気になるバイク、乗らせていただきます。
[HARLEYDAVIDSON PAN AMERICA1250&1250SPECIAL]前編


HARLEYDAVIDSON
PAN AMERICA
1250&1250SPECIAL

世の中ニューノーマル時代となり、移動手段として最注目されているバイク。ただ、実際に選び始めるとカテゴリー、デザイン、サイズ、排気量、燃費等も様々で、その種類の多さに迷ってしまうこともある。そこで、僭越ながら、こちらで様々なオススメモデルをご紹介していきたいと思う。その第3回目は[HARLEYDAVIDSON PAN AMERICA 1250&1250SPECIAL ]をご紹介!

写真・文/タイガー安室・ハーレーダビッドソンジャパン 撮影衣装協力:SHOEI、RS TAICHI

ハーレーの新たなる世界を切り開くアドベンチャーモデル、パンアメリカ!


 バイクを良く知らない人でもその名前は知っているというほど、ネームバリューを持つアメリカのモーターサイクルブランド「ハーレーダビッドソン」。”いつかはハーレー”という憧れを持つライダーも多い。またイメージとしてどっしりとシートに腰掛け、脚を前に投げ出し、リラックスした姿勢で乗る”アメリカン”の印象も強い。そんな”ザ・アメリカンモーターサイクル”のハーレーダビッドソンが2021年、ブランド初となるアドベンチャーモデルを登場させるということで、”気になるバイク”として、これは乗っておかなければと試乗会参加のメールを送った。

 新しいモデルの名前は「パン アメリカ」。その名は、北米から南米まで太平洋岸に沿って走る道路網の総称「パンアメリカン・ハイウェイ」に由来し、その道はバイクやクルマで走ることができる世界で最も長く、ジャングル、山岳、砂漠とさまざまなエリアがあり、ライダーたちの冒険心を掻き立てられる。きっとそういった部分もネーミングに含まれているのかもしれない。その見た目は、唯一無二の存在感を放つスクエアフォルムのフロントマスクと無駄を廃し、機能性を追求したボディフォルム、そして走破性を考慮した腰高なスタイルもこれまでのモデルとは一線を画している。搭載されるエンジンは、「レボリューションマックス」と名付けられた新世代を担うもので、低速ではスムーズな走り、高回転域では気持ちの加速を生み出す。またエンジン自体がシャシー構造の一部を担い従来のフレームを必要としない分、車体が軽量化され、スムーズなハンドリングにも繋がる。エンジン自体の造形もモダンで美しく、所有感も満たしてくれそうだと感じだ。

 ラインナップは、スタンダードモデルとなる「パンアメリカ1250」と電子調整式のサスペンションシステムやシート高の自動調節機能、そしてDaymaker®︎シグネチャーアダプティブヘッドランプ等を備える機能充実の「パンアメリカ1250スペシャル」の2種類。それぞれカラーラインナップやタンクのデザインも異なり、個性と魅力を放つ。ハーレーダビッドソンの新たな世界を切り開くオフローダーとして、従来のハーレーオーナーやアドベンチャーオーナーたちがどんな反応を示すのか、少し楽しみに思える一台となっている。

HARLEYDAVIDSON
PAN AMERICA
1250&1250SPECIAL

使用ヘルメット
SHOEI HORNET ADV
https://www.shoei.com

使用ウェア
TAICHI DRYMASTER
エクスプローラーオールシーズンジャケット 
https://www.ec.rs-taichi.com/rsj721.html

スペック

※【】内は1250SPECIAL

サイズ[全長/全幅/全高](mm):2265/ー/ー
シート高(mm) :890(*無荷重状態)【830】
排気量・エンジン:1252ccレボリューションマックス
車重(kg):245【258】
タンク容量:21.2
最大出力:150HP
最大トルク:128Nm
価格:231万円〜(税込)【268万700円〜】

問:ハーレーダビッドソンカスタマーサービス 
TEL.0800-080-8080
ホームページ:https://www.harley-davidson.com/jp/ja/index.html

  • クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。以降、乗物を中心として、雑誌、Web、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。車両だけでなく、それらに関連するギアやファッションの紹介や遊び方&使い方等の提案も行う。