気になるバイク、乗らせていただきます。MUTT MOTORCYCLE AKITA250

気になるバイク、乗らせていただきます。

MUTT MOTORCYCLE  AKITA250

気になるバイク、乗らせていただきます。

世の中ニューノーマル時代となり、移動手段として最注目されているバイク。ただ、実際に選び始めるとカテゴリー、デザイン、サイズ、排気量、燃費等も様々で、その種類の多さに迷ってしまうこともある。そこで、僭越ながら、こちらで様々なオススメモデルをご紹介していきたいと思う。その第2回目は[MUTT MOTORCYCLE AKITA250 ]をご紹介!

街乗り&ダートも楽しめる
AKITAで秋田犬に会いに行く!

気になるバイク、乗らせていただきます。
気になるバイク、乗らせていただきます。
気になるバイク、乗らせていただきます。
気になるバイク、乗らせていただきます。
気になるバイク、乗らせていただきます。

 数あるバイクの中でも、軽量で扱いやすく、高速ライドもこなし、そして車検がないことも大きな魅力となり、幅広い層に注目されているのが250ccクラスのバイク。国産スーパースポーツモデルの人気の高さが目立つも、今回、注目したのは、”スピード”よりも”カスタムライクな見た目とシンプルにバイクに乗る楽しみ”を満たしてくれる英国のマットモーターサイクルズの車両。バイク好き以外には少々聞きなれないメーカーだが、近年、若いライダーはスタイリッシュに使えるファーストバイクとして、また大型バイクを所有する大人ライダーは気軽に乗れるスマートなセカンドバイクとして、選ばれているメーカー。長きに渡ってビンテージカスタムの受注生産をおこなってきたビルダーが立ち上げたブランドは、クールで、取り回しが楽、そしてクラシカルな雰囲気の街乗りバイクをテーマとして、一台一台丁寧に仕上げられている。

 フレームとエンジンは基本的に共通のものが使用され、その他のパーツの組み合わせによって、モデルに個性を持たせている。8車種の250ccモデルを展開する中、今回乗ったのは「AKITA250」というモデル。英国なのに「秋田?」と思う人もいそうだが、このモデルは日本の秋田犬からインスパイアを受け、その力強さをスクエアタイプの大型タンクで表現しているという。他にも「モングレル(雑種)」や「マスティフ」といった名のモデルもあり、大の犬好きライダーにもオススメかもしれない。

 スタイリングの特徴は、一際大きく見える容量17Lのスクエアタイプのタンクとその力強いカタチを引き立たせる薄く短めのカスタムシート。そのほか、18インチのファットなブロックタイヤに大型のステンレス製マッドガード、そして美しく、存在感の高いタンクキャップもポイントとなっている。

気になるバイク、乗らせていただきます。
気になるバイク、乗らせていただきます。
気になるバイク、乗らせていただきます。
気になるバイク、乗らせていただきます。

 実際に跨ってみると、足つき性(身長172cm・体重65kg・股下82cm)は、シート高はそこまで高くはないが、少し尻上がりの形状とサイドカバーが内腿に当たり、足が少し広がるため、踵がギリギリ着く感じに。またステッチがオシャレなシートの座り心地は若干硬めとなっている。車重は130kgと軽く、アップライトなポジションなので初心者でも扱いやすい。走ってみるとハンドリングは軽く、走りはマイルド、力強さや速さよりもゆったりと鼓動感や操縦感を楽しみながら走るのが向いている。メーターはシンプル&雰囲気のあるアナログスタイル。ブレーキは前後ディスクブレーキ&ABSも標準装備で安心感もある。サスペンションは若干硬めで、舗装路では特に気にならないが、荒地やダートを走る際は、そこそこの衝撃を覚悟しておく必要がありそう、またタンデムの際は、こまめな休憩を取ってあげることをおすすめする。また高速ライドも法定速度域ではストレスもなく、ロングツーリングにも問題なく使える。カラーは今回試乗をしたシルバーとブラックの2色。ファッション性も高く、気軽にバイクライフを楽しむ一台として、選択肢に入れる価値アリのモデルとなっている。

気になるバイク、乗らせていただきます。

MUTT MOTORCYCLE AKITA250

サイズ[全長/全幅/全高](mm):2030/770/1090 シート高(mm):810 排気量・エンジン:249cc空冷4ストロークOHC単気筒 車重(kg):130 タンク容量:17.0 最大出力:21HP 最大トルク:20Nm 価格は70万4000円(税込)

問:PCI TEL.03-5651-8021   ホームページ:http://www.muttmotorcycles.jp
使用ヘルメット:SHOEI Glamster https://www.shoei.com
撮影協力:シライ https://shiraikennel.org

安室淳一(junichi yasumuro)
  • クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。以降、乗物を中心として、雑誌、Web、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。車両だけでなく、それらに関連するギアやファッションの紹介や遊び方&使い方等の提案も行う。