絶妙なサイズ感がちょうど
スズキ ワゴンRスマイル


 スズキのワゴンRといえば、1993年にデビューし、軽自動車は狭い! という先入観をクルマの身長(全高)を伸ばすことでそれを解消、奥様の買い物からヤンチャ系ニーチャンのカスタムベースとして大ヒットしたモデルである。そのワゴンRも2017年で6代目が登場し派生車種としてワゴンRスマイル(以下スマイル)が発売された。

んんん? スペーシアとどう違うんじゃい! と思った貴方、筆者も最初はそう思ったのですがそこは軽自動車に強いスズキ、キチンと違うモデルなのだ。まずワゴンRシリーズとデザインをのぞいた最大の違いはワゴンRのネーミング史上初のスライドドア採用車ということ。

そしてスペーシアとの違いだがそれは全高によるモノ。ベースとなったのは確かにスペーシアだが全高が105mm低い。限られたサイズに夢を詰め込む軽自動車にあって、105mmのサイズ違いはかなり大きい。スペーシアはいわゆる、スーパーハイトワゴンだがスマイルはワゴンR同様のハイトワゴンになる。なるほど、じゃあワゴンRくらいの広さだな、と思いきやワゴンRより広いのだ!

実際の数値で比較すると室内高で65mmスマイルの方が大きい。室内高は感覚的な広さに直結する。実際広いのだけれど感覚的にはスーパーハイトワゴンっぽく感じられる。それでいて全高はスーパーハイトワゴンよりも低い。屋根が低ければいいことも多い。例えば60km/hで走っていて横風を受けた時は怖さを感じる量が少ないし、洗車する時も脚立を持ってきてエイヤっと満身で気合いを入れることもない。

 その室内空間はダッシュボードに丸みを持たせ柔らかな印象を演出。

シート下など豊富な収納スペースはさすがで、ドリンクホルダーは500mlの紙パックも対応。インパネにはUSBソケットを備える使い勝手の良さは◎。もちろん後席の足元スペースも広く、シートは前後のスライドやリクライニングも可能だ。

 搭載されるエンジンはマイルドハイブリッド搭載グレードと純ガソリンエンジンの2つ。ターボは用意されていないのもトピックだ。メーカーによるとスペーシアよりも車重が軽いことと、ユーザー層が街乗りメーンで1人ないし2人乗りを想定しているため現時点では設定なしという。ユーザーの声が高まれば追加もあり得るかもしれない。

 最新の安全装備は夜間の歩行者にも対応したデュアルブレーキサポート、後退時ブレーキサポート、前後誤発進抑制機能、ハイブームアシスト、前席のエアバッグのほかフロントサイドエアバッグ、カーテンエアバッグは全車標準装備。ハイブリッドモデルには全車速追従機能付きのACCなどのオプション設定も用意されている。ちなみにエントリーモデルの価格はFFモデルの129万6900円からとスライドドア採用のワゴンとしてはかなりリーズナブル。エントリーモデルでも4WDになるとシートヒーターなどが標準装備になる。また女性ユーザーには嬉しい360度プレミアムUV&IRカットガラスはトップグレードのHYBRID Xに標準装備。スライドドア採用のワゴンモデルが欲しいけれど背が高すぎるのはちょっと、という奥様、注目でございますわよ!

ワゴンRスマイル HYBRID X(2WD)


価格:159万2800円
全長×全幅×全高:3395×1475×1695(mm)
エンジン:657cc直列3気筒
最高出力:49PS/6500rpm
最大トルク:58Nm/5000rpm
モーター最高出力:1.9kW/1500rpm
モーター最大トルク:40Nm/100rpm
WLTCモード燃費:25.1km/L

スズキ
https://www.suzuki.co.jp/
問 スズキ(株)お客様相談室 0120-402-253

海野大介(daisuke unno)
  • 自動車ライター。専門誌を経て明日をも知れぬフリーランスに転身。華麗な転身のはずが気がつけば加齢な転身で絶えず背水の陣な日々を送る。国内A級ライセンスや1級小型船舶操縦士と遊び以外にほぼ使わない資格保持者。