あの「宮崎牛」A5ランクが衝撃価格!福岡で大人気の精肉店「あんずお肉の工場直売所」が東京上陸!

2021.02.05
あの「宮崎牛」A5ランクが衝撃価格!

美味しいものだらけの街、福岡。ビジネスマンなら福岡出張となれば、どこで何を食べようかと仕事以上(?)に下調べをしてしまう、美食の街です。そんなグルメタウン福岡で、行列ができる精肉店があるのをご存知でしょうか? それがなんと、東京に初進出! 気になる店舗をさっそくご紹介します。

あの「宮崎牛」A5ランクが衝撃価格!
「あんずお肉の工場直売所」が東京初上陸。

福岡県内に4店舗の直営店を展開している精肉店「あんずお肉の工場直売所」がオープンしたのは、東京・勝どき。実は、私、福岡の店舗にも行ったことがあり、毎回保冷バッグがパンパンになるほどまとめ買いしていた、超お気に入りのお店。福岡の店舗でもお客さんが後を絶えず、お肉が飛ぶように売れている人気店です。

あの「宮崎牛」A5ランクが衝撃価格!
サシの美しさにうっとり。購買意欲をそそるビジュアルです。

お店の名前を聞いてピンと来た人はなかなかの“通”。実は、福岡だけでなく、銀座三越にもある「和心とんかつ あんず 銀座店」や「焼肉 番手十番」を運営している会社が営む精肉店。「あんずお肉の工場直売所」は、一頭買いで仕入れた国内屈指の黒毛和牛「宮崎牛」を中心に上質なお肉を扱っています。いいお肉をそろえる精肉店は数あれど、お肉のランクでよく聞く最高級のA5ランク、さらに“サシ”の入り具合の良さを示す“番手”も十番~最上級の十二番手を仕入れることもあり、これほどのお肉を扱っているところはそうそうありません。(仕入れの状況により異なります)

あの「宮崎牛」A5ランクが衝撃価格!
「本当にこの価格でいいの?」と聞きたくなるほどの上質なお肉ばかり

さらに注目なのはその価格。これだけの高品質のお肉ながら、お手ごろ価格なんです。もちろん、安価ということではなく、品質に対してのコスパが非常にいいということ。黒毛和牛や宮崎牛の価格を知っている人が見たら、二度見、いえ、三度見するはず。お肉に詳しくない人が見ても、一目瞭然の美しいお肉たち。もう、絶対美味しいのがわかります。見ているだけで夢が膨らむ、幸せな光景。

あの「宮崎牛」A5ランクが衝撃価格!
「宮崎牛」は日本一に3度も輝いたブランド牛。

さて、ここで「宮崎牛」について少し説明を。宮崎牛は、「全国和牛能力共進会」、通称“和牛オリンピック”で3回連続日本一を受賞した、日本が誇る黒毛和牛。米国アカデミー賞受賞式のパーティーメニューにも2018年から3年連続採用され、ハリウッドセレブをも魅了する、国内だけでなく世界でも注目されている食材です。「あんずお肉の工場直売所」では、そんな和牛の最高峰の「宮崎牛」の最上級A5ランクのみを一頭買いしています。

あの「宮崎牛」A5ランクが衝撃価格!
肉好き垂涎の“宝の山”!

ということで、こちらのお店の看板商品は「宮崎牛」。ステーキ用、焼肉用、すき焼き用、しゃぶしゃぶ用と様々な種類があり、切り落とし肉さえも高級感溢れていて、肉好きには愛おしささえ感じられるはず。いつも頑張っている自分にご褒美として買ったり、なかなかできない外食の代わりや、家族団らんのごちそうにもぜひ食べたいですね。

あの「宮崎牛」A5ランクが衝撃価格!
お肉以外にも調味料や九州の食材などもそろっています。

宮崎牛以外にも様々なお肉がそろっていて、豚肉や鶏肉も産地直送の鮮度のいい、高品質なものが並びます。特筆したいのは、もつ系(内臓)の品ぞろえ。ホルモン焼きやもつ鍋で食べる牛のもつや、関東では主流の豚のもつも新鮮で種類豊富。これさえあれば、お店で食べることが多いもつ料理も自宅でチャレンジできます。

個人的には牛の小腸の艶やかさに魅了されました。これは絶対美味しいに違いない! 都内では新鮮なもつが手に入らないことが多いのですが、福岡では自宅でもつ鍋を食べる家庭も多いそう。「あんずお肉の工場直売所」のホルモンさえあれば、自宅でホルモン祭りも夢じゃありません。もつ鍋だって、新鮮なもつと市販のもつ鍋のスープ、キャベツ、ニラ、にんにくがあれば完成するのですから、ホルモン好きにはたまりません

「いやいや、結局自分で料理しろってこと?」と、嘆かれた料理しない派の方々でも、お肉を焼くだけならできるのでは。いいお肉は焼いて塩。胡椒だけでも美味しいんです。サシの入ったお肉ならわさび醤油やおろしポン酢、おろししょうがやおろしにんにく+醤油もいいですね。たんぱくな部位ならごま油+塩など、自宅にある調味料を総動員して研究してみるのも楽しいです。

あの「宮崎牛」A5ランクが衝撃価格!
旨味たっぷり自家製だれ焼肉弁当¥1,500など、肉三昧なお弁当や惣菜も絶品

それでも、どうしても料理は無理という人には、とっておきのお惣菜がおすすめ。販売しているのと同じ上質なお肉を使ったお弁当やおかずたちが、温かくお出迎えしてくれます。例えば、牛肉のコロッケにも宮崎牛が使われているなど、なかなかの贅沢なお惣菜が並んでいます。自炊しない人だけでなく、疲れた時や、むしろ美味しいものを食べたい時にもおなかと心を満たしてくれるはず。仕事で忙しい主婦にも味方になってくれますよ。

とにかく、店内のどこを見ても驚きとワクワクが詰まった精肉店。肉好きなら絶対に訪れるべき“名店”です。店内には調味料や鍋の素など九州のものを中心に、お肉に合う食材もそろっていて、ウインナーやベーコンなどの自社製品なども忘れずにチェックを。大きめの保冷バッグを持ってぜひ、一度足を運んでみてください。幸せが手に入るはず!

■あんずお肉の工場直売所 勝どき店
住所:東京都中央区勝どき3-3-18
電話:03-5334-9980
時間:10:00~19:00
定休日:年中無休
アクセス:都営大江戸線「勝どき」駅A4aより徒歩3分

  • 好奇心旺で、食べることが大好き。新商品や限定品にめっぽう弱く、ジャンルを問わず常に情報を集めてはトライ。地方の食材や調味料も発掘も楽しんでいます。また、北欧、特にフィンランドが大好きで、現地の蚤の市などではヴィンテージハントにハマっています。サウナも好きで週1~2回のサ活中で、フィンランドでは念願のサウナから湖へのダイブを体験。日々、美味しいものを求めながら、北欧雑貨とムーミンに囲まれて暮らしています。