お酒博士・橋口孝司の酒千夜Vol.06
一度は行ってみたいバーの愉しみ方
アメリカ禁酒法時代を感じる“隠れ家バー” 銀座「ムーンシャイン」


★今回おすすめのお酒
「ウッドフォードリザーブ」

このバー(ムーンシャイン)ではやはりアメリカンウイスキーを楽しみたい、ということでこの1杯をチョイス。

ケンタッキー州で造られているスモールバッチバーボン。「ケンタッキーダービー」のオフィシャルバーボンでもあります。

※詳しいウイスキー情報はこちら 

■はしご酒2軒目「ムーンシャイン」の愉しみ方

銀座でのはしご酒2軒目は、ハートマングループの「ムーンシャイン」へ。

場所は銀座8丁目。1軒目でご紹介した「D-ハートマン」から、徒歩3分です。少し歩いて、嗅覚や味覚などをリセットしながら行く2軒目のバーとしてぴったりの距離。

※1軒目「D-ハートマン」の愉しみ方はこちら

バーのコンセプトは「アメリカ合衆国禁酒法時代、シカゴの地下のBar」。

地下1階にある入口を入る時から、禁酒法時代ひそかに地下のバーでお酒を飲んでいた人の気持ちにさせてくれます。

店内は、カウンターと半個室スタイルのテーブル席(3つ)。こじんまりとしていてまさに“隠れ家”のよう。

ちなみに「禁酒法」とは、アメリカ合衆国で1920年から1933年の13年間施行されていた、消費のためのアルコールの製造、販売、輸送を全面的に禁止した法律です。アルカポネを代表とするマフィアが暗躍し密造酒が製造されていた時代で、人々は地下に潜ってお酒を飲んでいました。

ムーンシャインという店名の由来を、大出(おおで)店長に聞いてみました。

「禁酒法時代には、密造酒のことを“ムーンシャイン”と呼んでいたことからバーの名前にしました。

“ムーンシャイン”という言葉は、禁酒法時代にエチルアルコール(飲用)とメチルアルコール(工業用)を炎の色で区別していて、エチルアルコールは炎の色が月明かりのブルーだったことや、密造酒が月明りの下で密かに造られていたことなどが由来になっているそうです。」

当時はこんな地下の隠れた所で密造酒を飲んでいたのだろう…なんてお酒の歴史を感じながら、親しい仲間達と楽しむのには最高のバーです。

■ムーンシャインこだわりのモノ

半個室の落ち着いたテーブル席に座って壁を見ると、アメリカ大統領の写真が。

全部で5人の大統領の写真が飾られています。この大統領は誰なのかな?なんて話をしながら飲むのもいいかも。詳しい情報は、ぜひバーテンダーに聞いてみてください。

その他にもアメリカや禁酒法時代をイメージした色々なモノが店内にあります。

何があるか探しながら“隠れ家”の雰囲気を楽しむのもいいと思います。

個人的に店内で見つけて欲しいモノはこれ!

バーボンウイスキーの代表銘柄「ワイルドターキー」の樽です。

ちょっと見つけにくいかもしれませんが、店内のどこかにあるので、探してみて。

■おすすめ料理&ドリンク

・ニューカレドニアの天使の海老サンド

・ミクターズ US★1 ライウイスキーのハイボール

この海老サンドは、ぷりぷりの海老と、特製タルタルソース&海老のアメリケーヌソースの組み合わせが最高です!

海老の中でも最高品質といわれるニューカレドニア産「天使の海老」を使っていて、パンは、銀座木村屋がハートマングループのサンドイッチのために焼いているという特製パン。これは、絶対美味しいはず!

合わせるのは「ミクターズ US★1 ライウイスキー」。ライウイスキー独特のスパイシーさが、ハイボールにするとすっきりとして、海老サンドとぴったりです。

そして、大出店長と話していたら、珍しいカクテルをおすすめしてくれました。

コーヒーが大好きな私のために作ってくれたカクテルは「エスプレッソマティーニ」。

シェークしているのでコーヒーの香りが楽しめる大人のカクテルでした。

ホスピタリティあふれるバーテンダーがいて、とても落ち着く雰囲気の隠れ家バーでは、気の合う仲間と秘密会議をしてみるのはいかがでしょう。

3軒目のはしご酒は、“サバンナの風が吹くバー”「ザ・ライオンズデン」へお邪魔します。

ムーンシャイン店舗情報
住所:東京都中央区銀座8-4-2 たくみビル地下1階
電話:03-3571-1515
URL:http://www.heartman-ginza.jp/moon_shine/index.html
営業時間:PM6:00-AM4:00
席数:カウンター席8席 テーブル席4席 3席 2席 合計16席
<今回掲載したメニュー>
ウッドフォードリザーブ(シングル)1,000円、ミクターズライハイボール1,500円、天使の海老サンド2,000円、エスプレッソマティーニ1,500円
<ドリンク>カクテル1,000円~、スタンダートウイスキー1,000円~、1,000円~2,000円が中心。
<フード>魚介たっぷりクラムチャウダー2,000円、自家製スモークポークジャーキー1,000円など



※サービス料10%、消費税10%別
チャージ料:全席1,500円/人
※営業時間などは変更になっている場合もありますので、事前に確認することをおすすめします。
※写真撮影時のみマスクを外しております。

  • 株式会社ホスピタリティバンク代表取締役 ホテルバーテンダーから料飲支配人、新規ホテル開業準備室長、運営などをてがけ26年間ホテルに勤務。2008年より株式会社ホスピタリティバンク代表取締役に就任。バー開業コンサルティングなどを手がけ酒類関連団体の顧問、理事を歴任し国内外で講演、セミナーを行っている。ウイスキーバープロデュース・運営(2017-2019)を行う。 シャンパーニュ騎士団「シュバリエ」、ベルギービールプロフェッサー、日本伝統濁酒学博士などの称号を持つ。 2015年からは「橋口孝司 燻製料理とお酒の教室」にてセミナーの開催や、ウイスキーを愉しむイベント「ザ・シークレットバー」も銀座と西麻布にて定期的に開催している。 「ディスティラリーパッケージ1992」を皮切りに、「ウイスキーの教科書」「カクテル&スピリッツの教科書」「本格焼酎名酒事典」「ビジネスエリートが身につける教養 ウイスキーの愉しみ方」などを執筆、「世界のウイスキー図鑑」「世界のベストウイスキー」「ハリウッドカクテル日本語版」などを監修。ウイスキー、カクテル、スピリッツを中心に酒類に関する執筆・監修は26冊以上。 Webでは、「たべぷろ」にて執筆(https://tabepro.jp/author/hashiguchi) 「江崎グリコ お酒の話」を監修(https://jp.glico.com/osake/index.html)
  • https://www.hospitality-bank.com/