【モノ・マガジンTV】 ツーCAR・TALK! 第8回:新型フェアレディZをガッツリ試乗! 前編


元F1メカニックの津川哲夫さんとモノ・マガジン編集部の加藤文晶さん。この津川(ツー)と加藤(カー)が、ツーカーの間合いでするクルマ談義です。今回は日産の新型フェアレディZにガッツリ試乗します。内容は「2シーターのスポーツカーの登場で、津川さんの本領発揮!」「よだれが出ちゃってワクワクしてます(津川)」「鼻先がとんがっているところがZです」「斜め手前から見た時の全体的な3次元的フォルムがやはりZ」「昔のZをオマージュして、今のモダンなクルマにはめ込んだネオクラシックな感じをうまいことやっている」「横から見るとロングノーズ、ショートデッキに感じるけれど、実際にはロングノーズ車の形ではなく、非常にバランスのいいデザイン」です。ご覧あれ! 後編もお楽しみ!

津川哲夫(tetsuo tsugawa)

 1949年生まれ、東京都出身。1976年に日本初開催となった富士スピードウェイでのF1を観戦。そして、F1メカニックを志し、単身渡英。
 1978年にはサーティーズのメカニックとなり、以後数々のチームを渡り歩いた。ベネトン在籍時代の1990年をもってF1メカニックを引退。日本人F1メカニックのパイオニアとして道を切り開いた。

加藤文晶(fumiaki kato)

タイヤが付いているモノなら何でも大好きな1971年12月生まれのアラフィフ男子。チューニングカー雑誌、RCカー専門誌の編集者を経て、現在はモノ・マガジン編集部に在籍。本誌ではクルマ、オートバイ、模型ホビーの特集を担当することが多い。