[#097]ブライトリングから日本だけの3つの新作が発売

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長


「 ナビタイマー B01 クロノグラフ 43 ジャパンエディション」。左は時分針とインデックス、ウイングロゴのゴールドカラーが特徴。右はブラックのインダイアルとゴールドカラーのウイングロゴを備えたアンスラサイトの文字盤を備える。2点はいずれも直径43.00㎜×厚さ14.22㎜のSSケースにナビタイマー・ブレスレットを組み合わせ、Cal.01を搭載する。ケースの防水性能は3気圧防水で、サファイアクリスタル・バックを備える。価格は共に114万4000円。

アウトバーン
「クロノマット JSP ローマン・インデックス ブラック マザー オブ パール リミテッド」。直径44.00㎜×厚さ16.95㎜のSSケース&パイロット・ブレスレットにCal.01を搭載。200m防水。サファイアクリスタル・バック。価格118万8000円。限定500個。


3月にブライトリングはナビタイマー2機種とクロノマット1機種の日本限定モデルを発売した。

まず“ナビタイマー B01 クロノグラフ 43 ジャパンエディション”はレギュラー・モデルには見られないウイングロゴを12時位置に配し、時分針とバーインデックスにゴールドカラーを採用した点が特徴。6時位置の12時間積算計のインダイアルの外周には“SPECIAL EDITION”と記される。

もうひとつの“ナビタイマー B01 クロノグラフ 43 ジャパンエディション”はアンスラサイトの文字盤にブラックのインダイアルを組み合わせ、このモデルにも12時位置にはウイングロゴを配し、6時位置のインダイアルの外周に“SPECIAL EDITION”の文字が入る。このカラーリングは限定モデルで採用されたことはあるが、新たに日本仕様としてお目見えした。

これらふたつのナビタイマーにはCOSC認定クロノメーターのブライトリング自社開発製造自動巻きクロノグラフ・ムーブメントのCal.01(47石、毎時2万8800振動、パワーリザーブ約70時間)を搭載する。

クロノマットには日本で人気が高いマザー・オブ・パール文字盤のスペシャル・モデルが500個の限定生産で登場した。ブラック・マザー・オブ・パール文字盤とブラックのインダイアルは昨年の日本限定と同様だが、今年はローマ数字のインデックスが組み合わされた。またベゼルにはクロノマットの日本限定の特徴であるライダータブが付く。このモデルにもCal.01が搭載される。

商品についてのお問い合わせ●ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011