マツダ CX-60堂々デビュー


CX-60が欧州でデビューしました。同車はマツダがかねてから公表していたCX-5よりも高価格帯のモデル(ラージ商品群)を充実させるというアナウンスがありましたが、その最初のモデルになります。

ラージ商品群というだけあり、ボディサイズもCX-5よりもひとまわり大きく、欧州仕様というタダシガキがつくが、全長4745mm、全幅1890mmに。そのサイズながらも2列シート5人乗りというから車内は広々のはずで、かつライバルをプレミアムブランドとしているあたり、品の良い内装も注目。

明るい内装色のほか、落ち着いたブラックも用意されています。

気になるパワーユニットは同ブランド初のPHEVを採用。その中身は2.5リッターの直4にモーターを組み合せ、システム合計出力は327PS、500Nmを発揮。オーバー300PS、こ、これはドン•ガバチョ大統領(NHKの名作人形劇「ひょっこりひょうたん島」の登場人物)的な表現ならば「みなさーん! ツイにマツダの市販車も300馬力オーバーですぞー」と声を大にして叫びたい。事実、マツダ自身も「このスペックはマツダがコレまでに製造したなかで最も強力なロードカー」とアピールするのだからして。公表された値ならば、0-100km/hは5.8秒という。組み合わされるミッションは8AT。

駆動方式は安心の4WDで、SUVらしくコンディションの悪い路面でも威力を発揮。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンクとスポーツカー並みのモノ。さすればハンドリングも期待が高まると思いきや、なんと同車にはマツダの看板車種でもあるロードスター(ND型)と同様にKPC(キネマティック•ポスチャー•コントロール)が採用というではないですかい。ドライビングプレジャーにこだわるブランドらしいSUVに仕上がっているのは間違いないでしょう。

ちなみにKPCは工具のブランドではないです。それはKTC(失礼)。KPCは旋回時などにリア内輪に微弱な制動をかけることで、クルマの姿勢を安定させるマツダ独自の車両制御システムです。コーナリングの姿勢が安定すれば運転が苦手な人も連続カーブは怖くなくなるし、腕に覚えのあるドライバーなら「見せてやるぜ、ユーとミーのテクニックの差をな!」と名作「サーキットの狼」の隼人ピーターソンのように駆け抜けていけるでしょう。

 スポーティなSUVは数あれどPHEVを持つモデルとなると選択肢が少なくなってきます。

CX-60のバッテリー容量は17.8kWh。EVモードも備え、100km/h以下という条件ではありますがバッテリーのみで63km航続可能としています。63kmといえば、おおよそ東京駅から直線距離で神奈川県大磯町くらい、梅田駅からならば和歌山の九度山までカバーできる距離。

 賢明な読者の方ならば、なぜPHEVなんだ、とか世界的にはBEVの方向なのに、それじゃないのかとご指摘もあると思います。筆者の勝手な予想、いや希望的観測では車種別でなくメーカー別の平均燃費を算出、そのメーカーの年間販売台数を加味し、基準を超えたメーカーには罰金を科すという日本やヨーロッパで企業別平均燃費基準(CAFE規制※)が強化されたのもあるはずですし、もしかしたら平均燃費を底上げして1モデルだけ純ガソリンエンジンのスポーツカーを……だったらいいなぁと。興味は尽きないCX-60、日本では4月上旬に「発表」予定と噂されています。

マツダ https://www.mazda.co.jp/
問 マツダコールセンター 0120-386-919

  • 自動車ライター。専門誌を経て明日をも知れぬフリーランスに転身。華麗な転身のはずが気がつけば加齢な転身で絶えず背水の陣な日々を送る。国内A級ライセンスや1級小型船舶操縦士と遊び以外にほぼ使わない資格保持者。