航空ファンNEW RELEASE VOL.16

2021.08.05

ぼくは航空管制管4 伊丹

テクノブレインは、航空管制ゲーム「ぼくは航空管制官4」シリーズの新作として伊丹を登場させる。本作では特徴的な二本の平行滑走路運用を再現。B滑走路使用時にはA滑走路を横断する必要があり、離着陸機の合間を縫ってタイミングよく横断指示を行う技量が要求されるほか、北風運用時と南風運用時には離着陸機が交錯するポイントが変わるなど、細心の注意が必要となる。ゲームオリジナルの航空会社「TBA」が何度もトラブルに見舞われたり、検査機のILSチェックなどのギミックあったりと、「管制パズル」の醍醐味を存分に味わうことができる。

ぼくは航空管制官4伊丹:10,120円、発売中
www.technobrain.com

1 2 3 4
林大策
  • 1970年生まれ。愛知県での高校時代、航空雑誌に掲載されていた運動能力向上研究機T-2CCVや短距離離着陸実験機“飛鳥”を観られるのが近郊なのを知り、飛行場通いが始まる。岐阜基地では空自の新型練習機XT-4のテストを、名古屋空港では退役間近だった旧主力戦闘機F-104Jの整備を目撃。また、航空宇宙産業の中心地と謳われている東海エリアに居ることもあって、航空機との“運命的出会い”を感じる。以来、航空専門誌『航空ファン』で「ヒコーキを楽しむための新製品情報」を担当しながら、飛行場通いと航空グッズ探しに没頭する日々を送っている。