投稿者「ufactory」のアーカイブ

[#049] チェコ唯一の時計メーカー“プリム”を取材

世界の腕時計

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

チェコ唯一の時計メーカープリムの工場
写真・上/(右)ノヴェー・メェスト・ナド・メトゥイは「メトゥイ川の上の新しい街」を意味する。さまざまな様式の建物と自然が美しい。(左)1970年に建設されたプリムの工場。写真・下/(右)最新のCNCマシンも導入され、部品の製造がおこなわれている。(左)ムーブメントの組み立て。


チェコ北東部、シレジア地方のノヴェー・メェスト・ナド・メトゥイにチェコ唯一の腕時計メーカーがある。自社でムーブメント、ケース、文字盤、針を製造できるマニュファクチュールであり、「端整」を意味する“プリム”がブランド名だ。その時計がまもなく日本で正式に発売される。

プリムが誕生したのは第2次世界大戦後のこと。1949年、当時のチェコスロバキアでは、共産政権下で国策として時計製造がスタートした。それまでチェコスロバキアには1890年から1930年の間にクロック・メーカーは存在したが、懐中時計や腕時計が作られたことはない。しかし第2次世界大戦後、時計の輸入が困難という理由で、国内でのクロックと腕時計の製造に踏み切ったのだった。

まったくのゼロからのスタートで、もちろん国内に部品を製造するメーカーもなく、ムーブメントも外装も、腕時計に必要な部品の製造をマスターしなければならなかった。ヒゲゼンマイやゼンマイなど一部の部品はドイツから輸入し、1958年、“スパルタク”と名付けた腕時計が市場に送り出された。やがてプリムというブランド名はチェコでは腕時計の代名詞となり、1990年までに約50万個が製造されたという。

東ヨーロッパに自由化の波が訪れた1990年前後、チェコスロバキアも例外ではなく、1989年11月には共産党政権が倒れ、民主化へと流れが変わった。1993年にはチェコとスロバキアは平和的な分離を果たした。しかし自由化はプリムには打撃でもあった。工場は民営化され、製造の50%以上を占めていた軍用品の製造も中止された。やがて自社でのムーブメント製造を中止し、規模を大幅に縮小した。

最盛期には1200人以上が働いていた工場も、現在では50人程にすぎない。しかし2009年には過去の自社製ムーブメントに改良を加えた、手巻きと自動巻きのムーブメントの製造を開始。そして現在ではこれら自社開発・製造ムーブメントを搭載した、1950年代から60年代に作られたモデルの流れを汲むデザインの腕時計を年間におよそ1500個、製造している。

日本へは、“ディプロマット”、“パヴーク”、“スパルタク”、のラインが輸入され、いずれもステンレススチール・ケースとゴールド・ケースがある。小ぶりなケースでアンティーク風な味わいがあり、シースルー・バックを通してムーブメントを見ることができる。

プリムの詳細は、「世界の腕時計」No.121(9月8日発売)をご覧ください。

商品についてのお問い合わせ
●ブレインズ プレスルーム 03-3510-7961

img001
「ディプロマット」。外交官というモデル名にふさわしい知的なイメージのモデル。直径40㎜、厚さ14㎜のSSケース。自社製自動巻き、Cal.98(22石。毎時2万1600振動。パワーリザーブ約45時間)。5気圧防水。価格59万4000円。

img002
「パヴーク」。モデル名は蜘蛛を意味し、ラグのデザインとハートのモチーフを入れた文字盤が特徴。直径34㎜、厚さ11㎜のSSケース。自社製手巻き、Cal.94(17 石。毎時2万1600振動。パワーリザーブ約48時間)。 5気圧防水。価格49万6800円。

img003
「スパルタク40」。日付付きの自社製自動巻き、Cal.96(22石。毎時2万1600振動。パワーリザーブ約45時間)を、直径40㎜、厚さ13㎜のSSケースに搭載する。5気圧防水。価格45万9000円。

img004
「スパルタク36」。1959年に発表された、プリム初のモデルと同じ名前で、勇猛さを意味し、また古代都市の名称でもある。直径36㎜、厚さ11㎜の18Kローズゴールド・ケース。手巻き、Cal.94(17石。毎時2万1600振動。パワーリザーブ約48時間)。5気圧防水。予価99万3600円。SSモデルは価格42万6600円。

[#048] 日本で初めてのIWCブティックがオープン

mainTITLE

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

IWC BOUTIQUE GINZA GRAND OPENING
東京都中央区銀座6-7-16 岩月ビル1F 0120‐26‐1868
営業時間/11:00~20:00(日曜日は19:00閉店) 水曜定休(祝祭日の場合は営業)


東京・銀座の並木通りといえば、時計ブランドのブティックが軒を連ねている。カルティエ、A.ランゲ&ゾーネ、パネライ、ウブロ、ブシュロンなどの直営ブティックが並び、また時計ストラップを専門とするジャン・ルソーや高級時計を扱うアワーグラス銀座もこの通りに店を構える。そして4月にはIWC シャフハウゼンが日本初のブティックをこの通りに開いた。約40㎡の店内はブラックとホワイトを基調とし、そのなかにウッドやクロムスチール、レザーが使われ、格式を感じるものの、入りやすいブティックだ。店内には常に約80点のモデルをそろえている。

IWCはアジアを中心にすでに42の直営ブティックを展開し、東京は43店舗目となる。日本では“インター”という名で親しまれた時代もあり、古くから馴染みが深いが、このブティックはIWCの“いま”を発信する重要な拠点となる。

IWCでは“ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー”のステンレススチール・モデルなど、ブティック限定モデルもあり、このブティックのオープンで日本でも購入可能となった。また今年の新作の“アクアタイマー”コレクションも徐々にブティックに入荷している。

いち早く新作や限定モデルを手にとることができ、また最新ニュースを知ることができるブティックの存在は、IWCファンをさらに増やすことだろう。

IWC BOUTIQUE GINZA GRAND OPENING
ブティック限定モデルの“ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー”のステンレススチール・モデル。自動巻き、Cal.51613(62石。毎時2万1600振動。パワーリザーブ約7日間)を搭載し、4桁の西暦表示や577.5年に1日という高精度ムーンフェイズを備える。ケース径は44.2㎜。ケースがステンレススチールのため、買いやすい価格が魅力だ。価格292万1400円

[#047] オーデマ ピゲ ブティック 移転オープン 自然を感じる新しい空間でAPを楽しむ

世界の腕時計

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

main
(左)バーカウンターの周囲にはジュウ渓谷をイメージさせるディスプレイがあり、オーデマ ピゲの生まれ故郷を想像させる。(右)店内の奥にはソファを置いたVIPコーナーが設けられ、ゆったりと時計を楽しむことができる。


オーデマ ピゲは2008年に東京・銀座に直営ブティックを開店したが、今年5月、銀座6丁目に場所を移して新ブティックをオープンした。従来に比べて面積は約2倍に拡大し、店内はゆったりとして明るく、開放感がある。時計店というよりも、時計を楽しむラウンジといったイメージだ。

特徴はなんといってもオーデマ ピゲが創業以来、工房を構えるスイス・ジュウ渓谷のル・ブラッシュの自然がデザインの要素となっている点だ。店内に入ると、ル・ブラッシュの自然を表現するディスプレイに迎えられる。そして床にはジュウ渓谷の御影石が使われ、またウッドが多用され、落ち着いた雰囲気に包まれ、居心地がいい。

現行品だけでなく、ミュージアムピースの展示も行われ、1875年に創業して以来、今日までグループに属さず、独立を保つ高級時計メーカーとしての歴史も表現される。

もちろん今年のSIHHで発表された、ロイヤル オーク オフショアの新モデルなどもいち早く、このブティックに入荷する。またオーデマ ピゲというとロイヤル オークを思い浮かべがちだが、クラシックなジュール オーデマのコレクションも見逃せない。

スイスの自然を感じながらソファでくつろぎ、シャンパーニュのグラスを傾けつつ時計を吟味する、そんな贅沢な時間を楽しむことができるブティックだ。

img001
東京都中央区銀座6-5-13
TEL03-6830-0788
営業時間/11:30~19:30   
定休日/水曜日

[#046] ウブロ チャリティ・イベントに“サッカーの神様”ペレ来日

世界の腕時計

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

main
(上の写真/左)キック・ターゲットに挑戦したソレイユFCに所属する子供たち。後ろは左から中山雅史さん、ウブロCEOのリカルド・グアダルーペさん、ペレさん、日本サッカー協会会長の大仁邦彌さん。(右)ターゲットを目指してキック。ターゲットに書かれた金額が寄付金となる。(下の写真/左)キックするグアダルーペさん。(中)中山雅史さん。(右)ペレさんは子供たちのプレーを「非常に上手」と語り、子供たちも「神様に会えた」と感激。


3月13日(木)、日本サッカー協会ビル内に設けられている日本サッカーミュージアム(東京・文京区)で、ウブロがチャリティ・イベントを開催。そのためにブラジルから“サッカーの神様”ペレさんが来日し、ジュニアサッカーに所属する子供たちとひとときを過ごした。

ウブロは2010年に次いで2014年FIFAワールドカップ™ブラジル大会のオフィシャルタイムキーパーであり、昨年、ペレさんはそのアンバサダーに就任した。13日には2014年FIFAワールドカップ™ブラジル大会の記念モデル“ビッグ・バン ウニコ バイレトログラード クログラフノ”が発表され、併せてペレさんによるジュニアサッカーの選手たちのためのドリームスクールと10ミリオン・キック・ターゲットが行われた。

ドリームスクールに参加したのは、東京都内で活動するソレイユFCの11人で、日頃の練習の成果をペレさんの前で披露。その後、子供たちはひとりひとり、金額が記されたターゲットに向かってボールを蹴るキック・ターゲットに挑戦した。これには元日本代表の中山雅史さんが加わり、またウブロCEOのリカルド・グアダルーペさんもトライした。ボールが当たったターゲットの金額の総額は175万円となったが、最後にグアダルーペさんが金額を書き換え、300万円となった。この金額がグアダルーペさんから日本サッカー協会会長の大仁邦彌さんに東日本大震災の復興寄付金(サッカーファミリー復興支援金)として寄贈された。またペレさんには日本古来の蹴鞠が贈呈された。

ペレさんは「東京の地にいる、ということだけでなく、日本の子供たち、そしてサッカーの未来に貢献できたことで、今日は生涯、忘れ得ない日となりました」と述べた。

さてこの日、発表された記念モデルはウブロが自社開発、製造する自動巻きクロノグラフ・ムーブメント“ウニコ”をベースにして、クロノグラフ針をレトログラード表示としたキャリバーHUB1260(44石。毎時2万8800振動。パワーリザーブ約72時間)を直径45㎜のケースに搭載している。ケース素材はキングゴールド、あるいはブラック・セラミックスで、文字盤にはブラジルの国旗からイメージしたグリーンとイエローを配色し、ワールドカップの熱気を感じさせるモデルだ。

img001
「ビッグ・バン ウニコ バイレトログラード クロノグラフ」。写真はキングゴールド・ケースのモデルで100個限定。時分表示を6時位置に置き、上部中央にクロノグラフの秒(グリーン)と60分計(イエロー)の針を置く。ふたつのプッシュボタンでスタート、ストップ、リセットを行うが、2時位置のプッシュボタンを使い、ファーストハーフ、ハーフタイム、セカンドハーフ、試合終了を12時位置の小窓で表示することができる。9時位置ではスモールセコンドの役割をする3スポーク針が常に動き、時計が稼働していることがわかる。10気圧防水。価格3,920,000円(本体価格)。ほかにブラックセラミックケースのモデル、価格2,430,000円(本体価格)、限定200個がある。

商品についてのお問い合わせ
●ウブロジャパン
TEL03-3434-3002

[#045] 天賞堂主催「JAPAN BRAND 伝統工芸時計文字盤コンテスト」

世界の腕時計

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

main
右/大賞を受賞した北出斎太郎さんの作品「C.O.R.E」。木の象嵌と白蝶貝、黒檀、ビーフウッドを使っている。ユニークなデザインのインデックスにも注目。左/次賞の松山武司さん(51歳)の作品「時空間」。中央に漆、その周囲に夜光貝の象嵌で幾何学的なモチーフを描く。


腕時計の文字盤はキャンパスでもある。今日、スイスではエナメルをはじめとするヨーロッパの伝統工芸を文字盤に使った、アーティスティックなモデルの製作に力を入れる高級時計ブランドが数多い。ヴァシュロン・コンスタンタン、ヴァン クリーフ&アーペル、カルティエ、ショーメなどで、今年のSIHHでも華麗なモデルが発表された。これは1980年代、ユリス・ナルダンが腕時計にエナメルを採用したことに端を発している。当時、機械式時計と同様にエナメル工芸は衰退に一途にあり、それに光を当てたのがユリス・ナルダンだった。

近年では日本の蒔絵に注目したスイス・ブランドもあり、ボヴェやショパールなどが過去に蒔絵文字盤の時計を製作した例がある。

さて去る2月7日、老舗時計店・天賞堂(東京・銀座)は伝統工芸文字盤コンテストの授賞式を銀座清月堂ギャラリーで開催した。天賞堂は2009年に石川県輪島の漆工芸家と共同で漆文字盤の時計を発表するなど、日本の工芸を支援を続けてきたが、昨年は「伝統工芸時計文字盤コンテスト」を企画した。これは経済産業省のJAPAN BRAND育成支援事業にも選ばれている。

昨年8月に募集を開始し、11月10日に提出を締め切り、同15日に金沢21世紀美術館館長の秋元雄史さん、金沢学院大学美術文化部教授の山崎達文さん、天賞堂専務取締役の新本桂司さんなど、7名の審査員による審査会が行われた。応募者には製作の基板となる27㎜四方、厚さ0.4ミリの金属文字盤が提供されたが、そこに施される技法には特に制限は設けられず、漆をはじめさまざまな素材、技法を用いた73点の応募があった。そして写真にある大賞、次賞、そして3点の特別賞、5点の奨励賞が決定した。

大賞を受賞した北出斎太郎さん(24歳)は長野県でギター製作の工房に勤め、その技法を文字盤に生かしたという。北出さんをはじめ、受賞者の多くは20代から30代半ばの若手で、伝統工芸に興味をもつ若い世代が少なくないことを示していた。

受賞は彼らにとってはスタートにすぎない。これから文字盤に限らず広く作品の制作に取り組むことを期待したい。しかしなにより彼らを支持し、作品を購入する人の存在が不可欠だ。

金沢学院大学の山崎さんは「伝統工芸は素晴らしい、と褒める人は多い。しかし買う人がいない。これでは伝統の伝承はむずかしい」と現状を語ったが、芸術には理解し、支援する“パトロネージュ”は不可欠にちがいない。

ところで天賞堂とも縁が深い時計ブランド、ジラール・ペルゴはコンクールに応募した人から作家を選び、工芸文字盤を使った商品開発を行い、発売の予定という。これも若い工芸家にとっては大きなチャンスとなるだろう。

2014年のSIHHについては『世界の腕時計』第119号(3月8日発売)をご覧ください。

特別賞。孫苗さん(36歳)の「時の光」。
特別賞。孫苗さん(36歳)の「時の光」。

特別賞。塚原梢さん(27歳)の「星影」。
特別賞。塚原梢さん(27歳)の「星影」。

特別賞。山田佳奈子さん(26歳)の「鬼灯」。
特別賞。山田佳奈子さん(26歳)の「鬼灯」。

奨励賞。伊藤理絵さんの「雪月花」。
奨励賞。伊藤理絵さんの「雪月花」。

奨励賞。松川明日香さん(33歳)の「四分一打ち出し花文文字盤」。
奨励賞。松川明日香さん(33歳)の「四分一打ち出し花文文字盤」。

奨励賞。佐藤繁仁さん(25歳)の「地錦」。
奨励賞。佐藤繁仁さん(25歳)の「地錦」。

奨励賞。中室夏希さん(41歳)の「花蝶文蒔絵」。
奨励賞。中室夏希さん(41歳)の「花蝶文蒔絵」。

奨励賞。赤尾舞さん(31歳)の「ミナモ」。
奨励賞。赤尾舞さん(31歳)の「ミナモ」。

[#044] 日本・スイス国交樹立150周年記念、高級時計財団主催『時を知る 時計の歴史/日時計の誕生から最新の複雑機構への歩み』

世界の腕時計

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

main
「携帯型の日時計」。18世紀初頭のパリでピエール・ルメールが製作したもの。日時計は紀元前1450年頃にエジプトで誕生したといわれ、人類最初の時計でもある。国際時計博物館所蔵。


1864年2月6日、日本とスイスの間で修好通商条約が調印され、これは徳川幕府が締結した8番目の外国との通商条約だった。このときスイス連邦から遺日使節団長に任命された、スイス連邦上院議員エメ・ランベールは時計製造者協会の会長でもあり、彼はスイスの繊維製造と時計製造のために日本市場を開拓することを目的としていたという。今年は日本とスイスの国交が樹立され150周年目を迎えたことから“スイス年”と位置づけられ、経済、文化、科学など多方面にわたる催しが計画されている。2月6日にはディディエ・ブルクハルター スイス連邦大統領が来日し、東京の六本木ヒルズアリーナで4日間にわたって開催されるスイス・デイズの開会宣言を行い、年間を通じた祝祭行事が公式にスタートする。その第一弾のひとつが時計の歴史をテーマとした展覧会だ。スイス・ジュネーブで2005年に創設された高級時計財団(Fondation de la Haute Horlogerie)が主催するものだが、同財団は27の主要時計ブランドとパートナーシップを組み、高級時計の真の価値を高めることを目的に情報発信や教育、イベントの開催などを行っている。高級時計財団は2012年からロンドンや香港など世界5都市で時計の歴史をテーマとする「Mastery of Time」展を開催し、その6番目の都市として東京が選ばれた。スイス在住の時計史研究家のドミニク・フレションさんが監修し、人類が時の計測を始めた初期から今日までの5つのパートに分けて約100点が展示され、また日本特別展示としてセイコーミュージアムの協力を得て、日本独自の和時計も数点、出展される。展示を見ながら、人類が時をとらえることにいかに情熱を燃やしてきたかを考えてみたい。

会期は2014年2月7日(金)から2月12日(水)で、11時から18時まで。
場所は多目的スペース umu(東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日1F)
入場無料。
お問い合わせ:FHHtokyo2014@hautehorlogerie.org

なお時期を同じくして、会場にほど近いグランド ハイアット 東京ではスイス ガストロノミー ウィークが開催され(2月7日~18日)、スイス料理やスイス・ワインを楽しむことができることも魅力のひとつだ。

img001
「ロカイユ様式のテーブルクロック」。18世紀後半にドイツで製造。18世紀に入ると秒単位の計測が実現し、時計は精度を増し、また装飾的なものとなった。国際時計博物館所蔵。

img002
「針が1本付いた八角形のペンダントウォッチ」。17世紀前半に作られたもの。15世紀に時計の動力源として錘にかわるゼンマイが作られ、時計の小型化が進み、15世紀末には携帯時計が誕生した。国際時計博物館所蔵。

img003

「天体の動きを再現したクロック」。1830年代にラ・ショー・ド・フォン(スイス)でフランソワ・デュコミュンが製作した天文時計。時計本体の上部の回転カレンダーにはエナメルで12星座が描かれている。国際時計博物館所蔵。

img004

「二挺天府とアラームを備えた櫓時計」。江戸時代後期製造。季節によって変化する昼と夜の長さを6分割して一刻とした不定時法を採用していた日本で独自に開発された和時計。セイコーミュージアム所蔵。

img005

「ベータ21」。スイスで開発されたクオーツ腕時計で、1970年にFAR社が製造した。プロトタイプ「ベータ1」は1966年に発表されたが、製品としては1969年にセイコーがクオーツ腕時計を世界で初めて発売した。国際時計博物館所蔵。

Photo/©Dominique Cohas/高級時計財団 ジュネーブ スイス&©セイコーミュージアム