貴兄のココロをすくいとるシャープの黒いオ・モ・テ・ナ・シ箱
 シャープ「AQUOSココロビジョンプレーヤー」の
 “開発のこころ”をモノマガ的視点で聞いてきた!
 
写真/佐々木龍 文/堀田成敏 インタビュー/モノマガ物欲倶楽部  
 
シャープ/AQUOSココロビジョンプレーヤー<AN-NP40>
価格:オープン(税込み実勢2万円前後)
お問い合わせ:シャープお客様相談室
Tel:0120-001‐251 URL:www.sharp.co.jp/aquos/

目の付け所がシャープなシャープが、いま最も注力しているのが「ココロプロジェクト」。これはシャープのAI技術を活用し、家電や携帯ガジェットなどと対話しながら「モノとヒトのココロ」の対話を目指す新たなモノづくりだ。このココロプロジェクト第2弾製品となるのが液晶テレビAQUOSを100倍楽しむコンパニオン的ガジェット「AQUOSココロビジョンプレーヤー」。小さいお重みたいな素っ気ない黒い箱だけど、これってどんな具合に楽しめるの? というわけでモノにこだわるモノ・マガジンの編集者前田、ライター堀田、カメラマン佐々木がノコノコやってきましたシャープ東京支社なのであります。

この日「AQUOSココロビジョンプレーヤー」を熱く語り合った5名の戦士たち。
左からライター堀田、編集前田、シャープ堀井さん、シャープ上杉さん、カメラ佐々木。


モノマガ:
AQUOSココロビジョンプレーヤー って、パソコンですか? それともスマホ?
シャープ上杉俊介さん(以下、上杉さん):
スマホに近いですね。16GBのROMをシステムとユーザー領域で共有して使っています。16GBと聞くと少なく感じるかも知れませんが、AQUOSココロビジョンプレーヤーはストリーミング配信で楽しむものなので、アプリを保存する領域と思っていただいてけっこうです。

シャープ・コンシューマーエレクトロニクスカンパニー
デジタル情報家電事業本部
グローバル開発センター
グローバル商品企画部
次世代TV推進担当チームリーダーの上杉俊介さん
モノマガ:
製品構想が生まれたのはいつ頃でしょう?
シャープ堀井美穂さん(以下、堀井さん):
コンセプト自体は2年ほど前ですが、ほぼこのカタチ、スペックに決めたのは2015年中頃ですね。

シャープコンシューマーエレクトロニクスカンパニー
クラウドサービス推進センター
イノベーション企画部主事の堀井美穂さん


モノマガ:
それまでには侃々諤々、艱難辛苦、時には開発チーム崩壊の危機などもあったことかと……

上杉さん:
それはない(笑) AQUOSココロビジョンプレーヤー は液晶テレビ「AQUOS」のコンパニオンツールとして考えたいたのでテレビ背後に引っ掛ける、なんて設置案もあったくらいいろいろな可能性を検討しましたね。リモコンもアイディアの集合で、採用された白黒ツートンの意味は、デザインチームの言葉を借りれば、白い部分がネット視聴を象徴するandroid領域、黒い部分は昔ながらのテレビやテレビ文化の操作領域、そんなハイブリッド・コンセプトだそうです。

モノマガ:
AQUOSココロビジョンプレーヤー の名前の由来は?
堀井さん:
テレビジョンが遠く(テレ)のものを映し出す装置(ビジョン)だったのに対して、家族のココロを映し出す装置に変わっていったらいいよね、だったら『ココロのビジョン』だねって、わりとストレートに決まりました。開発チームとしては、これからのテレビのありかたを再定義することを共通認識に、スマホとの差異を意識しました。スマホは個人のツール、テレビは家族で共有する家電で、本来、家族と共にあるものだと思うのです。テレビの前に集まる家族の姿がいまよりもっとハッピーなものになるよう、みんなが喜ぶような提案をすべきだろうとね。最近は家族がテレビの前に集まっていても、実はみんなそれぞれのスマホを操作している、なんて光景は珍しくないけど、やっぱりそれでは寂しい(シャープ社内でも、特にお父さん世代からそういう愚痴(?)がもれてくるとか!?)。みんなでテレビを観て「ワハハ、面白いっ!」と楽しめるのって幸せな光景だなと思うし、テレビはそういう家族のパートナーになりたいと思っています。私自身も、個人的にそういう関係性を築いていたいです。

モノマガ:
「子供は鎹(かすがい)」ならぬ「テレビは家族の鎹」ですね。なんだか落語みたいですけど(笑)
堀井さん:
そう! そうなんですよ。テレビを家族のパートナーとしてぜひ愛していただきたい。家族だったら挨拶するよね、だったらそこから起動時に「こんにちは」って言おうよ、なんて、AQUOSココロビジョンプレーヤー の仕様って割とシンプルな発想で決まったものが多いんです。忙しい朝は時間を知りたいよね、なら時刻を音声でお知らせできたら便利だよね、というようにね。

モノマガ:
人感センサーが備わっていますが、どのくらいの範囲で反応するんでしょう?
堀井さん:
およそ左右計120°、距離2.5m以内の範囲で感応します。部屋に入ってソファに座る、そのくらいの感覚でしょうか。比較的鋭敏に反応しますが、部屋の中を通過しただけのようなときは、その後1分間操作がなければ自動OFFします。
モノマガ:
もしかして対話できちゃいます?
上杉さん:
将来的には実現したいと思いますが、まずはテレビから語りかける仕様にしています。
モノマガ:
「冷蔵庫になにかある?」なんて会話できたら楽しいでしょうしね。
堀井さん:
それいい! しかも冷蔵庫に入っている具材でできる料理を探してくれて、調理法を動画で見せてくれたらすごいかも! いち主婦としても夢は広がります(笑)
モノマガ:
「包丁切れ味悪いな」ってつぶやいたら、研ぎ方動画ページとか、砥石のウェブショップ表示してくれるとか(笑) 考え始めたらキリがない(笑)
堀井さん:
ちなみに、私が所属する部門にはロボホンの開発に携わるチームもあるのですが、話しかけているの見ると羨ましいんですよ。「私も AQUOSココロビジョンプレーヤー と対話したい!」と本気で思いましたよ。だからこそ将来的にはいろいろ挑戦したいんです!



モノマガ:
AQUOSココロビジョンプレーヤー って未知の可能性が詰まったドリームボックスって感じかな。
上杉さん:
そう言っていただける嬉しいですね。私たちも“テレビでAndroid™を活用してコンテンツを楽しむとは、これイカに!?”というところから検討を始めて、とりわけ、日本でネットワークに接続されているおよそ100万台のAQUOSテレビユーザーに、新しい視聴体験を提供できるかと激論に次ぐ激論。時にコンシューマーエレクトロニクスカンパニー社長の長谷川も加わっての熱血教室! 長谷川の思いが詰まったAIoT(Artificial Intelligence of Things=モノの人工知能化)コンセプトをやり遂げるんだ! というチームの情熱から生まれた結晶がAQUOSココロビジョンプレーヤー なんです。


 1  2  3  次>


カテゴリー: mo.web 番外編| 投稿日: 2016年6月10日 | 投稿者: moweb