ハイクオリティな“ケンメリスカイライン”の1/10RCカー


歴代の日産スカイラインシリーズ中屈指の人気を誇る「ケンメリスカイライン」のRC(ラジオコントロール)モデルが発売される。プラモデルレベルの仕上がりを見せながら、展示専用では不可能な、走らせる楽しさも満喫できる注目キットの内容に迫る!

高度な造形力でケンメリの優雅なフォルムを再現


 1972年に販売が開始された日産自動車の4代目スカイライン(C110型)は、コマーシャル戦略として架空のカップル「ケンとメリー」を想定して若者たちへの訴求力アップを試みた。狙いは成功し、4代目スカイラインは、車体の魅力とあいまって先代を大きく上回るセールスを記録。このCMの効果によって、C110型はいつしか「ケンメリスカイライン」と呼ばれるようになり、発売から50年近く経過した現在でもその人気を保ち続けている。実車の人気が模型にも反映されるのはある意味当然のことで、ケンメリスカイラインの現役当時はもちろん、今でもミニカーやプラモデルが販売され、幅広い年齢層の顧客から支持を得ている。そんななか、老舗RCメーカーのABCホビーから新規開発のケンメリスカイラインRCカーキットがリリースされることになった。

日本でRCカーがブームになった70年代以前からRCモデルを製造しているABCホビーは、特にボディの製造技術で高く評価されているメーカーで、走行性能を優先するあまり雰囲気重視のみになりがちなRCボディにおいて、同社製のボディはいわゆるスケールボディとして十分に鑑賞に耐えうる仕上がりで知られている。RCカー用ボディの多くは軽量で強度の高いポリカーボネート樹脂を使用して製造されており、各パートが分割されているプラモデルとは違って、ボディ全体が一体成型されているのが特徴だ。つまり、RCカー用ボディは1枚のポリカーボネート板をプレスすることで作られる。当然ながら、こうした製造方法ではボディの細かい凹凸を表現することが難しいのだが、そこはABCホビーの持つノウハウにより、ディスプレイ専用モデルに匹敵する完成度を実現している。

 ABCホビー製ケンメリスカイラインの出来のよさは、このページに掲載した写真を見てもらえば容易に理解してもらえるはず。今回発売されるRCカーキットには、未塗装のボディが付属し、掲載写真はメーカーによる塗装例だ。ボディは透明なポリカーボネート樹脂製のため、プラモデルのように表からではなく、裏側から専用塗料を使って塗装する。慣れていない人には少々難しく感じられるかもしれないが、全長40cmを超える1/10スケールのボディなので、1/24スケールのプラモデルなどに比べれば塗装の難易度は低い。また、キットにはライトやダクト類のステッカーも付属するため、単色のスプレーで塗装し、ステッカーを貼るだけでも美しい仕上がりのボディが完成する。もちろん、自由な発想で塗り分けを行うのもあり。そしてなんといってもこのモデルの魅力は、完成後に自身の手で走らせられること。かつてあこがれたクルマを自由自在に操縦する、これはディスプレイモデルでは味わえない楽しさだ。

 ケンメリスカイラインのキットは組み立て完成済みのシャシー(車体)も同梱される。RCメカやモーターの搭載はユーザーが行う必要はあるものの、シャシー組み立ての手間が省けるのは魅力的。シャシー完成済みでありながら、低めに抑えられたキット価格も見のがせないポイントの一つになっている。RCカー経験者だけでなく、これからRCカーを始めたいという人にもお勧めのキットといえる。

ポリカーボネート樹脂による一体成型品とは思えないフォルムで造形されたボディ。一部のパーツはボディ本体と別成型品となっており、塗装後に本体に接着する。これで立体感もより豊かになる。今回モデル化されたのは2ドアタイプのC110型スカイラインだが、ABCホビーからは4ドアのケンメリもリリースされている。なお、写真は塗装例で、キットには透明のボディが同梱される。

別売りのLEDライトユニット装着で、前後ライトの点灯も可能。ABCホビーからは、ライトユニット以外にも多数のドレスアップ用アイテムが販売されている。詳細は同社のウェブページでチェックしてほしい。

RCカーの「シャシー」とは?


ケンメリスカイラインはシャシー付きキットでの販売となる。ボディがフレームを兼ねる多くの実車とは異なり、RCカーではシャシー(車体)に軽量な樹脂製ボディを搭載するのが一般的で、シャシーには固有の型番が与えられることも多い。ケンメリスカイラインキットは「ゼロワンスポーツ」シャシーとの組み合わせでキット化されるが、このシャシーがあれば、他のボディへの載せ替えもできる。実際、ABCホビーではボディの単品販売も行っていて、今回紹介したケンメリスカイラインはボディセットでも販売される。
 ゼロワンスポーツは4輪駆動方式(4WD)を採用したオーソドックスなシャシー。4WDならではの高いトラクション性能が、路面グリップにかかわらず安定した走行性能を発揮する。また、RCメカやモーター&バッテリー、タイヤ&ホイールは汎用タイプが使用可能。シャシーは組み立て済みなので、初心者でも安心して扱える。

写真提供:ABCホビー
ABCホビー:http://www.abchobby.com

ゼロワンスポーツ ケンメリスカイライン
【スケール】1/10
【価格】2万1780円(6月末発売予定)
※別途購入が必要なもの
RC装置(プロポセット),モーター,走行用バッテリー

長谷川 敦(Atsushi Hasegawa)
  • RC(ラジコン)カーの記事を中心に、模型や実車などのメディアで編集・執筆を行うフリー編集者兼ライター。余暇のほとんどを競技用RCカーの走行や整備に費やす立派な(?)ラジコン廃人。9割以上がラジコンの話題で埋め尽くされるブログ「すべては12分の1のために」は、ごく一部の読者に好評継続中。
  • http://1-12thonroad.cocolog-nifty.com/blog