まぐろ! サーモン!
アメリカからの逆輸入も!
食欲の秋、空腹に応える「超三貫」

2021.10.06

お得に満足できる「超三貫」フェア開催中。

回転寿司チェーン「くら寿司」では、10月1日(金)から「超三貫」フェアをスタート。名前の通り、超お得な三貫盛りがいろいろ楽しめる、胃袋にガツンと響くフェアです。1皿に三貫のっていて、1つずつ味が違うのも魅力。いつもよりボリューム満点の1皿が楽しめます。

「人気サーモン三種盛り」(110円)

まずは、「人気サーモン三種盛り」(110円)。もはや、寿司ネタとして外せない人気のサーモン。老若男女に好まれるサーモンを、定番のサーモン、とろサーモン、焼きはらすと異なる味わいでラインナップ。これが1皿110円は本当にお得。

「天然まぐろ(特Aランク)上赤身三種盛り」(220円)

王道ネタのまぐろは、「天然まぐろ(特Aランク)上赤身三種盛り」(220円)として登場。特Aランクは最高ランクのまぐろで、味の濃さが違います。これをまぐろ、漬けまぐろ、胡麻まぐろといった3つの味で楽しめる一皿。濃厚なうまみにおかわりしたくなります。

「贅沢かに三種盛り」(220円)


かなり贅沢な軍艦がこちら。「贅沢かに三種盛り」(220円)は、かにのほぐし身がたっぷり味わえるおすすめの一皿。かに身×むき甘えび、かに身、かに身×小柱という夢の組み合わせが一度に食べられるんです。かに身の香りがいいのは、水揚げ後すぐに茹でるなど、特別な加工方法を採用しているからだそう。さっぱりしていながら、かに身の香りと甘みがたまらない一皿です。

「江戸三種盛り」(220円)

ちょっと変わったところでは、「江戸三種盛り」(220円)というメニューも。江戸前寿司の定番ともいえる、赤貝、こはだ、穴子を一度に食べられてしまうツウ好みの一皿。ほかの食べ比べ皿とは違い、まったく異なるネタが楽しめるのもお得感がありますね。

「まぐろドラゴンロール」(220円)
「サーモンフィラデルフィアロール」(220円)
「えびゆずクリームロール」(220円)

そして、アメリカのくら寿司で人気のロール寿司も〝逆輸入″的に登場。極み熟成まぐろと特製ソースがマッチした「まぐろドラゴンロール」、クリームチーズがマイルドなアクセントになっている「サーモンフィラデルフィアロール」、そしてゆずの香りが爽やかな「えびゆずクリームロール」(各220円)の3種類。海外旅行でくら寿司に行った人には食べたことがある味かもしれません。現地のレシピを日本向けにしていますが、海外で人気の味を試してみるチャンスです。

「あわび軍艦」(220円)
「たら白子天ぷら」(220円)

三貫盛り以外にも、「活〆大えび」や「【青森県産】旨だれ特大蒸しほたて」(各110円)や「あわび軍艦」、「黒毛和牛すき焼き風」、「琉球スギ」、「たら白子天ぷら」(各220円)と、バラエティに富んだ〝お得″ネタもそろっています。

「琉球スギ」(220円)

個人的におすすめは「琉球スギ」。ブリにも似ていますが、もう少し脂がさっぱりとしていて、カンパチにも近い味わい。上品な脂の美味しさが感じられ、コリコリした食感も楽しめます。なかなかほかでは食べられないネタなので、ぜひ食べてみて。三貫フェアとロール寿司は10月10日(日)までですが、「あわび軍艦」などの限定ネタはなくなり次第終了となるものもあるので、確実に食べたい人は急いで!

「モンブランシュークリーム」(530円)

そして、同時期にスタートしているのが秋スイーツ。目玉となっているのは、「KURA ROYAL(クラロイヤル)」の2品。「KURA ROYAL」は、くら寿司オリジナルのスイーツブランドで、ちょっと上を行く〝専門店以上のスイーツ″を実現させたもの。この秋は「モンブランシュークリーム」(530円)と「マンゴーチーズシェイク」(530円)が登場します。

特に「モンブランシュークリーム」はイタリア産の栗を贅沢に使った濃厚なモンブランクリームを使用。モンブランホイップ、ホイップクリームと3種類のクリームの組み合わせが絶妙で、重くなりすぎず、最後まで飽きずに食べられます。「KURA ROYAL」の2品はともに1日20食限定。早めの時間帯に行くのがおすすめです。もちろん、デザート狙いで行くのもOK。

「台湾カステラ」(330円)

ほかにも今人気の「台湾カステラ」(330円)や、お寿司の後にもさっぱり食べられる「贅沢ぶどうゼリー 4種のベリー添え」(220円)、「【季節の和菓子】秋ノ柿」(220円)など、スイーツ好きも満足できるデザートがそろっています。

今回のフェアのキーワードは「超お得」。通常1皿には2貫のっていて、それでも十分だと思っていましたが、3貫は思った以上にボリュームを感じます。さらに、同じネタでも味付けを変えるなどして、食べ比べができるのは楽しみが広がります。ただ、せっかくのお寿司なので、まぐろだけ、サーモンだけでおなかいっぱいにするのはもったいない。ということで十分おなかを空かせて行くことを強くおすすめします。そして、ぜひともデザートまで堪能して、食欲の秋を満たしてください。

くら寿司の「浅草ROX店」。
内装デザインの元になった浮世絵も展示。
輪投げや射的などの“縁日”も体験できます。

また、今回、東京・浅草にある「浅草ROX店」を訪問しましたが、こちらはドイツの国際建築デザインアワード「ICONIC AWARDS 2021」のインテリア部門 最高位である「Best of Best」を受賞した店舗で、とっても雰囲気がいいのでおすすめしたい! 射的や輪投げなどがあったり、浅草の街ともマッチしていて、建物の中なのに開放的で木の温かみを感じられる空間です。そんな中でお得にお寿司を食べる贅沢をぜひ体験してみて。

公式HP:
https://www.kurasushi.co.jp/

Ayako
  • 好奇心旺で、食べることが大好き。新商品や限定品にめっぽう弱く、ジャンルを問わず常に情報を集めてはトライ。地方の食材や調味料も発掘も楽しんでいます。また、北欧、特にフィンランドが大好きで、現地の蚤の市などではヴィンテージハントにハマっています。サウナも好きで週1~2回のサ活中で、フィンランドでは念願のサウナから湖へのダイブを体験。日々、美味しいものを求めながら、北欧雑貨とムーミンに囲まれて暮らしています。