食材が簡単に「燻製」になる魔法の調理家電!「iBUSIST」を試してみた!


燻製を作るとなると、高価で大きな什器、下処理をした食材、燻始めてからの時間などなど、初心者にはなかなかハードルが高いもの。しかも、出来上がりが残念なものになる可能性も大。しかし、この令和の燻製機「iBUSIST(イブシスト)」を使えば初めてでも簡単・手軽に燻製料理が作れる!!自分の好きな食材を、目の前でサッと短時間で燻製料理に。

「iBUSIST」

元々はIT関係の事業、BtoBの仕事をしていたトモシビのスタッフが「エンドユーザーの顔が見える」仕事がしたいと開発したのがiBUSIST。コロナ禍、少しでも心が温かくなる、ほっこりするような時間を家庭や友人と共有することができればと、スタッフ全員で燻だしたのが、この魔法の逸品だった。

シンプルなデザインは、部屋の雰囲気に合い普段使いできる代物。本体サイズ21.4cm×15.9cm×7.0cm、重量約600gとそれは持ち運びも楽。パーツ(6点)を取り付け、オプション(別売り)のドームと桜チップをセットすれば準備完了。後は3ステップ(①スイッチON②チップに着火③煙が充満したらスイッチOFF)で思いのままの燻製が出来上がる。リチウム電池内蔵・USB TypeC充電だから場所を選ばない。2時間の充電で最大8時間使用可能なバッテリーはレシピの可能性を無限にしてくれる。

USB Type C 充電
ドーム
ドームスモークホース挿入口

桜チップ装填&着火

スモークチップ 左SAKURA 右APPLE

チップ燃焼受け筒にメッシュのフィルターを置き、チップを盛れば準備完了だ。手元のスイッチは弱・中・強の3段階。筒に盛ったチップに着火すれば、あっという間にスモークがホースの先端から噴き出す。チップの筒や煙の通り道が、本体グリップ・スイッチボタンから離れていること、ホースが長めになっていることで、火傷や火事を未然に防ぐ設計になっている。スイッチをOFFにすればチップの火もすぐに消える安全設計。初めてでも簡単・安全・手軽に燻製料理が作れる!!

※スイッチOFF後、チップの受け筒が熱くなっているので注意が必要だ!

電源スイッチ(弱)・このスモークの放出力は凄い

次のページ:「iBUSIST燻製機」をつかったCookingを紹介。

1 2
  • 昭和‐平成‐令和とグルメからファッション、ペット(猫専門)まで幅広いジャンルの情報誌を手掛ける。現在は、執筆の傍ら全国地域活性化事業の一環で、観光・地方に眠るお宝(ギアもの)ご当地グルメを全国旅取材する日々。趣味は街ネタ散歩とご当地食べ歩き。自宅は猫様の快適部屋を目指し、日々こつこつ猫部屋を造作中!!