筋トレ民やダイエッターに朗報!
「ステーキロッヂ」のヘルシー肉メニュー

2021.04.23
筋トレ民やダイエッターに朗報!

 筋肉を作るために欠かせないたんぱく質。本気で筋肉と向き合う人はもちろん、ダイエットをしている人や健康を意識している人にも、高タンパク、低カロリー、低糖質は心掛けたいですよね。そんな肉メニューが「ステーキロッヂ」にあると聞き、さっそく伺ってみました。

「ステーキロッヂ」は2018年、渋谷・道玄坂にオープンしたステーキハウス。2020年には池袋に2号店もできました。都会の真ん中で、いつでも美味しい肉をリーズナブルに味わえる本格ステーキハウスとして、男女問わず幅広い世代に支持されています。

筋トレ民やダイエッターに朗報!

そんな「ステーキロッヂ」では、これまで牛肉のステーキのみを提供していましたが、昨今のヘルシー志向やコロナ禍での健康意識の高まりを受けて、高タンパク・低糖質・低カロリーの栄養価と機能性が高いヘルシー肉を、機能性肉「Functional Meat」として訴求。「ログチキンステーキ」、「ジンギスカンステーキ」、「カンガルーステーキ」、「蝦夷鹿ステーキ」の4種が仲間入りしました。

鶏むね肉はアスリートやダイエットをしている人には定番ですが、ラム肉やカンガルー、蝦夷鹿といった赤身肉は、良質なタンパク質と必須アミノ酸を多く含み、筋肉や皮膚、髪の健康維持のほか、疲労回復など様々な効果が期待できるといわれています。これらの肉は脂肪をつきにくくしたり、脂肪燃焼効果を高めたりするともいわれているそう。「ステーキロッヂ」が今回新たなメニューに加えた背景には、アスリートやダイエッターをはじめとする“赤身肉需要”があるそうです。

筋トレ民やダイエッターに朗報!
食物繊維豊富な大麦が入った「バーリーライス」

ハンバーグやステーキなどの肉料理は高カロリーで、偏った食のイメージが少なからずありました。もちろん、一緒に食べるものとの組み合わせ次第ですが、肉+ご飯で完結しがちだったものを、食べて健康になることを目指す、一歩先行く肉グルメとして提供していくそう。ということで、ご飯も白米から、食物繊維豊富な大麦が入った「バーリーライス」と、ストレスを低減するといわれるGABAを多く含む「発芽玄米」に変更しました。

筋トレ民やダイエッターに朗報!
「ログチキンステーキ」(1,078円/200g、1,738円/400g、2,398円/600g)

ここで、気になる新肉メニューをご紹介します。まずは、定番の鶏むね肉「ログチキンステーキ」(1,078円/200g、1,738円/400g、2,398円/600g)。低温調理でしっとりさを増した鶏肉にこんがり焼き目をつけ、照り焼きレモンソース、おろしポン酢ソース、クリームガーリックソースから1種選んだソースを合わせます。

筋トレ民やダイエッターに朗報!
肉の旨みを引き出すオリジナルソースも自由に使えます。
筋トレ民やダイエッターに朗報!
卓上の調味料をいろいろ組み合わせて自分好みにアレンジOK。

「ステーキロッヂ」では、卓上に「ロッヂガーリックソース」。「ロッヂオリジナル淡路島の玉ねぎを使った手作り生ソース」、塩、胡椒、燻製塩胡椒、醤油、わさびといった調味料があるので、好きに組み合わせたり、味を変えたりして楽しめるのもいいですね。

筋トレ民やダイエッターに朗報!
「カットラムステーキ」(1,100円/150g、1,463円/200g、1,826円/250g、2,189円/300g)

「ジンギスカンステーキ」(1,100円/150g、1,463円/200g、1,826円/250g、2,189円/300g)は、ラム特有の甘い香りとジューシーな肉汁が楽しめるステーキ。脂肪をエネルギーに変えるアミノ酸由来の成分「Lカルニチン」が豊富で、ダイエット中の人にもおすすめと言われています。北海道でも有名な「ソラチソース」でジンギスカン風に食べられます。「ログチキンステーキ」と「ジンギスカンステーキ」は、ランチ時はスープが付くのもうれしいポイント。

筋トレ民やダイエッターに朗報!
「カンガルーステーキ」(1,650円/200g、2,475円/300g)

普段なかなか食べることのないお肉、「カンガルーステーキ」(1,650円/200g、2,475円/300g)もおすすめ。赤身の味が濃厚ですが、クセがなくて柔らかいのが特徴です。ちょっとドキドキしますが、食べてみるとさっぱりと食べやすくて200gでもサラッと食べられます。肉にクセがないので、どんなソースとも合いますが、わさび醤油やわさび塩もいい感じです。

筋トレ民やダイエッターに朗報!
「蝦夷鹿ステーキ」(3,410円/200g、5,082円/300g)

ちょっと高級路線なのが「蝦夷鹿ステーキ」(3,410円/200g、5,082円/300g)。北海道産蝦夷鹿のもも肉のステーキは、さっぱりとした口当たりと旨みのある肉汁が特徴の高級食材で、鉄分も豊富なのだそう。特製の「旨味シカソース」で食べるのがおすすめですが、卓上の調味料で味変しても。

全てのメニューに、+352円でライスとスープが付く「山小屋セットA」、+638円でライス、スープ、サラダ、黒烏龍茶が付く「山小屋セットB」を合わせてガッツリ食べられます。

新たな赤身肉の魅力を堪能できる「ステーキロッヂ」の新ラインアップ。筋肉を作りたい人やダイエット中にお肉を食べたい時など、高タンパク、低糖質、低カロリーのヘルシー肉をチョイスしてみてはいかがですか。

ステーキロッヂ渋谷店
住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目10-13 成瀬ビル1F
電話:03-6416-4125
営業時間:11:00~7:00(L.O.6:30)

ステーキロッヂ池袋店
住所:東京都豊島区南池袋1-18-22 クボタビル1F
電話:03-6709-0337
営業時間:11:00~23:00(LO22:00)、日・祝11:00~22:00(LO21:00)

※現在は営業時間を短縮しています。事前にご確認ください。

Ayako
  • 好奇心旺で、食べることが大好き。新商品や限定品にめっぽう弱く、ジャンルを問わず常に情報を集めてはトライ。地方の食材や調味料も発掘も楽しんでいます。また、北欧、特にフィンランドが大好きで、現地の蚤の市などではヴィンテージハントにハマっています。サウナも好きで週1~2回のサ活中で、フィンランドでは念願のサウナから湖へのダイブを体験。日々、美味しいものを求めながら、北欧雑貨とムーミンに囲まれて暮らしています。