マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場!
創立70周年のカプセルコレクションが先行販売!

2021.02.07
マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場

北欧好きにはおなじみのマリメッコ。1951年に創業し、今年70周年を迎えます。それを記念したアイテムの第一弾が、2021年2月17日(水)~23日(祝・火)に、松屋銀座(1Fイベントスペース)で先行発売されます。いよいよ登場となる気になるコレクションをご紹介します。

マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場

70周年のアニバーサリーを記念して、世界中の才能あふれる若いクリエーターたちとタッグを組み、新たな視点からマリメッコのデザイン言語・デザイン哲学を再解釈するプロジェクトを始動。そこで誕生したのが「Marimekko Co-created」(マリメッコ コークリエイテッド)。アニバーサリーイヤーの今年、年4回に渡りシーズンコレクションの一部として、ファッションとホームの両カテゴリーで限定カプセルコレクションを展開します。

マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
今回使われる4つのプリントをコラージュしたトレーナー。¥39,000
マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
背面には創設者アルミ・ラティアの言葉が描かれています。

今回登場する第一弾では、「Art of Printmaking」(プリント作りのアート)をテーマに、フィンランド出身のデザイナー、アンッティ・ケッキとマッツ・ビョリン)がコレクションを手掛けています。

マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
ウニッコ柄もいつもとは違う表情のTシャツに。¥23,000

マリメッコといえば、フィンランド発の「プリント作りのアート」で知られるテキスタイルブランド。日本では、ケシの花がモチーフの「ウニッコ」柄がよく知られていて、ファンが多いデザインの一つ。

マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
「キヴェット(石)」を使ったTシャツ。¥23,000

その“ウニッコ”の生みの親が、マリメッコを代表するデザイナー、マイヤ・イソラですが、今回のコレクションは、「ウニッコ」や「キヴェット(石)」、「ロッキ(カモメ)」など、マイヤ・イソラのアイコニックなプリント、そして、マリメッコの創設者アルミ・ラティアが残した名言、30年前に撮影された写真を組み合わせたユニークなものになっています。

マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
写真を取り入れた70周年ならではのデザイン。¥39,000

パッチワークのようにモチーフをコラージュするほか、プリントデザインを刺繍やヴェルヴェットのフロック加工によって表現するなど、アニバーサリーならではのユーモラスで意外性のあるテクニックを駆使したデザインが登場します。

マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
サイドには創設者アルミ・ラティアの言葉が入っています。¥25,000

ファッションアイテムとしては、Tシャツやシャツ、トレーナー、スニーカーを展開。ユニセックスなので、男女問わず、年齢問わず、楽しめます。通常のマリメッコのデザインではなかなか見ないコラージュは新鮮に感じます。

マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
手に取りやすいマグやプレートも登場。マグのバックスタンプも特別感があります。
マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
「ウニッコ」のマグカップ¥2,800
マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
「キヴェット」のマグカップ¥2,800
マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
マリメッコでは定番の形のプレートもスペシャルデザインに。¥2,800

ホームコレクションでは、手に取りやすいマグカップやプレート、クッションカバーなどのテキスタイルアイテムで「コラージュ」を表現しています。マイヤ・イソラのデザインを組み合わせたコラージュが、70年のマリメッコの歴史を物語っているよう。

マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
トレーナーとは色や配置が異なるコラージュデザインのファブリックバッグ¥12,000

歴史を積み上げながらも、決して古さを感じさせない、伝統的なのに新しいマリメッコの魅力を体感できる「Marimekko Co-created」。個人的に今回一番気になったのはファブリックバッグ。「ウニッコ」や「ロッキ」などのデザインのコラージュはもちろん、取っ手部分に入っている「Marimekko」のロゴにも心を掴まれます。

最後に今回のコレクションに関して、マリメッコ社のレディ・トゥ・ウェア/バッグ&アクセサリー担当のヘッドデザイナー、サトゥ・マーラネンのメッセージをご紹介します。「“マリメッコのエッセンスの部分を際立たせてくれる、斬新で面白いコンセプトはないだろうか?”と考えていた中でたどり着いたのが「Marimekko Co-created」のコンセプトでした。
“Co-created”とは、新世代のアーティストたちとタッグを組み、マリメッコ70年の歴史において脈々と受け継がれてきたものを題材に、アーティスト独自の視点で再解釈・表現してもらうプロジェクト。ファーストコレクションでタッグを組んだアンッティとマッツはグラフィックデザイナーということで、今回のテーマにはぴったりのアーティスト。コラボレーションアイテムを、まるでグラフィックのレイアウトを組むような手法でデザインしてくれました。様々なアーカイブプリントや素材感、そして、隠されたメッセージを組み合わせ、異なる要素が織りなす、素晴らしいコレクションが完成しました」。

マリメッコの限定アイテムが松屋銀座に登場
70周年を記念したロゴ柄ファブリックバッグは税込み¥16,500以上購入者、先着300名にプレゼント

松屋銀座(1Fイベントスペース)での先行販売では、税込み¥16,500以上購入すると、70周年を記念したロゴ柄ファブリックバッグがプレゼントされるのも、ファンとしては見逃せません。会場に足を運べないという人も先行販売後は、マリメッコのオンラインショップでも販売されるので、ご安心を。

70周年を迎えたからこそ生まれるMarimekkoの新しいアイテム。アニバーサリーイヤーだけの特別なデザインをぜひチェックしてみてください。

■マリメッコ公式サイト:www.marimekko.jp

Ayako
  • 好奇心旺で、食べることが大好き。新商品や限定品にめっぽう弱く、ジャンルを問わず常に情報を集めてはトライ。地方の食材や調味料も発掘も楽しんでいます。また、北欧、特にフィンランドが大好きで、現地の蚤の市などではヴィンテージハントにハマっています。サウナも好きで週1~2回のサ活中で、フィンランドでは念願のサウナから湖へのダイブを体験。日々、美味しいものを求めながら、北欧雑貨とムーミンに囲まれて暮らしています。