ファッションモデル山下晃和の偏愛モノ図鑑 06

モコモコのダウンよりも薄く、軽く、暖かい、究極の冬ダウン!

ファッションモデル「山下晃和」の偏愛モノ図鑑 06

モンベル イグニス®️ダウンパーカ

 以前は冬が大嫌いだったが、ここ数年はそれほどでもなくなった。それは年齢のせいなのか、それとも日頃のトレーニングで基礎代謝が上がっているからか、それとも何か悟りを開いたのか。間違いなく言えるのは、ここ数年の衣類の進化だろう。暖かいインナーが安く手に入り、軽くて暖かいダウンジャケットも高嶺の花ではなくなった。数あるダウンジャケットでも異彩を放った機能性を持ったものがある。日本が誇るアウトドアブランドであるモンベルのイグニス®️ダウンパーカだ。今回は、その偏愛っぷりを語る。

ファッションモデル「山下晃和」の偏愛モノ図鑑 06
自転車に乗る時も、通勤の時もオススメの落ち着いたデザインも◎

 私はモンベルのイグニス®️ダウンパーカを愛している。なぜこれほどまで惚れ込んだのか?

 これは、今から2年前の2019年に発売されたもの。当時から1000フィルパワーといういかにも寒さに強そうな数値が際立っていた。フィルパワーとは重さあたりどれくらい羽毛の嵩が膨らんでいるかを示すもので、高ければ高いほど軽くて暖かい。世間では、600フィルパワー以上あれば十分に高品質な物となり、信頼のあるメジャーなアウトドアブランドやスポーツブランドなどが過酷な状況での使用を想定し商品化している。そこからさらにレベルが高いものと思っていい。このイグニス®️ダウンの前に、同じくモンベルでプラズマ1000ダウンジャケットが1000フィルパワーの口火を切った。プラズマ1000ダウンは軽量でコンパクトになることがウリで、約130g。雪山縦走登山や自転車のキャンプツーリングなどウルトラライトな旅に向いていて、インナーに着るほうがいい。イグニス®️ダウンパーカは上記のようなエクストリームなアウトドアアクティビティだけでなく、街着としてもアウターにできるという利点がある。

ファッションモデル「山下晃和」の偏愛モノ図鑑 06

 まず第一にカラーリングがとてもいい。表面がマットな感じで、光沢が少ないのでスーツやビジネスカジュアルといった通勤スタイルにも非常に合う。BKと表記されるブラックカラーはジッパーも同色。胸にはポケットがあり、スマホなどが出し入れしやすいようになっている。画像のとおり縫い目を減らした独自のキルティングパターンで、ただ小さいボックスを並べただけではない。縫い目から冷たい空気が伝わるコールドスポットを塞いでいる。インナーに着る場合は気にならないが、風が強い日にアウターとして着ると明らかに暖かくなっていることが分かる。

ファッションモデル「山下晃和」の偏愛モノ図鑑 06

 さらにGORE-TEX INFINIUM(ゴアテックスインフィニウム)という新素材を用いている。これは、寒い風を通さない防風性、雨などから守る防水性、表面の加工による撥水性、透湿性もあるので、衣服の中の蒸れも軽減してくれるという至れり尽くせりの機能性。
 そのためダウンジャケットなのにも関わらず全て止水ジッパーになっていたのだ。2019年には、アメリカのアウトドア専門誌『BACKPACKER』のエディーターズチョイスを受賞し、世界的にも評価が高かったことが分かる。
 強いて言えば、袖のベルクロが無ければもっと良かったと思った。色々な化繊素材の物を傷つけてしまう可能性がありファッションを楽しむには袖口がシンプルであるほうが良い。

ファッションモデル「山下晃和」の偏愛モノ図鑑 06

 最後に、本業がモデルなので洋服の着こなしのコツを伝授したい。アウトドアウエアをアウターに着ていたら、いかにも山男になってしまう人も居るので、このようにショップコートという着丈の長いコートを上に着るとより街に馴染むようになる。
 ショップコートとは、作業員が羽織っていたコートのことで、ワークコートと呼ばれるもの。作業服の一種なので、シルエットにゆとりがあり、生地感もしっかりしているためダウンジャケットの上に着てもケンカしないのだ。
 
 これから春になるからダウンジャケットは要らないなんて言わずに、来年、再来年のことも考え、寒さ対策しておくことで元を取れるようになる。もしかしたら値上がりしてしまう可能性だってある。また、毎年ダウンタウンの松ちゃんが言っている「だから3月は寒いって。」

 そう、2月も3月もまだ寒いのだ。

モンベル イグニス®️ダウンパーカ
価格 33,000円+税
【素材】表地:ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクス
  表:13デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ
 裏地:7デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・タフタ
 中綿:1000フィルパワー・EXダウン
【平均重量】278g
【カラー】ブラック(BK)、フラッシュグリーン(FGN)、インディゴ(IND)、レッドブリック(RDBR)
【サイズ】S、M、L、XL、U/S(海外モデル)、U/M(海外モデル)、U/L(海外モデル)、U/XL(海外モデル)
【収納サイズ】∅12×20cm
【特長】独自のキルティングパターン/ダウンプルーフ加工/デュアルアクスルフ ード/アクアテクト®ジッパー/ジッパーがあごに当たらない仕様/アルパインカフ/  リードインコード・システム/ポケット5個(ジッパー付き〈左胸1、腰2〉、ジッ パーなし〈内2〉)/スタッフバッグ付き

問:モンベルカスタマーサービス:0088-22-0031
ホームページ:https://www.montbell.jp/

山下晃和(akikazu yamashita)
  • 本業はファッションモデル(タイクーンエージェンシー)。自転車、バイク、クルマで旅をしながら旅の素晴らしさや旅に最適なアイテムを紹介するトラベルライターとしても活動。地方自治体サイクルマップやWEBで連載ページを持つ。 趣味は、旅行、キャンプ、草野球、オフロードバイク、自転車全般(ロードバイク、MTB、ランドナー、小径車)、トライアスロン、トレイルランニング、登山、パックラフト、サーフィン、スニーカー収集、NEWERAキャップ収集、ウエイトトレーニング、読書、インドカレーの食べ歩き、MLB観戦など。  スポーツトレーナーの資格はNASM-PES、小型船舶一級免許、小型特殊船舶免許、大型自動二輪免許、JCTA認定自転車ツアーガイドなどを持つ資格マニアという一面も。かつて、海外30か国以上を自転車で旅したこともある放浪癖あり。好きなファブリックはキューベン、好きな金属はスカンジウム、好きな筋肉は三角筋。20代の頃は某アウトドアショップでバイトをしていた経験も。
  • http://akikazoo.net