【モノ・マガジンTV】
ツーCAR・TALK!
第3回:話題のラジコン、京商の「ハコスカ」をお取り寄せ 前編


元F1メカニックの津川哲夫さんとモノ・マガジン編集部の加藤文晶さん。この津川(ツー)と加藤(カー)が、ツーカーの間合いでするクルマ談義です。今回は話題のラジコン、京商の「日産スカイライン2000GT−R」を取り寄せての徹底解剖、その前編です。内容は「富士スピードウェイでのデビュー戦から観ているくらい、津川さんにとっては、バリバリに思い入れの強いクルマ」「ということで、ラジコンに目をやると、まさにイメージの中のハコスカがそのまま飛び出してきたよう」「なんてったってエンブレムがかっこいい、いかにもGT-R」「フロントとテールの堀の深さがうまく表現できている」「ラジコンの中身を元F1メカニックの津川がどう見るのか?」です。ご覧あれ!

津川哲夫(tetsuo tsugawa)

 1949年生まれ、東京都出身。1976年に日本初開催となった富士スピードウェイでのF1を観戦。そして、F1メカニックを志し、単身渡英。
 1978年にはサーティーズのメカニックとなり、以後数々のチームを渡り歩いた。ベネトン在籍時代の1990年をもってF1メカニックを引退。日本人F1メカニックのパイオニアとして道を切り開いた。

加藤文晶(fumiaki kato)

タイヤが付いているモノなら何でも大好きな1971年12月生まれのアラフィフ男子。チューニングカー雑誌、RCカー専門誌の編集者を経て、現在はモノ・マガジン編集部に在籍。本誌ではクルマ、オートバイ、模型ホビーの特集を担当することが多い。