こだわり抜いたサーバーに注目!話題のキリン ホームタップのおいしさの秘密をモノ・マガジン視点で検証!

Sponsored by KIRIN

家時間を充実させてくれるモノが売れに売れているが、自宅で気軽に生ビール体験ができると話題なのが「キリン ホームタップ」だ。つくりたての生ビールのおいしさが自宅に届くというキリンの粋なサービスだが、ビールも大好物なモノ・マガジンwebのライターSがさっそく試してみた。

工場つくりたてのおいしさが自宅に届く!

最初に軽く概要を説明しておくと、サービス申込すると専用の生ビールサーバーと、キリンこだわりの生ビールが自宅に送られてくる。簡単セッティングしたら待ちきれないので、さっそく一杯。

クリーミーすぎる泡がヤバいね、マジで。自分の手で生ビールを入れるのがこんなにテンション上がるとは思わなかったが、ふわとろ美人泡なオレが入れた生ビール、さっそく飲んじゃいま〜す!

うん、旨い!泡の口当たり舌触りが超なめらかで、いまオレは生ビールを飲んでいるんだというリア充感。しかも、自分ん家で。凄いぞ「ホームタップ」! 思わずタップダンス踏んでしまいそうだ。

サーバー、配送、ビールと全てに隙なし!

一口で心踊ってしまったこのワクワク感。これを実現するためにはキリンさんの深〜いこだわりがつまっていたのだ。まずは“感動の泡”をつくり出すために試行錯誤を重ねた専用生ビールサーバー。さらには、工場つくりたてのおいしさを自宅へしっかりお届けするため、ビールの品質劣化に影響する酸素の透過を防ぐ特殊コーティング技術を搭載したホームタップ専用ペットボトルも開発。届けてもらえるビールも定番の「一番搾りプレミアム」を筆頭に、サーバーから注がれるクリーミーな泡と相性抜群な選りすぐり高品位銘柄をラインナップと隙がない。

サービス全体の完成度が高いのは、実は構想から8年というキリンの想いがつまったプロジェクトだから。その背景にあるのが、キリン社員が最初の工場研修で知るつくりたての生ビールの格別な味わいだ。タンクの蛇口をひねって生ビールを注ぎ出すときの感動をぜひ、自宅でも味わってほしい。そんな熱い想いから2017年に会員制による「ホームタップ」サービスを開始。その後もユーザーの声を聞きながらより使いやすいように改良を重ね、増産のメドがたった今年3月に本格始動させた。

テーブルやキッチンカウンターにも置きやすいコンパクトボディと、暮らしになじむデザインもイイね!

ここにも注目! モノマガ的トリビア解説

モノにこだわるモノ・マガジンなので、気に入ったディテールも紹介したいが、まずはいつでも飲み頃温度をキープしてくれるサーバーの保冷機能だ。電源を入れておけば48時間おいしさキープ。金曜日の夜から飲みはじめて土、日と、週末の自分へのご褒美にちょうどいいかも。ペットボトルに装着してビールをノズル部へと繋ぐビアラインキャップは、水道の蛇口をヒントにデザインしたこだわりパーツ。指にフィットしてキュキュッと閉めるのが心地よくてつい、無駄に開閉したくなる。こういう感覚的な部分って結構、大事なんスよね。全部飲み終わったらビアラインキャップを水洗いするだけの簡単お手入れ。ホント、手間なしがイイね! ボトルのセッティングもスムーズだし、全体としてよくデキたギミックに感心だ。

ビールに最適な温度をキープする保冷機能
お手入れも簡単なビアラインキャップ

「ホームタップ」の醍醐味、クリーミーな泡の秘密はバルブにある。ビールを押し出すガス圧の強弱に関係するパーツだが、直径の違うバルブで何度もカット&トライを繰り返し、ちょうどいいビールの注ぎ出し速度を実現。さらに、タップを傾けるだけの簡単操作で注ぎ&泡付けができるキモはノズル部の設計にあり。ノズル先端を狭めることできれいな泡をつくることができるが、狭めすぎると流出量が少なくなるので、その絶妙バランスを追求している。タップの傾け加減によるある種の職人的な感覚が愉しめるマニュアル操作感も悦。ディテールのこだわり凄いですね、キリンさん!

試行錯誤の末にたどり着いたバルブ形状
手に馴染むサイズ感の木製タップ

キリン担当者に訊いた”こだわりのツボ”

キリンビール マーケティング本部 事業創造部 堀孝佑さん

ご自宅で長く愉しんでいただきたいサービスだからこそ、簡単なセッティングとお手入れのしやすさにもこだわっています。週末のご褒美にご夫婦で乾杯や、チョコっと一杯飲みたいときに少量注ぐことも可能です。泡の量を自由に調整することで、自分好みの泡の配分を追求することもできます。みなさんのビールライフに合わせてぜひ、自由にお愉しみください!

ビールは旨いし、こだわり満載。モノ・マガジンも大満足のホームタップで乾杯だ!

今回、「キリン ホームタップ」を体験してみて思ったのは、高い品質を保ったキリンこだわりの生ビールが旨いのはもちろんだが、自分の手で生ビールを入れるのがこんなにも愉しいということ。気分がいいので、つい家族や友人にと人の分まで生ビールを入れたくなってくる。生ビールに懸けるキリンさんの熱い想いがしっかりと伝わった粋なモノづくり。モノ・マガジンも太鼓判です!

キリン ホームタップ【サービス概要】

「月4Lコース」月額8250円(税込)~、「月8Lコース」月額1万2430円(税込)~の2コースから選べる。いずれも月2回自宅へ配送、契約後のコース変更も可。サーバーレンタル料は無料。サーバー備品一式、ビール配送料は月額料金に含まれるのでおトク! ビールは通年の「一番搾りプレミアム」に加え、「スプリングバレー オンザクラウド」、「グランドキリン IPA」「ブルックリンブルワリー ブルックリンラガー」などの季節に応じたこだわり銘柄から選べる。5月には夏に最適な「ブルックリンサマーエール」も登場。

※最低契約期間(12か月)継続利用が必須。

 

※販売時期やラインナップは予告なく変更する場合がございます。
※ホームタップにおける期間限定ビールです。一部店舗、通販でもお取り扱いのある商品です。
※期間限定ビールには、加熱処理をしている生ビールではない商品も含まれます。

キリン ホームタップ  詳しくはこちらをクリック!

Text:モノ・マガジンweb   Photo:篠田麦也