20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場! 

20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場!

「カップ麺を出してない最後のビッグネーム」としてラーメン業界で話題となっていた一蘭。

20年以上前から構想はあったものの、「麺・スープ・秘伝のたれのどれも一切妥協はできない」とそのこだわりの強さからこれまでカップ麺の商品化は実現してきませんでした。

しかしそんな一蘭のカップ麺がついに発売となります!

今回は「プレス向け試食会」に参加することができたのでその様子、そして気になるカップ麺の味をお届けいたします!

20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場!

今回私たち報道陣には「一蘭から、アレが出ます。」ということしか知らされていませんでした。

「アレとはいったい……?」そう思いながら会場である新宿の店舗に足を踏み入れます。

20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場!
※店舗ではこのような形での提供はしておりません

「なにはともあれ、まずは商品をお召し上がりください!」と広報さんに言われ登場したのは、いつもの一蘭のとんこつラーメン……の具なしバージョン!?
麺とスープと秘伝のたれのみです。

口にすると、通常の店舗で出てくるものよりもとんこつスープが濃厚な感じがしました。
そして、具がない分ものたりないかと思いきや、逆です。
むしろスープの旨味や秘伝のたれの辛味に「味集中」できるというか、より研ぎ澄まされた感覚で味に向き合えるような気さえします。

20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場!

「というわけで、今回一蘭からカップ麺『一蘭とんこつ』が出ます!」と広報さんから発表があったのは私が出された試食を食べ終わってから。
えーーー!今筆者が食べたのってカップ麺の商品だったの!?そう思わず疑うほどに、麺が「カップ麺クオリティ」じゃなかったことには本当に驚きです。騙されます。

「おみやげ商品」とも、「お店の味」とも異なるのが今回のカップ麺。
特注ノンフライ麺がまるで生めんのような食感です。

具材が入っていないのは、「純粋にラーメンの味を楽しんでほしい」という想いから、敢えて入れていないのだそう。ご家庭でお好きな具を足すのもありですが、筆者的にはスープの旨味を堪能するためにまずはそのまま食べることをおすすめしたいです!スープには「香味油(食材を煮詰めて香りを移した油)」が使用されており、味わい深さが引き立っています。だから具がなくても満足できてしまう……そんな一蘭のすごさを実感できるはず。

20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場!

カップ麺には、ノンフライ麺と、液体スープ・粉末スープ・秘伝のたれが入っています。
スープを「液体」と「粉末」両方で作るのも深い味の秘密なのだそう。

20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場!

ノンフライ麺にお湯を入れ、液体スープをフタの上で温めます。

20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場!

4分後、粉末スープと秘伝のたれを入れれば完成です!

20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場!

通常のカップ麺よりもスープの量が多めで、しっかりと味わえるのが特長!

20年の時を経て、遂に一蘭からカップ麺が登場!

まさに一蘭の味へのこだわりを結集したカップ麺!
これからはおうちで好きな時に好きなだけ一蘭を楽しめると思うとワクワクしますね!

■カップ麺「一蘭とんこつ」
価格:490円(税込)
発売日:2月15日
取り扱い店舗:一蘭店舗、一蘭公式通販、一部コンビニ・小売店
       ※一蘭 古賀SA店(下り)を除く
公式サイト:https://ichiran.com/news/tonkotsu-cup.php

  • 恋愛・就職・食レポ記事を数多く執筆し、社長インタビューから芸能取材までジャンル問わず興味の赴くままに執筆するフリーランスライター。コンビニを愛しすぎるあまり、OLから某コンビニ本部員となり、店長を務めた経験あり
  • https://twitter.com/KA_HO_MA