショック吸収できる構造で、安全上もクリア」です。ご覧あれ!

津川哲夫(tetsuo tsugawa)

 1949年生まれ、東京都出身。1976年に日本初開催となった富士スピードウェイでのF1を観戦。そして、F1メカニックを志し、単身渡英。
 1978年にはサーティーズのメカニックとなり、以後数々のチームを渡り歩いた。ベネトン在籍時代の1990年をもってF1メカニックを引退。日本人F1メカニックのパイオニアとして道を切り開いた。

加藤文晶(fumiaki kato)

タイヤが付いているモノなら何でも大好きな1971年12月生まれのアラフィフ男子。チューニングカー雑誌、RCカー専門誌の編集者を経て、現在はモノ・マガジン編集部に在籍。本誌ではクルマ、オートバイ、模型ホビーの特集を担当することが多い。