【イベント】こんなところで学び、遊びたかった!「子どものための建築と空間展」開催


「ふじようちえん 2007年 建築家:手塚貴晴+手塚由比(手塚建築研究所)ディレクション:佐藤可士和 PhotocKatsuhisa Kida / FOTOTECA」

パナソニック汐留ミュージアムでは、2019年1月12日(土)から「子どものための建築と空間展」を開催する。本展は、子どもたちの生活の中心となる学びの場と遊びの場としてつくられた建築と空間のなかから、日本の近現代の建築・デザイン史において、ひときわ先駆的かつ独創的なものを紹介する展覧会。子供のためにつくられた建築の美しい図面や彫刻家イサム・ノグチの遺作、ウルトラ怪獣のデザイン画の展示など見どころいっぱい。
新しいユニバーサル玩具で遊べるコーナーもあり。家族で楽しめる内容になっている。

■場所:パナソニック汐留ミュージアム
 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック 東京汐留ビル4階
■期間
 2019年1月12日(土)~3月24日(日)※水曜休館
■開始時間
 午前10時~午後6時まで※入館は午後5時30まで
■入館料
 一般800円/65歳以上700円/大学生600円/中・高校生400円/小学生以下無料

■お問い合わせ
 03-5777-8600(ハローダイヤル)
 http://panasonic.co.jp/es/museum/



カテゴリー: ピックアップ | 投稿日: 2018年11月7日 | 投稿者: moweb