菊池雅之のミリタリーレポート
感動をありがとう!
入間基地航空祭2022


入間基地に所在する第2輸送航空隊第402飛行隊に配備されているC-2が魅せた!2機によるタイトな旋回飛行にはびっくり!

 2022年11月3日、入間基地(埼玉県狭山市ほか)において「入間基地航空祭2022」が開催されました。これまでも祝日である「文化の日」に毎年開催されてきましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止が続き、3年ぶりの実施となりました。


 入間基地航空祭と言えば、都心部からのアクセスの良さから、関東だけでなく、日本中から多くのファンか訪れることで知られています。驚くべきことに入場者数は30万人を超えることもありました。


 地上展示機をみるどころか、人の背中を眺めることしかできない状況から「これでは人間航空祭だ!」とうまいことを言った人もいました。今回はコロナ禍ということもあり、事前申し込み制での入場制限が設けられたため、来場者数は約2万7000人と絞られました。


 そこで、これまでのような混雑なく、全体的にゆったりとした雰囲気の中での航空祭となりました。

第402飛行隊が配備する新旧輸送機の共演。C-1を運用するのは同部隊のみとなった。

 さて、同航空祭では、今回ようやく初お披露目となった機体があります。それがC-2輸送機です。入間基地には、第2輸送航空隊が所在しております。そして同部隊には、輸送機を運用し、空自の各種輸送業務に留まらず、海空自衛隊の支援にも当たる第402飛行隊があります。


 この飛行隊では、これまでC-1輸送機とU-4多用途支援機が配備されていましたが、2021年(2020年度)よりC-2の配備が始まったのです。正式に第402飛行隊に配備されてから、前述のように航空祭は中止となってしまいましたので、飛行中の姿をお披露目することができませんでした。それがようやく叶ったのです。

空自輸送機の任務の一つである第1空挺団の輸送支援。実際に空挺降下を会場で披露し、その任務の一端を紹介した。

 来るものあれば去るものもあり……。C-2の配備が進めば、C-1が引退していくことになります。今回の航空祭でラストフライトを迎えることになったのが、C-1の029号機です。この“029”を“オニク”と読み、航空ファンに愛された機体です。


 新旧輸送機は、2機ずつの計4機でフォーメーションを組み、大空を飛びぬけました。C-2によるタイトな2機編隊での旋回飛行は大迫力でした。寄る年波を感じさせないC-1の機動飛行も最高でした。


 そして“オニク”は、着陸すると、消防車による放水のアーチで出迎えられました。そしてエンジン停止。これにて、“オニク”はもう二度と飛ぶことはなくなりました。しかし最後の時が航空祭というのは、引退する機体からすれば幸運だったのかもしれません。多くのファンに見送られ、お別れを伝えることが出来たのですから……。

飛行を終えて着陸する029号機。オニクの愛称で親しまれた機体はこの日がラストフライトとなった。消防車の放水アーチで出迎えられる。

 航空祭の目玉はまだまだあります。中部航空方面隊司令部支援飛行隊にはT-4が配備されており、そのT-4を4機編隊として「シルバーインパルス」と呼ぶ存在が入間基地にはあります。


 本家ブルーインパルスが、若きパイロットで構成されているのに対し、こちらは平均年齢51歳のオジサンで構成されていることから“シルバー”を冠しているのです。ダイヤモンド編隊等で基地上空を飛行し、来場者を魅了しました。


 ここでもお別れが。「シルバーインパルス」の飛行隊長を務めました渡辺信行2佐が、なんとこの航空祭での編隊飛行がラストフライトとなったのです。


 なかなか、航空祭当日がラストフライトとなるのは珍しいことです。渡辺2佐が乗る紅白のT-4は、着陸すると、消防車の放水アーチをくぐり、大勢の仲間が待つ駐機スポットへ。降機後、仲間たちと記念撮影に収まりました。これを遠巻きに見ていた来場者も渡辺2佐へ惜しみない拍手を送りました。

4機のT-4による「シルバーインパルス」。飛行隊長を務めた渡辺2佐は本航空祭でラストフライトを迎えた。

 この他にも、C-1からの第1空挺団によるパラシュート降下訓練展示や、入間ヘリコプター空輸隊のCH-47Jによるスリング飛行、飛行点検隊による飛行展示などが行われました。


 今年の入間航空祭を振り返ると「ドラマ多き航空祭」と言えるものでした。ここまで心に響く航空祭はなかなかありません。感動をありがとうございました。

入間基地にのみ配備されているU-4多用途支援機による飛行展示も行われた。
入間基地に所在する飛行点検隊に2020年より新たに配備されたU-680A(写真手前)とU-125。
  • 軍事フォトジャーナリスト.。1975年東京生まれ。日本写真芸術専門学校卒業。講談社フライデー編集部専属カメラマンを経て軍事フォトジャーナリストとなる。主として自衛隊をはじめとして各国軍を取材。また最近では危機管理をテーマに警察や海保、消防等の取材もこなす。夕刊フジ「最新国防ファイル」(産経新聞社)、EX大衆「自衛隊最前線レポート」(双葉社)等、新聞や雑誌に連載を持つなど数多くの記事を執筆。そのほか、「ビートたけしのTVタックル」「週刊安全保障」「国際政治ch」等、TV・ラジオ・ネット放送・イベントへの出演も行う。アニメ「東京マグニチュード8.0」「エヴァンゲリオン」等監修も行う。写真集「陸自男子」(コスミック出版)、著書「なぜ自衛隊だけが人を救えるのか」(潮書房光人新社)「試練と感動の遠洋航海」(かや書房) 「がんばれ女性自衛官」 (イカロス出版)、カレンダー「真・陸海空自衛隊」、他出版物も多数手がける。YouTubeにて「KIKU CHANNEL」を開設し、軍事情報を発信中
  • https://twitter.com/kimatype75