伝説の“ブラックビューティ”がディテールアップ仕様で登場!


1978年のF1GPシーズン中盤から投入され、他の追随を許さない速さで王座を獲得したチームロータスのタイプ79。その速さだけでなく、美しい姿も印象的だった稀代の名車が、より精密さを増した1/20スケールプラモデルとなってリリースされる。

ディテールアップパーツが付属する限定仕様のキット


 コクピット両脇のサイドポッド下面を逆翼断面形状にしたアンダーウイングを装備し、車体の床下を流れる空気を利用して路面への密着性を高めることでコーナリングスピードを飛躍的にアップさせたのが、グランドエフェクト(地面効果)カーと呼ばれるマシン。元祖グランドエフェクトカーは1977年にデビューしたロータス78で、その78をより空力的に洗練させた決定版が、翌シーズンを制圧したロータス79だ。デビューレースの第6戦ベルギーグランプリを独走で飾ると、その後のレースでも圧倒的な速さを披露。最終戦まで2戦を残した第14戦イタリアグランプリでその年のチャンピオンを決定した。

 現在にも続くグランドエフェクトカーの歴史を開いたこのロータス79は、技術的に突出していただけでなく、それまでのF1マシンにはなかった流麗なスタイルから“ブラックビューティ”とも呼ばれ、現代にいたるまでプラモデルやミニチュアカー、RCカーなどで何度もモデル化されている。老舗プラモデルメーカーのハセガワでも以前よりこのロータス79を販売していたが、今回はディテールアップ用各種パーツ付属で限定販売となる。

 モデル化されたのは第10戦ドイツグランプリ出場時の仕様。当時のドイツ国内広告規制にあわせて有名なタバコスポンサーロゴがないものだが、そのぶん日本のスポンサーであるオリンパスのロゴが目立っている。

ハセガワならではの高い造形力で実車の1/20にスケールダウンされたプラスチック製モデルに、より実車感を高めるエッチングパーツと、金属メッシュを使用したエアファンネルカバーが同梱される。プラスチックでは表現しきれない薄手のパーツを金属製エッチングパーツに変更することで、より実車のイメージに近づけられ、当時の最先端技術を立体的に感じられる。また、キット付属の説明書ではボディカウルを装着した状態で組み立てる設定になっているが、カウルを装着せずに組み立てれば、完成後もディテールアップされた内部を見て楽しめる。

 シートベルト用布製シールや、当時の形状を再現したヘルメットも付属するなど、F1ファンにはたまらない内容の「ロータス 79 “1978 ドイツ GP ディテールアップ バージョン”」は限定販売品となるため、興味のある人は早めに模型店などでゲットしてほしい。なお、モデルの組み立てには接着剤や塗料、工具類が別途必要になる。

速すぎるゆえに1983年には禁止されてしまったサイドポッドによるグランドエフェクト技術は、2022年シーズンのF1GPで40年ぶりに解禁となる。もちろん現代のF1と1978年のそれでは思想や形状が大きく異なるのだが、この機会にグランドエフェクトカーの原点ともいうべきマシンを自分の手で組み立てるというのも、メカマニアにとっては魅力的。1/20はF1のプラモデルではポピュラーなスケールであり、時代の異なる他のF1プラモと比較してみるのも楽しい。

ディテールアップバージョンのみに付属する布製シールによるシートベルトが実車感を高めてくれる。ロータス79最大の特長となるアンダーウイング形状も完璧に再現され、当時のスタンダードだったアルミ製モノコックシャシーや、フォードDFVエンジンの造形も楽しむこともできる。

金属製エッチングパーツ(左)とエンジン吸気口をカバーするメッシュ(右)が付属。エッチングパーツにはラジエーター類やブレーキディスク、スライディングスカートをはじめ、タイヤロゴの塗装に使用するテンプレートなども用意されている。

1970年代に使用されていた形状のヘルメットパーツも同梱される。これがあるだけでより雰囲気がアップするのは間違いなし。
写真はメーカーによる組み立て完成見本で、ディテールアップパーツが効果的に使用されている。今から44年も前のマシンだとは思えないほど洗練されたスタイルは、まさにブラックビューティの名にふさわしい。
ボディカウルを装着した状態(※写真のモデルはディテールアップパーツ未装着)。デカールはカーNo.5のマリオ・アンドレッティ仕様とNo.6のロニー・ピーターソン仕様の両タイプが付属する。

写真提供:ハセガワ
ハセガワ:http://www.hasegawa-model.co.jp/
製品紹介ページ:http://www.hasegawa-model.co.jp/product/sp498/

製品情報


ロータス 79 “1978 ドイツ GP ディテールアップ バージョン”

スケール1/20
模型全長221mm
模型全幅108mm
価格6490円
発売1月20日ごろ
  • RC(ラジコン)カーの記事を中心に、模型や実車などのメディアで編集・執筆を行うフリー編集者兼ライター。余暇のほとんどを競技用RCカーの走行や整備に費やす立派な(?)ラジコン廃人。9割以上がラジコンの話題で埋め尽くされるブログ「すべては12分の1のために」は、ごく一部の読者に好評継続中。
  • http://1-12thonroad.cocolog-nifty.com/blog