~始りの場所で受け継がれる伝統~さくら学院 2015年度のTIFレポート
文・写真/モノ・マガジン編集部  
 

今年もお台場にアイドルが総結集!

 今月初頭、東京はお台場を舞台に世界最大級のアイドルイベントであるTIF(Tokyo Idol Festival)が開催された。TIFとは2010年にフジテレビが主宰して始まったアイドル・オンリーの音楽フェス。今年で6回目を数え、2015年度は参加アイドルは154組、計1104名というアイドルたちが集った。


TIFで気になった「さくら学院」という存在

 文字通り百花繚乱の如く登場するアイドルたちの中で注目したグループが、ここに紹介するさくら学院だ。大手芸能事務所アミューズが創設した小中学生を主体としたグループで、「学校生活」をテーマとしている。メンバーは中学三年生までという“成長期限定”、少人数でのグループ内ユニットで活動する「部活動 」、学びをテーマとしたライブ“公開授業”など、他のアイドルグループとは一線を画した活動を展開している。

 これまでに13人の卒業生を輩出しており、女優やタレントとして活躍する三吉彩花や松井愛莉、実力派ソロアイドルとして期待される武藤彩未、今や世界中から注目を集めるBABYMETALなどが名を連ねる。

 創設されたのは2010年4月。武藤彩未を初代会長とし、8人のメンバーで結成された。ステージでの初お披露目は2010年8月に開催された第1回のTIF、当時の持ち歌は1曲のみだったという。しかし、その1曲はまるでTIFという大地に種を蒔いたかの如く芽吹き、さくら学院は次々と活動領域を広げ、父兄と呼ばれるファンたちを獲得していく。さくら学院にとってはある意味、始まりの地でもあるのがTIFなのだ。そして今年度もさくら学院は陽光煌めくお台場にその姿を現した。


5周年という節目、そして初参加メンバーも

 今年度のTIFはさくら学院にとって象徴的なステージとなる。開校してから5年目という節目、そして開校時からのオリジナルメンバーが全員卒業してからの初めての参加となる。メンバーを率いた5代目生徒会長の磯野莉音(中等部3年)は「半数のメンバーがTIFを知らず、在校生メンバーたちも最初は不安があった状態でした。でも、これまでのさくら学院としての歴史の積み重ねや、父兄さんへの感謝の気持ちを届けなければと思いました」と並々ならぬ気持ちで、今回のTIFに挑んだ心境を振り返る。

今回、さくら学院はTIFでどんな足跡を刻んだのか、メンバーのコメントともにご紹介したい。

 


 1      次>


カテゴリー: モノ・エンタメ | 投稿日: 2015年07月17日 | 投稿者: moweb

バックナンバー 一覧