Bluetoothイヤホンってポロリしない?
首にかけるサウンドパートナーの強みとは

Bluetoothイヤホンってポロリしない?

煩わしいケーブル付きのイヤホンから、ワイヤレスイヤホンが浸透した昨今。一方で電車のホームでワイヤレスイヤホンを落とすなど、不便な点や困った点も聞こえ始めました。かくいう私もワイヤレスイヤホン、ポロリの常習者。そこで解決策として首にかける「AQUOSサウンドパートナー」を使ってみたのでご紹介します。


イヤホンを「首にかける」とどんな利点がある?


Bluetoothイヤホンってポロリしない?

まずは使用する前にどんなメリット・デメリットがあるか推測。
そして、実際に試して検証してみることに!

【メリットと思われる点】
・ポロリが無くなる
・耳にずっとイヤホンを付けていると「イぃぃいいいー」ってなるのが無くなる。
・激しく動いても大丈夫。
・落としたらヤバイ、駅のホーム、トイレ、洗面台、キッチンなどでも安心。
・周りの音が聞こえる

【デメリットと思われる点】
・周りに音が聞こえてしまう
・周りをシャットアウトして集中する・没入するには微妙
・肩がこる?


①:AQUOSサウンドパートナーを外で使ってみた


Bluetoothイヤホンってポロリしない?


早速、朝の散歩にAQUOSサウンドパートナーを試してみました。結論!広い庭、私有地、ご近所が密集してないのなら外で使うのも凄く良いです!!88gの軽量設計なので、肩もこらない上に連続16時間再生が可能なバッテリー搭載。

気になる「周りへの音」ですが、ご想像の通り周りにも多分聞こえます。電車などの公共の場所は不快に思われるので、お勧めしませんが人の少ない自然の中ならとっても開放的。


Bluetoothイヤホンってポロリしない?


ご想像の通り、動いても落ちないのでウォーキングや自転車でツーリングなどは最高だと思います!しかし、懸念点もいくつかあるのでご紹介します。

懸念点としては、都会では車の音が大きいので音がかき消されて聞こえずらい。あと、筆者が自意識過剰なだけですが、普段オーディオブックを聞くので、自分が何に興味があって、何が学びたいかとか、なんの音楽聞いてるかなど駄々洩れなのは個人的に恥ずかしいですね…。

でも、庭や私有地、周りに人がいないなら、肩にかけていても重くないですし快適そのもの!


②:AQUOSサウンドパートナーを家事のお供にしてみた


Bluetoothイヤホンってポロリしない?


では、次に屋内で使ってみましょう。
こちらの結論も先に言ってしまいます!家事にはピッタリ!

テレビやスマートフォン、パソコンなどとBluetoothで接続することが可能なので、キッチンからテレビが離れていて聞こえづらいというときも、料理しながらテレビやYouTubeの音を聞くことができます。


≪皿洗い編≫


Bluetoothイヤホンってポロリしない?


直接耳をふさがないため、周りの音にも反応できるのもメリット。家族の声や、レンジの音、インターフォンの音、宅配便などに気づかず無視、居留守になることもないので安心。

そして、実はこのAQUOSサウンドパートナーは生活防水仕様なので、皿洗いもなんのその。ポロリの恐れもないし、クリアな音を聞きながら家事や掃除ができるので、奥さんへのギフトにもお勧めかも☆


≪洗濯編≫


Bluetoothイヤホンってポロリしない?


スマートフォンとペアリングしている場合は何処に移動しても問題なし!なので、洗濯機をまわして、ベランダで洗濯物を干している最中も、音楽やYouTube、オーディオブックが楽しめました♪

庭があるお家はガーデニング等の屋外作業も、楽しく快適に過ごせそうですね。


③:AQUOSサウンドパートナーをPCと繋いでみた


Bluetoothイヤホンってポロリしない?

マイクを搭載しているため、スマートフォンのハンズフリー通話はもちろん、
最近はリモートワークでなどが増えてきたのでパソコンとつないでビデオ会議などにも使用可能です!

Bluetoothイヤホンってポロリしない?

TVやBluetooth機能のないPCに繋ぐ場合は同梱のBluetooth送信機をセットします。低遅延コーディック「Qualcomm aptx Low Latency」に対応しており、テレビの映像と音声のズレを抑えるので、音が映像と遅れて聞こえるなどの不快感もありませんでした。


Bluetoothイヤホンってポロリしない?


こんな感じでPCにつないでました。オンラインミーティングなどでは確かに便利だけど、「家で音楽を聞くのならBluetoothスピーカーを使えばいいではないか」と、気づいちゃった方もいるのではないでしょうか?

そう…、確かにそうなのですが、筆者のように「集合住宅で壁が薄い」という人、音漏れなどに気をつかう方には通常のBluetoothスピーカーよりもAQUOSサウンドパートナーがよいです!

なぜなら音が効率よく耳に向かうように設計された、リフレクター構造のスピーカーなので小さい音でも充分クリアに音楽を楽しめます。リモートワークの方で、近くの部屋に家族がいて音に気を遣うという人にも凄くおすすめですね。

【商品詳細】
品名:AQUOSサウンドパートナー
形名:AN-SS2
カラー:レッド、ブラック、ホワイト、ローズゴールド
音楽再生時間:約16時間
充電時間:約2時間30分
通信方式:Bluetooth5.0
外形寸法:幅184×奥行185×厚さ18(mm)
質量:約88g


AQUOSサウンドパートナーを使った最終結論


Bluetoothイヤホンってポロリしない?


さてさて、こうしてメリット・デメリットを掲げて検証したので、答え合わせといきましょう。メリットと思われる点は、ほぼその通りで文句なし!個人的には耳に付けるイヤホンは2時間くらいが限界かなと思っているので、首置きは良いと思うのですが皆さんはいかがですかね?

ハートが強ければ都会での使用もいいと思いますし、様々な使い方ができそうです。
デメリットと思われた「重さ」はほぼ気にならなかったので、プラスポイントに!

しかし、プログラマーとかエンジニアで仕事に没入したい人はヘッドホンとかの方がいいかもしれませんね。ただ、宅配便の居留守はやめてあげてくださいね。置き配か、宅配ボックスに指定必須(笑)。

にーの(ni-no)
  • バンジージャンプなどのアクティビティから家電、インテリアなど、「面白いもの」「キレイなもの」「新しいもの」をこよなく愛する自由人。みなさんの気になるアイテムから、斜め上なアイテムまでゆる~くご紹介!